日本ヘラブナクラブ

ホームわかさぎ情報ワカサギ釣行記

2017年1月25日

東条湖に2基目のドーム完成!

水深たっぷりの沖桟橋で釣果UP!

170109②◎ 平成29年1月9日/東条湖(兵庫県加東市)

◎ リポート:芝 直幸(東条湖記録樹立! )

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FB_IMG_1485186112462FB_IMG_1485186302998


ハヤブサ本社から10分のご近所、東条湖へワカサギ釣りに行ってきました。

同湖は数年前からワカサギの孵化放流に力を入れています。

今期は最も安定した釣果が期待できる沖のポイントに固定式桟橋ドームを設置。

釣果が上向き、期待できるようになりました。

沖桟橋の水深は26m前後。当日は15~22mで反応があり、東条湖ワカサギ記録(223匹)を塗りかえました。

平均サイズは8cm前後ですが、中には13cmを超える『メガワカサギ』や、さらにその上をいくシシャモ級の15cm越も混じりました。


170109②170109③

 

170109①◎ オススメ仕掛けはロングハリス!

東条湖観光ビッグバイト推奨仕掛けは、瞬貫ワカサギ細地袖です。

その中でも『瞬貫ワカサギふかせ誘い細地袖1.5号』が超実績ありです。

水深がある桟橋なので70~100cm前後の少し長めの仕掛けで広い層を探るといいでしょう。

扱い易い範囲で少し全長を長くするのが有効です。

また、ふかせ誘いのハリスには硬質でクセが付きにくく、フロロカーボンより浮力が高いホンテロンを使用。特に喰い渋ったワカサギには絶大な効果を発揮します。

同仕掛けは5cmのロングハリスなので、トントン叩くより、スッーとゆっくりと誘い上げると効果的です。

現時点では1ヵ所あたりの魚影は濃くなく、釣果を伸ばすにはブドウ虫をこまめに交換することが重要です。

私は『ブドウ虫ちょん掛けフック』を使用しているのですが、中にはブドウ虫に喰ってくるワカサギも少なくないです。

オモリはタングステン製5~10gを使用。

オモリのハリス止めには『瞬貫オモリ用下針秋田狐1.5号』をセットしています。

下バリをセットすることで喰い渋った時間帯でも魚を拾っていくことができました。

東条湖ではワカサギ釣り客増加に伴い、1月19日から沖桟橋(2号ド-ム)がオープンしました。

釣り場の詳細は『東条湖ビッグバイト』ホームページでご確認ください。



logo


2017年1月25日 14:08