日本ヘラブナクラブ

ホームわかさぎ情報ワカサギ釣行記

2017年1月17日

寒波襲来でドーム日和 !?

冬の河口湖はパラダイス!

RIMG3193◎平成29年1月15日(日)/河口湖(山梨県)

◎リポート:かもめ(まだまだ初心者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG3177RIMG3171RIMG3167


昨年に続いて2度目の河口湖ドーム船。

穏やかな天候ならレンタルボートで釣ってみたかったけれど、

最強クラスの寒波にビビってしまいました。早朝の気温は-8℃。

RIMG3152アンカーを打てば速攻で「沈」しそうなくらい湖はババ荒れ。

でも、ドームの中は超~快適。こんな日は室内に限ります。

今回は河口湖漁協のアドバイザー、礒辺武樹さん(ベー師匠)との釣行でした。

河口湖の状況は先日のベー師匠のリポートにあるように、今シーズンも好調を持続しています。

寒くなるほどに釣況が安定してきて、これから絶好機に突入といったところでしょうか。

昨シーズンのような爆釣よりも、冬の貴重な観光資源として安定して釣れ続いてほしいですよね。


RIMG3157RIMG3155RIMG3166


河口湖ドームは沖に係留してあり、ボートでの送迎になります(このときだけ寒い)。

だから、ゆっくりの社長出勤も、早上がりもOK。

もちろん私たちは一番船に乗船し、最終の午後2時30分までがんばりました。

魚探をセットすると朝イチから分厚い反応。第1投目から竿先が踊ってくれました。

ただ、さすがにこの週末(1月14~15日)は急な冷え込みが影響したのか、やや食い渋りました。

RIMG3189それでもベー師匠は371匹で竿頭。

わたくしは・・・、その半分に届かず164匹でした。(涙)

この日は底から少し上に群がいる感じで、お昼前後に食い渋る時間帯がありました。

私は小さなアタリをとることに集中しましたが、上手くハリに乗せられず・・・。

一方、ベー師匠は大きなサソイ(実は聞きアワセ)で食い渋り時にも釣果を伸ばしていました。

テクニックの差が釣果に表れました。「まだまだヒヨコでございまする」と実感。

この日は半分以上がレンタルタックルの方でした。

朝イチから乗船した人は初心者でも100匹平均ぐらいは釣っていたかな。

やっぱりワカサギ釣りはいいですね。ファミリーやグループフィッシングにはオススメです。

河口湖なら「観光のついでのチョイ釣り」も楽しめます。


RIMG3187


<<< 河口湖漁協 >>>



◎ 河口湖こぼれ話<1> デカサギ16.5cm!

RIMG3182RIMG3179

この日、河口湖の定置網に入っていたワカサギです。

ここまで大きくなると「これ、何ていう魚?」といった感じです。



◎ 河口湖こぼれ話<2> 遊漁税収入が前年度比UP!

RIMG3185

河口湖で釣りを楽しむには、遊漁料とは別に税金が必要です。

平成13年、全国初の法定外目的税として河口湖に導入された遊漁税。

その税収は主に釣り場の環境保全に充てられ、釣り人専用駐車場などもこの予算で整備されました。

税金の使途がはっきりしているので、「釣り場環境がよくなるなら」と気持ちよく支払えるのではないでしょうか。

まぁ、200円ぽっちでそれほど大きな負担ではありませんからね。

この遊漁税収入は減少傾向なのですが、なんと平成27年度は前年度比で少し増えていました。

<河口湖 遊漁税収入>

◎平成26年度(4月~翌年3月):8,115,200円

◎平成27年度(4月~翌年3月):8,207,200円

釣り人減少にストップがかかったということはうれしいことです。

釣り対象魚別の数字は出ていませんが、平成27年度からワカサギ釣りが復活した影響でしょうね、きっと。




<P.S> 雪道は安全運転で!

RIMG3133RIMG3128RIMG3202RIMG3203

今回は行き帰りとも雪で通常の1.5倍ぐらいの時間がかかりました。

でも、時間と車間距離をたっぷりとれば、雪道ドライブは楽しいですよ。(雪が降って喜ぶ54歳)


2017年1月17日 20:05