日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2020年1月 5日

初釣りで久々の40上!

我慢比べで仕留めたへらは格別です!

IMG_0171◎ 令和2年1月3日/三島湖(千葉県)

◎ リポート:鈴木 誠

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_0152  令和元年のへら釣り納めは清水池としましたので、今年の初釣行は三島湖にしました。

この日はへら友も釣りに来ていました。なかなか並んで釣る機会もなく、今回初めて並んで釣ることにしました。

ただ、友は25.5尺以上の竿しか持ってきておらず、私が考えていた場所には入ることができない・・・。そこで急遽、広瀬岩盤ロープに並ぶことにしました。水深8mの底釣りです。

ところが、ボート付けが終わって竿を出す段階で21尺以下の竿しか積んでいないことに気付く・・・。

この日の予想される状況では、不慣れな21尺の天々の宙釣りならオデコ確定です。さらに浮遊ゴミの巣窟となっており、ゴミ避けも用意していないので難儀な釣りになることは必至でした。

ボートを解いて戻るしかありません。そんなわけで、友はそこで頑張るとのことなので、不義理な(^^;)私は、当初予定していたポイントへ向かいました。

さらに優柔不断の塊りである私は、行き先変更。「この冬の時合ならここだ!!」と以前から確かめたかった場所へ(^^;)

多分、冬に入って誰も餌を打っていないことに輪をかけて、台風15、19号とその後の大雨で底の状態は変わっています。

案の定、根がかりからのスタート。ボートの向きを変えて何箇所か根がかりをしながら良さげな場所を探しました。

エサを打ち始めて1時間弱で場所が決まりかけたとき、最初のアタリに思わず手が反応してしまいました。何回も根掛かっていたので、まずは生き物の感触があるかを確認。多分へら(^.^)、でも何か引きが不自然。令和2年、初べらのご対面はスレ取りとなってしまいました。IMG_0171

しばしアタリが遠くなったのち、2枚目のヘラがきましたが、またもスレ(*≧∀≦*)

そして、またもや難儀なことに、正面の白っぽい岩肌が陽の位置により変化。とうとうウキが見えなくなりました。

ピンチです。ウキが見える方向は根掛かり地帯です。またもや掛からない地帯探査部隊と化してしまいました。

そしてその後、小さなモゾアタリで乗るもコボレオダ! そしてついに釣りました、70上の流木!

しかし、お掃除が完了したのか、ここから状況が一変しました。

毎度毎度の前置きが長くなりましたが、やっと釣果報告です。

 

釣り方は、19尺バランスの底。

エサは、グルテンとダンゴのセット。

グルテンは、アルファと四季が1:1に水2。

ダンゴは、夏、へらスイミー、さなぎパワー、マッハを2:2:1:1に水2。

IMG_0205道糸は、巨べら狙いなのでレブロン2.5号。

ハリスとハリは、1.5号にグランダム鈎といきたいところですが、アタリがないので0.8号(上33cm・下40cm)にアスカ5号。

ウキは、舟水・段底15号。

タナは、二節ナジミ。

触りらしきモヤモヤがでたら両グルにかえて、アタリが出るまでひたすら待ちの釣り。

そして待望のご対面。まずは338。

スレ2枚は尺上でしたので少しサイズUP(^.^)

もうこれで満足でしたが、エサも残っていたし、まだモヤモヤしているので、やめる手はなし。

2枚目は373。

そして、ついにきました! なかなか上がってこなかったが、御影が見えて40上を確信(^.^)(^.^)

3枚目は415! そして、オマケが400!

昨年の野釣りダービーは後半に体調を崩し、3枚を揃えられませんでした。

今年は初釣りで嬉しい2枚をエントリーです。

寒さが苦手な方には大変な季節ですが、我慢比べでヒットさせた魚は格別です。

皆さんも極寒の釣り、一緒にやりませんか?


鈴木 誠 【 41.5cm / 2020年1月3日 / 三島湖 】
IMG_0154 IMG_0154-o
鈴木 誠 【 40.0cm / 2020年1月3日 / 三島湖 】
0B8068B4-A3B6-499B-A3B2-7CA2E6B68076-1825-0000010571C726F7FAAFEED5-11B6-4AE7-951F-A63DF90E18B1-1825-00000105775EFD3C

2020年1月 5日 18:58