日本ヘラブナクラブ

ホームわかさぎ情報ワカサギ釣りイベント

2017年1月25日

第4回 ワカサギング in 津風呂湖 報告

ボート釣りトップは中谷 寧選手!

RIMG3230◎平成29年1月22日(日)/津風呂湖(吉野町)

◎リポート:かもめ

◎主催:紺甚釣具店(大和高田市)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シーズン序盤は大漁が続いた津風呂湖だが、年が明けてからは「ひと休み」状態。

ダムゲートの補修による減水が影響しているのか、実績場に群を作らない状況が続いています。

これからシーズン終盤に向けて調子が上向きになるのか。

昨年は2~3月上旬に飛島周辺で釣果が安定しました。これからの復調に期待したいですね。



RIMG3213RIMG3233RIMG3216


厳しいコンディションだからこそ、大会がおもしろい!

RIMG3230今回もエキスパートが集まったワカサギング大会。

津風呂湖を知り尽くしたバスプロたちも散発のアタリに苦しむ中、上位陣がどのエリアにポイントを絞り込むかが注目されました。

全体的には入道橋から飛島までの入野方面に入る選手が多かったけれど、どのエリアもアタリは散発。ポロポロと釣れるので、アンカーを入れるべきか、広範囲を探るべきかを迷うような状況でした。

そんな中、トップ釣果の54匹をゲットしたのが中谷 寧選手。

ウイニングエリアは鬼輪の上流(左奥)。朝イチに群を捉えて数を伸ばしたとのことでした。

準優勝の井上隆史選手(29匹)、3位の坂本和則選手(23匹)はハヤブサ精鋭チーム。

飛島の下流で粘っての釣果でした。

上位3選手は全員がブドウムシをセット。井上選手に至っては7本バリに4匹がブドウムシという集魚に特化したエサのセレクトでした。


<ボート釣り部門 成績>

順位選 手
優勝中谷 寧(54匹)
2位井上隆史(29匹)
3位坂本和則(23匹)
4位相坂光洋(18匹)
5位川口忠彦(17匹)
8位かもめ(10匹)



RIMG3219RIMG3221RIMG3231


桟橋部門は石口雅一、中村耕作両選手が5匹でトップ!

RIMG3228今シーズンは桟橋回りにワカサギの群があまり回遊してこない状況が続いています。

この日は大型ドームの岸寄りに入った中村耕作選手が早朝の時合に5匹。

桟橋先端に入った石口雅一選手が後半に追い上げて5匹。

厳しいコンディション下でこの両選手が優勝しました。

3位の中本麻裕美選手は紅一点、レディース賞もゲットしました。


<桟橋釣り部門 成績>

順位選 手
優勝石口雅一(5匹)
優勝中村耕作(5匹)
3位中本麻裕美(1匹)



RIMG3218

<P.S> キャスティング釣法

今回は川本賢一さんとペアを組んで参加しました。

ワタクシ、かもめは・・・10匹で8位!(実力通り?)

相棒の川本さんはアジングロッドで広範囲を探るアプローチも取り入れ、14匹で6位でした。

アタリが止まったときや、浅場で群がっているときにはキャスティング釣法も有効です。

ティップがソフトなルアーロッドが活躍していました。(かもめ)



RIMG3223RIMG3224RIMG3225RIMG3215RIMG3211RIMG3206


2017年1月25日 12:59