日本ヘラブナクラブ

ホームわかさぎ情報ワカサギ仕掛け

2012年12月21日

ワカサギ釣りはルアーで !?

1541 『紅雪』という食わせエサは・・・、

 とんだ食わせ者だ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PC160077神野矩旭さんはルアーで81匹!

『紅雪』の実力を証明!

 

←「私はコレで釣りました」と神野矩旭さん。

 


第1回 布目湖わかさぎ釣り大会(12月16日)のときのことです。

皆さん自己流でワカサギを釣り上げ、とても楽しかったのですが、その中でも9位(81匹)の神野矩旭さんはルアー(ワーム)でチャレンジしていました。

「えっ、ワカサギ用のワームなんてあるの?」とお思いの方もおられるでしょうが、ちゃんとあるんですよね。数社からガリガリのミミズのような、ちょっと太ったアカムシのようなワームが出ています。

PC160079 PC160082

神野さんがこの日使ったのはマルキューさんから発売されている『紅雪』です。

味とニオイが付いて、しかも生分解。

「それってルアーなの?」とツッコミを入れたくなるのですが、パッケージのどこにも「ルアー」とは謳っていません。バスフィッシングをする人はルアーで釣ることに拘りがあるかもしれないけど、"サギ師"には「そんなの関係ねぇ~」ですからね。

マルキューさんは『エコギア・アクア』というブランドで生分解ルアーをリリースしていますが、この紅雪もアクアシリーズと同じ水溶性ポリマー素材を使用しています。詳しくはエコギアのホームページで解説していますが、水溶性ポリマーはたっぷりの味とニオイを仕込むことができ、その効果が長時間持続するのが特長。ニオイに敏感な魚ほど集魚力と摂餌性が高まります。

ワカサギは小さくてカワイイ魚ですが、実はかなり貪食で、ニオイにも敏感と言われています。だから水溶性ポリマーワームはワカサギにはぴったりなのです。

PC160064 PC160062

事務局Kはサシムシ&アカムシの両方を使って30匹、神野さんは紅雪で81匹でした。同じボートで釣りをしていないので比較できませんが、紅雪はとんだ食わせ者、じゃなく、かなりイケイケの食わせエサであることは間違いありません。

サシムシやアカムシを触れない人、ヘラ釣りやバス釣りをメインにワカサギ釣りを少し楽しみたいときには最適なエサです。「これ、よく釣れますよ」と、神野さんはとても楽しそうに釣りをされていました。

PC160084

ワカサギのルアーフィッシングにアナタもチャレンジしてみませんか?(事務局K)

 

←これは神野さん愛用のワカサギ用ハリ外し。こんなのもあるんですね。

 

 

index  top

2012年12月21日 01:46