日本ヘラブナクラブ

ホームわかさぎ情報ワカサギ釣行記

2017年1月31日

松原湖の氷上ワカサギ釣り

釣りは難しいほどおもしろい!?

RIMG3362◎平成29年1月28~29日(土・日)/松原湖(長野県)

◎リポート:かもめ(ワカサギ釣り修行中)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG3339RIMG3349RIMG3313

八ヶ岳の山麓にある松原湖。

猪名湖(いなこ)、長湖(ちょうこ)、大月湖(おおつきこ)の3つからなる湖の総称です。

一般的に「松原湖」といえば、一番大きな猪名湖のことを指すようですね。

八ヶ岳の崩落(水蒸気爆発)による堰止湖で、標高は1,123m。

冬期は全面結氷し、たくさんのワカサギ釣りファンが訪れます。

今回も湖上のあちこちにテント村ができ、その人気の高さに驚かされました。

◎ しっかりと氷の厚さがチェックされ、安全地帯が明確になっている。

◎ 湖畔に宿泊施設やレストラン、トイレ、駐車場があってエントリーしやすい。

◎ 周囲は老松の原生林で、八ヶ岳の眺めが素晴らしく、バツグンのロケーション。

氷上穴釣りの魅力がぎっしりと詰まった小さな湖です。



RIMG3273RIMG3308RIMG3318

■ ラッキ~♪ またまた千島名人に会えました。

今回は関西でメキメキとワカサギ釣りの腕を上げている斉藤光さんと松原湖へ向かいました。

斉藤さんの愛車はXV、私はフォレスター。ともにスバリストです。

車を過信してはいけませんが、やはりスバルのAWDは安心感があります。

今回はXVを使用。斉藤さんが新たに購入したカタツムリと、私のジャンボスレーを積み込み、27日(金)の夜9時すぎに奈良を出発しました。

現地で富士河口湖町在住のベー師匠(礒辺武樹さん)と合流。3人で一泊二日の釣りを楽しみました。

そして、津風呂湖バスフェスタで大変お世話になった千島克也名人とばったり遭遇。

この日はDAIWAやCスタイル関係の名手がたくさん来られてました。



RIMG3315RIMG3328RIMG3279

 

■ダントツの竿頭、千島名人が120匹!

釣り場への入場時間はルールで決められていて、空が薄明るくなった6時30分に一斉スタート。

ストーブは冷え込むとガスが気化しないので、事前に着火しておきます。

入場前、ストーブの赤い炎がとてもイイ雰囲気を醸し出していました。

前回は雪で移動が大変でしたが、今回は氷の上に圧雪が少し載っているような感じ。

対岸まで息を切らさずに歩けました。

まずは土管周辺の最深部にいくつかの穴を開けるも、魚探の反応はイマイチ。

穴開けだけで時間を潰すのも勿体ないので、反応があった場所でとりあえずシカケを下ろしました。


RIMG3277RIMG3370RIMG3292


ベー師匠と斉藤さんはMy カタツムリ。私はヘラ釣り用テントです。

一人で釣るなら、やっぱり機動力に優れたカタツムリがいいですよね。

最初のポイントは水深7mちょい。魚はほぼ底近くを回遊してきます。

この日は全体に食いが渋く、いい場所に入ったベテランで50~60匹といった感じ。

斉藤さんもベー師匠も上級者なので、午前中はいいペースで数を伸ばすも、昼から失速。

私は午前中から1匹釣るのに大苦戦でした。

何もかもが素晴らしい松原湖ですが・・・、

ただ一つ文句をつけるなら、初心者にやさしくないということでしょうか。(笑)

ただ、これは私の腕が未熟なだけなんですけどね。

初日の釣果は・・・、

斉藤さん・50匹、べー師匠・25匹、かもめ・1匹でした。う~、ショック。

60匹が竿頭クラスなのに、千島克也さんはなんと午前中に100匹突破。

昼からはペースを落とすも120匹でフィニッシュ。次元が違う釣果でした。

いかなる状況でも名人は釣るんですよね。またまたショック。

でも、食い渋る状況もまた楽しいものです。

千島さんは28日(土)一日で帰られたけれど、私たちは地元の温泉「八峰の湯」に浸かって疲れをとり、翌日もチャレンジしました。

(八峰と書いて、ヤッホーと読みます)



■ 「カタツムリ」スタイル

!cid_159ef3e3c1c802526231RIMG3288RIMG3295

 

■ ヘラ釣りテントも思っていた以上に快適でした!

!cid_159ef401a7be46b3a243RIMG3291RIMG3290

RIMG3267RIMG3284RIMG3282

▲ 斉藤さんに借りたこのペグは優れモノだけど1本6,000円もするそうです。



!cid_159ef3941958ec54f252!cid_159ef468baff3fd24234RIMG3374


■ 2日目もシブ~い釣りを楽しみました!

今回は2日間ともに素晴らしい天候に恵まれました。八ヶ岳がクッキリ見えました。

が、しかし、ワカサギはさらにご機嫌斜めに・・・。

2日目はベー師匠が昼までに12匹。斉藤さんと私は3時まで粘るも午後からは沈黙。

斉藤さん・14匹、かもめ・4匹で終了です。

今回はエキスパートたちと比べて自分のテクニックの未熟さを痛感しました。

遠征してこの釣果ならば「もう氷上釣りは懲りごり・・・」となるのでしょうが、また行きたくなるのが摩訶不思議。

もう少し腕を磨いて再チャレンジしま~す!



RIMG3299RIMG3303RIMG3316RIMG3319RIMG3333RIMG3356

RIMG3271RIMG3272RIMG3311RIMG3345IMG_0323IMG_0318

IMG_0325IMG_0327


2017年1月31日 15:40