日本ヘラブナクラブ

ホーム新製品情報

2013年10月 2日

FREEKNOT『レイヤーテック』ウェア

Y1612-91“光電子®”素材のアンダーウェア。

NEWアイテム & NEWカラー

◎発売元:(株)ハヤブサ

clip_image002_thumb96_thumb

『ジッとしていても温かい!!』遠赤外線輻射パワーで体の中まで温める“光電子®”素材を使用したアンダーウェア『レイヤーテック』シリーズに2013年秋冬向けの新アイテム(ウェア類)が登場!!

汗処理能力に優れ、軽くて温かいポリプロピレンと光電子®を使用しドライで快適な温かさを発揮する中厚手タイプから『アンダーシャツ中厚手』・『アンダータイツ中厚手』が新しく追加された。

 ※レディースモデルもあり

レイヤーテック
アンダーシャツ中厚手
<新発売>
Y1617-90
Y1617

レイヤーテック
アンダーシャツ中厚手
レディース

<新発売>
Y1617W
Y1617W
光電子®×PP(ポリプロピレン)のハイブリッド。
汗処理能力に優れ、ドライで快適な温かさを発揮。

冬季の釣りはもちろんのこと、冬場での汗の多いアウトドアスポーツ、また室内使用に最適。

また夏場でも水の中に入る、渓流、鮎釣り、ウェーディングのインナーとしても使える。

<機能>

○汗処理能力に優れ、軽くて温かいポリプロピレンと光電子®をハイブリッド。

○生地の表側にはポリエステル、肌側には水分率0.00%ポリプロピレンの2重構造生地。

○表側のポリエステルが汗を吸上げ拡散し素早く乾かす、肌側のポリプロピレン汗戻りを抑制し汗冷えを防止。
またポリプロピレンは軽くて温かく、2重組織が空気を多く含み、光電子®の保温性もあいまってドライで快適な温かさを発揮する。

■サイズ:M~3L(レディースM・L ※女性専用サイズ)

■カラー:ブラック

■素材:ポリエステル75%・ポリプロピレン25%

■メ希望小売価格(本体):¥4,200(※3Lのみ¥4,800)
レイヤーテック
アンダータイツ中厚手
<新発売>
Y5609













■Y5609


レイヤーテック
アンダータイツ中厚手
レディース

<新発売>
Y5609W













Y5609W
光電子®×PP(ポリプロピレン)のハイブリッド。
汗処理能力に優れ、ドライで快適な温かさを発揮。


冬季の釣りはもちろんのこと、冬場での汗の多いアウトドアスポーツ、また室内使用に最適。

また夏場でも水の中に入る、渓流、鮎釣り、ウェーディングのインナーとしても使える。

<機能>

○汗処理能力に優れ、軽くて温かいポリプロピレンと光電子®をハイブリッド。

○生地の表側にはポリエステル、肌側には水分率0.00%ポリプロピレンの2重構造生地。

○表側のポリエステルが汗を吸上げ拡散し素早く乾かす、肌側のポリプロピレン汗戻りを抑制し汗冷えを防止。
またポリプロピレンは軽くて温かく、2重組織が空気を多く含み、光電子®の保温性もあいまってドライで快適な温かさを発揮します。

○適応気温10~15℃で真冬には厚手のアンダーの更に下着としても着用することが出来ます。

■サイズ:M~3L(レディースM・L ※女性専用サイズ)

■カラー:ブラック

■素材:ポリエステル75%・ポリプロピレン25%

■メ希望小売価格(本体):¥4,200(※3Lのみ¥4,800)
レイヤーテック
ジップアップシャツ
シープバック超厚手
<NEWカラー>
Y1612-91
■Y1612-91
保温・速乾・ストレッチ性を高めた
極寒にも耐えるオールラウンドモデル


<機能>
○適応気温:5度以下。
○冬場の海上での船釣りや、遠征での釣り等厳しい自然環境にも対応。
○スキー・スノーボート等のウィンタースポーツや野外でのスポーツ観戦にも最適です。
○背中側腰部分の丈を長めに設計し腰周りの放熱をおさえる。
○縫い目にはフラットシーマを採用し平らに仕上げ肌へのゴロつきをおさえる。
○縫い目には静電気抑止糸を採用し不快なパチパチを軽減。

■素材:裏生地:光電子®・サーモライト®シープバック裏起毛(ポリエステル97%・ポリウレタン3%)

■サイズ:M~3L / ■追加カラー:グレー

■メ希望小売価格(本体):¥10,500(※3Lのみ¥11,000)



レイヤーテック
ウォームアップパンツ
シープバック超厚手
<NEWカラー>
Y2107













■Y2107

光電子®シープバック超厚手タイプのアウター。
インナーや道中着としても使えるパンツ


<機能>

○遠赤外線輻射機能素材の光電子®と中空断熱素材サーモライト®を組み合わせたダブル保温。

○生地は羊の毛足のような裏起毛超厚手生地に編みたて、空気の層をしっかりと確保する。

○スウェットパンツ風デザインで、フィールドまでは道中着として単体で着用することが出来、フィールドでは、インナーとして着用できるパンツ。

head_logo

←くわしくは、「ハヤブサ」ホームページで!

2013年10月 2日 22:59