日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2021年度 > NHC関西シリーズ2021

2021年7月28日

関西シリーズ第2戦 報告

優勝:中村 泰

中村.jpg

◎ 令和3年7月22日(祝)/ 参加者43名

◎ つつじ池(岐阜県)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真夏の両ダンゴ戦を制し、

RIMG3657.JPG

中村 泰選手がNHC初優勝!

オリンピック休暇の4連休の初日、つつじ池でNHC関西シリーズ第2戦が開催された。新型コロナウイルス感染拡がまだ収束に向かっていないため、今回も人との接触を極力減らしての大会運営となった。

変則的な祝日とコロナ禍で参加者は少ないと予想していたが、いつもより多い43名がエントリー。池全体でもフル満タンに近い状態だった。

さすがにやや食い渋ったが、それでも両ダンゴでガンガン勝負できるコンディション。キロUPもコンスタントに上がり、今回もエキサイティングなつつじ池戦となった。


<第1ステージ>

今回は2号桟橋の両面を使用。全体に桟橋先端エリアの方が数は出るが、サイズに関しては大差はない。前半は7枚のキロUPが上がり、その内訳は桟橋中央から先端側で3枚、渡り桟橋側で4枚。ちなみにナニワ向きで4枚、事務所向きで3枚と大型が出た釣り座は散らばった。

前半のトップウエイト(4,600g)をマークしたのはナニワ向き先端から4席目の中村 泰選手。事務所向き先端から13席目の和田成利選手が4,420gで2位に付けた。

前半上位2選手はともに9尺の両ダンゴ。中村選手はチョーチンで、和田選手はカッツケ。ハリスワークはともに30-40cmだった。

前半3位(4,230g)は事務所向き先端の佐藤順一選手で、11尺チョーチンとメーターの両ダンゴで結果を出した。

前半は上位4名が4kg台。27位までが3kg台をクリアした。


<第2ステージ>

後半も大きくコンディションは変わらなかったが、4kgをクリアした選手は1人と上位のウエイトは少し伸び悩んだ。

後半のトップウエイト(4,400g)をマークしたのは、名手・後藤田義臣選手。釣り方は8尺メーター両ダンゴ。短バリス(13-20cm)でダンゴのタッチを合わせて他を圧倒した。

後半2位は森田裕之選手。最終的に11尺チョーチンの力玉セットでグッドサイズを揃えて3,960g。同3位に名手・黒柳英治選手が3,950gで続いた。


<TOTAL>

今回は前後半ともにNHC5枚検量ルールで競い合い、上位3選手が8kgをクリアした。トータルウエイトのトップ(8,320g)をマークしたのは前半トップで折り返した中村 泰選手。9尺両ダンゴで押し通し、後半も3,720gと手堅くまとめてNHC初優勝に輝いた。

準優所は和田成利選手で、同選手も両ダンゴ。数を釣り込んでサイズを選び、8,070gまでウエイトを高めた。

総合3位には11尺チョーチンセットの森田裕之選手が8,010gで続いた。

なお、今大会のビッグ1は、石川 準選手が後半に仕留めた1,370g。10枚以上のキロUPが上がり、今回もつつじ池は選手たちを大いに楽しませてくれた。


次回、関西シリーズ第3戦は、8月9日(祝)に滋賀県・水茎で開催します。コロナ対応の大会運営になりますが、奮ってご参加ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ↓ ↓ ↓ 大会当日の写真はグーグルフォトのマークをクリックしてください。

google-photos.png


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2021-関西第2戦-つつじ池.jpg


◎ステージTOP賞:1st.→中村 泰(4,600g)/2nd.→後藤田義臣(4,400g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・石川 準(1,370g)/2位・木戸裕二(1,240g)/3位・小崎雅和(1,220g)

◎ミニマム賞:福田 修(6,220g)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <今大会TOP3>

優勝:中村 泰No.62

中村.jpg

【第1ステージ】 釣り座No.26

【竿】 9尺

【ウキ】 全長40cm/トップ23cm/ボディ10cm

【道糸】 1.0

【ハリス・上バリ用】 30cm

【ハリス・下バリ用】 40cm

【ハリ】 上バリ 7号/下バリ 7号

【釣り方】 チョーチン両ダンゴ

【エサの配合】 コウテン[2] + ガッテン[2] + 水[1]・・・マッハと凄麩で調整

 

【第2ステージ】 釣り座No.15

【ハリス・上バリ用】 20cm

【ハリス・下バリ用】 30cm

※ハリス以外はすべて第1ステージと同じ。

【コメント】 エサはなるべくやわらかく、タナまで持つように釣っていきました。優勝できてうれしいです。ありがとうございました。



 2位:和田成利

RIMG3654.jpg

【第1ステージ】 釣り座No.13

 

【第2ステージ】 釣り座No.30

3位:森田裕之(No.27)

IMG_5645.jpg

【第1ステージ】 釣り座No.2

【竿】 11
【ウキ】 Gモデル アルティメットPC(ボディ6cm

【道糸】 サンライン へらびと 1.0

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏(0.6号/8cm

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏(0.6号/70cm

【上バリ】 極ヤラズ(10号)

【下バリ】 オカメ(3号)

【釣り方】 チョーチンセット(縦誘いやりまくり)

【ウキ~オモリまでの長さ】 3m

【エサの配合・バラケ】 粒戦[300cc] + とろスイミー[100cc] + セットガン[200cc] + 水[350cc] +セット専用[200cc] + スーパーセット[200cc]

【エサの配合・食わせ】 力玉(さなぎ漬け)/力玉ハードⅡ(さなぎ漬け)


【第2ステージ】 釣り座No.40

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】  第1ステージはパワー系のトロ巻きセットで挑みましたが、11尺浅ダナはダメ!  9尺チョーチンに変えましたがこれもダメ!! 残り時間半分、エサを車まで取りに行き、力玉セットに変えてようやく釣れだしました。 今回はビッグフィシュがまったく出ませんでしたが、800gを選んでなんとかなりました。 参加のみなさん、猛暑の中お疲れさまでした!

 

 


2021年7月28日 10:03