日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート大会リポート

2020年7月10日

濁りで浅ダナ狙いが正解

上位は災い転じて福となす!?

20200705亀山湖445手持ち◎令和2年7月5日(日)/亀山湖(千葉県)

◎リポート:田口雄二

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20200705亀山湖445手持ち 

 

7月5日、巨べらトーナメント in 亀山湖へ行ってきました。

前日の大雨で満水濁り強し。先日の松岡さん大漁リポートの桟橋周辺にはモジリなし。

大雨のせいで状況が変わったと思い、笹川筋中流部を狙うことにする。

五十嵐さんと僕は「よりとも」から出船。他の7名は「ボートハウス松下」を利用。

5時半出船、笹川入り口で泉氏、浜ちゃんと合流する。

だが、一緒に出船したはずの五十嵐さんが来ない。

泉氏にその旨を告げると、オールで漕いでいる人が見えるとのこと。

五十嵐さんにトラブル発生と思い電話するとエレキが故障らしい。

泉氏に曳航をお願いする(泉氏のエレキは36ポンドのハイパワーなので)。

2人が来るまで笹川入り口でモジリをチェックするが、異常なし。

浜ちゃんは既に第一流れ込み上流にボートを着けている。

五十嵐さんは第一流れ込み下流に、泉氏は第二流れ込み上流に、僕はその上流で21尺を出す。

9時半ごろ「五十嵐さん釣果あり」の情報をラインで受信。

10時「宮崎さん釣果あり」のライン受信。

12時半「松岡さん釣果あり」のライン受信。

13時前ごろ、泉氏が根掛かりで21尺の手元を折り、ぼやきながら15尺に変更した。

13時15分ごろ、泉氏が大型48.7㎝を釣り上げる。

すぐに私も16尺に変更すると、13時45分ごろに44.5㎝を釣り上げることができた。

15時ごろ「五十嵐さん大型49.5㎝釣果あり」のライン受信。

今日の釣り方のポイントは、15〜16尺いっぱいの浅ダナ(濁りのせい?)とトラブル?(大型釣った二人)

どうやって釣ったか二人のリポートを読んでみたい。

マルキユー(株)戸井田さんからいただいた賞品(高級バッカン)は五十嵐さんに持っていかれてしまった。

まあ復帰祝いとしておきましょう。

 


田口雄二 【 44.5cm / 2020年7月5日 / 亀山湖 】

20200705亀山湖445 20200705亀山湖445詳細

 

<僕の釣行データ>

◎ 竿:16尺(タナは天々の宙釣り)

◎ 道糸:2.5号 / ◎ ハリス:1号(上・45cm 下・70cm)

◎ ハリ:丸袖スレ 22号

◎ ウキ:五十嵐作 Deep10

◎ エサ:マッシュ系ダンゴ



2020年7月10日 11:17