日本ヘラブナクラブ

ホームわかさぎ情報ワカサギ釣り場ガイド

2016年10月19日

津風呂湖『開幕直前』試釣会 報告

RIMG1666増田プロがa.mに754匹。

ワカサギは成育良好!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG1663RIMG1671RIMG1655


奈良県下のワカサギ釣りの解禁は各釣り場とも11月1日です。

本日(11/19)は津風呂湖で解禁へ向けて試釣会が行われました。

吉野町にあるこの湖はレンタルボートとドーム桟橋を完備する関西きってのワカサギ釣り場。

試釣会の結果が気になって仕方がないという方も多いのでは?

安心してください。しっかり育っていました。実績場所では爆釣モード!



RIMG1667

◎ボート釣りは今期も期待大!

ボート釣りでは通称『屋敷跡』ポイントでかなりの好結果が出ました。

増田明浩さんはウォーミングアップで時速200匹超。正味4時間弱の釣りで754匹!

川口忠彦さんも600匹超。各ポイントをチェックしながら移動していた人も300~400匹でした。

ボート組は丸一日の釣りなら10束(1,000匹)ペース! 

飛ばし過ぎでしょ。(笑)

ただ、ボートで出船したメンバーはかなりの腕達者たちばかりでした。

手返しの早さはもちろんのこと、ワカサギが集まる場所にしっかりとボートをアンカーリングすることが大漁の条件になります。

増田さんに数釣りの秘けつをお聞きしたら、

「群を見つけても焦ってアンカーを下ろさないこと!」と言っておられました。

群の動くスピードをじっくりチェックし、「長時間釣れ続く場所」の見極めが大切になるとのことでした。

ちなみに増田さんが入ったポイントは、水深11mラインで、7~10mと幅広いレンジでアタリが継続したそうです。



RIMG1662RIMG1650


◎大型ドーム増設で桟橋釣りがさらに快適!

2つめのドームは超大型。野球はできませんが、ゆったり釣りが楽しめます。

実は・・・、この日は30℃近くまで気温が上がり、ドームの中は地獄でしたが・・・。(笑)

季節ハズれの陽気にワカサギは桟橋周辺にあまり寄っていませんが、これは明らかに水温のせいといえるでしょう。

ワカサギの成育は良好なので、いずれかのタイミングで桟橋釣りもブレイクすると思われます。

多い人でも10匹前後でしたが、仲間とわいわい楽しめるのが桟橋釣りのいいところ。

今年はWドームで桟橋釣りも熱くなりそうです。



RIMG1644RIMG1645RIMG1647

▲ 超大型の新設ドーム。


RIMG1679RIMG1646RIMG1682

▲初代ドームも健在。今は試験的にパーラーの北側に係留されています。



◎奈良県水産課の調査でも多くのワカサギが年越し!

RIMG1640この日、津風呂湖漁協の山本常次組合長からお聞きしたのですが、今年に入って湖産アユの成育状況を県の水産課と一緒に潜水(目視)で調べたそうです。

そのときにワカサギもたくさん残っていることが確認できたとのことでした。

ワカサギは年魚と思われている方も多いのですが、2~3年生きるのが通例で、津風呂湖ではかなり自然繁殖もしてそうですね。

この夏は熱すぎたので少し心配していましたが、今シーズンも津風呂湖のワカサギは期待十分です!

I can't wait!(禁漁破りはダメよ)



RIMG1636RIMG1642RIMG1654RIMG1660RIMG1675RIMG1677

RIMG1681RIMG1673RIMG1668RIMG1665RIMG1656RIMG1658


2016年10月19日 20:53