日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2021年度 > NHCウインターシリーズ2021

2021年4月15日

ウインター南関東 第3戦 報告

優勝:伊藤泡舟

DSC_0070 ◎ 令和3年4月11日(日)/参加者31名

◎ 会場:野田幸手園

◎ がまかつ / 松岡釣具MFC / へらウキ 士天 / へらウキ 妙

◎ リポート:田口雄二 / 写真:田中 哲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

春ヒゲセットで名手・伊藤泡舟選手が最終戦を制覇。

シリーズチャンピオンは栗原 健選手に決定!

DSC_0075 DSC_0058 DSC_0043

DSC_0050 DSC_0037 DSC_0045

コロナ緊急事態宣言解除され、4月11日に久し振りのNHCトーナメントが開催されました。

前日からの冷え込みにより、朝は手がかじかむほどの寒さと、混雑による人災で どうなることかと思われましたが、まずまずの釣果となりました。

 

<第1ステージ>

トップは浜ちゃんこと浜口二郎選手。8尺天々力玉セットでスタートダッシュ。選んで選んで3,680g。

2位は夏目俊希選手。得意の8尺天々ヒゲセットで3,560g。

3位は橋本政幸選手。8尺天々力玉セットと8尺メーター両ダンゴで30g差の3,530g。

接戦の上位争いになりました。

 

<第2ステージ>DSC_0059

風向きが西から東に変わり、第2ステージは東向きの選手が苦戦を強いられる展開になりました。

このステージのトップ3はやはり全員西向き。トップは伊藤泡舟選手。実力を発揮し、15尺、タナ1.2mのヒゲセットで4,690g。

2位は橋本政幸選手。第1ステージで掴んだ8尺1.2m両ダンゴで4,220g。

3位は田口雄二選手。第1ステージでやらかし、失うものは何もないと14尺メーターペレ宙で4,180g。

風の影響は受けたものの、上位のウェイトは午後から伸びました。

 

<総合成績>

優勝は第2ステージでトップウェイトをマークした伊藤泡舟選手。トータルウェイトを7,950gとし、見ごとな逆転勝利でした。

準優勝は橋本政幸選手。地の利を活かし、両ステージともしっかりとまとめて7,750g。

3位は夏目俊希選手。第2ステージは16尺・タナ2本のヒゲセットに切りかえて7,290g。

4位は浜口二郎選手。後半は失速するも、しぶとくペレ宙で持ちこたえ7,130g。

5位は栗原 健選手。8尺天々ウドンセット、17尺グル宙で堅実に釣り込んで7,100g。

久し振りのNHCトーナメント。残り30分のドキドキは最高ですね~。

 

<シリーズ総合成績>

第1~2戦を終えた時点で絶好調だった松岡秀行、町田武州男、塚本哲也の3選手が最終戦で急ブレーキ。シリーズチャンピオン争いが混沌とする中で、最終戦を5位でフィニッシュした栗原 健選手が134Pを獲得してシリーズ総合優勝に輝きました。

総合2位には浜口二郎選手(130P)、3位には田口雄二選手(128P)が続きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_0007 DSC_0008 DSC_0009 DSC_0010 DSC_0012 DSC_0013

DSC_0014 DSC_0015 DSC_0016 DSC_0017 DSC_0018 DSC_0019

DSC_0020 DSC_0021 DSC_0022 DSC_0023 DSC_0024 DSC_0025

DSC_0026 DSC_0027 DSC_0028 DSC_0029 DSC_0030 DSC_0031

DSC_0032 DSC_0033 DSC_0034 DSC_0035 DSC_0039 DSC_0040

DSC_0041 DSC_0042 DSC_0044 DSC_0046 DSC_0047 DSC_0048

DSC_0049 DSC_0050 DSC_0051 DSC_0052 DSC_0053 DSC_0054

DSC_0055 DSC_0056 DSC_0057 DSC_0060 DSC_0061 DSC_0064

DSC_0065 DSC_0066 DSC_0067 DSC_0071 DSC_0072 DSC_0073

DSC_0076 DSC_0077 DSC_0036 DSC_0038

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021-ウインター南関東第3戦

◎ステージTOP賞:1st.→浜口二郎(3,680g)/2nd.→伊藤泡舟(4,690g)

◎ビッグフィッシュ賞:近藤隆行(1,500g)

◎ミニマム賞:中野裕二(5,260g)

◎レディース賞:伊藤幸子(6,360)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今大会のTOP3>

優勝:伊藤泡舟(No.45)DSC_0059

【第1ステージ】

【竿】 ダイワ二天粋おぼろ15尺

【ウキ】 吉田作 シルバーブルー4番

【道糸】 オーナー白の道糸0.8号

【ハリス・上バリ用】 東レtypeⅡ 0.5号/6cm

【ハリス・下バリ用】 東レtypeⅡ 0.5号/12cm

【上バリ】 がまかつ リフト7号

【下バリ】 がまかつ リフト5号

【釣り方】 ヒゲセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 1.2m

【エサの配合・バラケ】 凄麸[2] + マッハ[1] + ペレ軽[1] + 水[1]

【エサの配合・食わせ】 極上とろろハード

 

【第2ステージ】

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 今回は場所が良かったです。

2位:橋本政幸(No.76)DSC_0069

 

3位:夏目俊樹(No.32)DSC_0068

【第1ステージ】 釣り座No.1

【竿】 8尺

【ウキ】 舟水オールマイティnewpc速攻Ⅱ9番

【道糸】 バリバス 見える道糸1号

【ハリス・上バリ用】 バリバス スーパーへら0.6号/8cm

【ハリス・下バリ用】 バリバススーパーへら0.5号/15cm

【上バリ】 グラン9号

【下バリ】 グラン6号

【釣り方】 コブセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 2m20cm

【エサの配合・バラケ】 マッハ[2] +凄麩[2] + ペレ軽[1] + 水[1]

【エサの配合・食わせ】 極上とろろハード

 

【第2ステージ】釣り座No.9

【竿】 16尺

【ウキ】 舟水オールマイティnewpc速攻Ⅱ9番

【道糸】 バリバス 見える道糸1号

【ハリス・上バリ用】 バリバス スーパーへら0.6号/8cm

【ハリス・下バリ用】 バリバス スーパーへら0.5号/15cm

【上バリ】 グラン9号

【下バリ】 グラン6号

【釣り方】 コブセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 2m

【エサの配合・バラケ】 マッハ[2] + 凄麩[2] + ペレ軽[1] + 水[1]

【エサの配合・食わせ】 極上とろろハード

 

【コメント】 お疲れ様でした。数は釣れましたが、なかなかキープサイズが釣れず、ファーストもセカンドもギリギリまで粘って終了間際にそろえた感じです。もろもろあって今年最初の釣りでなんとか上位に食い込めて良かったです。次はいつできるか分かりませんが、また楽しい釣りができることを願っています。よろしくお願いします。

2021年4月15日 15:22