日本ヘラブナクラブ

ホームわかさぎ情報

2016年11月30日

布目ダム、ワカサギ接岸!

岸釣りで釣果が上向き!

RIMG2410◎平成28年11月29日/布目ダム(山添村)

◎リポート:NHC事務局 K

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

布目ダムは寒くなるほどよく釣れる!

日釣振のヘラブナ放流で布目ダムへ行って来ました。

解禁当初はギルの猛攻が続いてワカサギの反応はイマイチでしたが、

ようやく岸釣りでも釣果が安定してきたとのことで、湖をぐるっと一周してきました。


RIMG2411RIMG2419RIMG2422


ゲートボール場下で釣っていた人が午前中の釣果(30匹ほど)を見せてくれました。

釜淵橋ではスロープでは釣り始めたばかりの方が20匹ほど釣って、この方は前日にゲートボール場下で昼からの1時間で100匹をクリアしたとのことでした。

まだまだ人は少な目ですが、全員が釣果を上げていました。


RIMG2430RIMG2431RIMG2424


昨シーズンのように平均して200~300匹の釣果は上がっていませんが、今シーズンは9~10cmのグッドサイズばかりです。

漁協スタッフによると、日によって100匹以上の釣果を上げる人も出てきたそうです。

RIMG2426ポイントは11月下旬現在、最も安定しているのが『ゲートボール場下』と『釜淵橋スロープ』の2ヵ所。

焼却場の北側にある護岸もようやくワカサギが接岸してきたとのことです。

人気のコスモス広場はまだ釣れ始めていませんが、このポイントはシーズン中盤から後半の本命。

布目ダムは水温が低くなってから釣果が上向くことが多く、これからに期待したいですね。



2016年11月30日 08:48