日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2019年4月 2日

九州から尺半2発報告

50上情報に誘われて熊本へ!

011◎ 平成31年3月25~27日/市房ダム(熊本県)

◎ リポート:服部篤美

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

007 (3) 46.1c

 

今年も巨べら祭りが開幕しました。

この春の北山ダムは例年に比べて水位上昇が遅れています。

数は釣れているらしいですが、型は尺2~40cm前後が多いと聞いています。

他のダムも巨べら情報がなく、3月上旬に水位が安定していた緑川ダムで竿を出しましたが、ドマブ地獄で撃沈。

市房ダムの情報をK氏に確認したところ、湯山方面の花火発射台地奥でハタキ始め、53cmが出たとか!

さっそく翌日、仕事終了後に現場へ向かいました。

17時過ぎに釣り場に到着。

53cmが出たポイントの近くに、巨べらスーパーレジェンドのH氏がいました。

K氏の情報通りポツポツとハタいており、H氏の隣に入らせていただいた。

雨の中、ナイターで頑張りましたが、 初日はマブしか釣れず終了。

 

45.0c 009 (1)

 

翌日は夜明けとともに開始。この日は綺麗に晴れ渡り、ほぼ満開の桜が 咲き誇っています。

(市房ダムは桜の名所です)

タチ60cm程の浅場を狙ってみましたが、水の透明度が高い。

上からエサ打ち地点を見ると 底は真っ白!

長竿で沖目を打つH氏に同情されながらしばらく打ち続けたところ、 「ツン!」といいアタリ!

奇跡的にナイスな体型の尺半が食ってくれました。

その後、へらが明らかに少なくなり、上流へ移動したようなので場所移動。

移動した釣り座でも数投エサ打ちするだけで上から見ると底が真っ白。(涙)

しかし、こんな状況でも食う時は食うんです!

マブ、鯉べらが混じる中、46cmと43cmを釣ることができました。

巨べらスーパーレジェンドH氏も苦戦しながら47cmを上げ、隣のM氏も尺半を手にしてお二人は終了。

私は1人居残りナイターで頑張りましたが、お決まりのドマブ地獄で撃沈。

3日目も早朝から頑張りました。

ただ、状況はさらに悪化。翌日の仕事の準備もあるのでお昼過ぎに諦めました。

しかし、しかし! 帰宅後にH氏から電話があり、夕まづめにへらが入り始め、 515と480が上がったとのこと!

さすが巨べらスーパーレジェンド!!恐ろしや・・・。

 

服部篤美 【 46.1cm / 2019年3月26日 / 市房ダム 】
46.1a 46.1b
服部篤美 【 45.0cm / 2019年3月26日 / 市房ダム 】
45.0a 45.0b
服部篤美 【 43.6cm / 2019年3月26日 / 市房ダム 】
010 010a

 

<釣行データ>

◎ 釣行日:3月25~27日 

◎ 竿 :がまへら 兜 15尺(タチ60cm程の底釣り)

◎エサ :マッシュ[2] + 1:1粉末マッシュ[1] + 巨べら[1] + もじり[1] + 水[4.5]

◎仕掛け:道糸・2.5号 / ハリス・1.5号 / ハリ・ヘラスレ9号

 

011
条件が揃えば50cm上も狙えるチャンス!

2019年4月 2日 08:32