日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2018年6月10日

河口湖で尺半と再会!

夕方のゴールデンタイムを満喫!

20180607河口湖462◎ 平成30年6月7日/河口湖(山梨県)

◎ リポート:田口雄二

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

20180607河口湖462手持ち

 

6月6日、久し振りに五十嵐さんから連絡あり。

(最近仕事がお忙しいようで一緒に遊んでもらえない)

「明日、行こうと思います、河口湖へ」

「はーい、オーケーです。何時出発?」

ということで、翌日の7日、朝7時ごろに河口湖着。

今回は探検をせずに前回のポイントへ直行。

先行者(というか常連さん泊まり組)3名の釣り台が沖のほうへセットされている。

左端に2人分の空きがあるので、そこへ五十嵐作特性脚立釣り台をセット。

シトシト雨を期待していたが、雨は出発時には止み、ピーカン、無風、クリアウォーター。

先行者たちが朝食を終え、胸まで浸かって釣り台に登る。

前日の状況を聞くと、

「昨日来て、チョットやって小さいのが少しだけ。一昨日まではよく釣れていたようだよ」

とのこと。よくあるパターン。

しばらくエサを打つが無反応。ベタ凪なので動かないウキがよ~く見える。

10時ごろすぐ右の釣り人がマブナを釣り、「ア~ダメだ。もう帰る」と撤収。

僕がそこへ移動する。

竿を替えたりしてエサ打ちポイントを探しながらお昼を食べる。

12時ごろウキが動き、次の一投でデカマブが釣れてくる。

続いて12時半ごろ39.5cmのヘラが釣れる。これでオデコが回避できた。

17時ごろからポツポツと41.0、42.5cmが釣れ、17時半ごろ本日最大の46.2cmをゲット。

そこから日没までブルーギルの入れ食い状態で、エサがチャンと馴染めばヘラのアタリが出るゴールデンタイム。

19時5分ごろ43.0cmを釣って納竿。計8枚、あ~ぁ楽しかった。

暗闇で撤収、帰宅したのが22時20分。妻と愛犬ムムはもう寝てました。

五十嵐さんはというと・・・、 ご本人からのリポートをお待ちください。

 


 

田口雄二 【 46.2cm / 2018年6月7日 / 河口湖 】


20180607河口湖46220180607河口湖462詳細

 

田口雄二 【 43.0cm / 2018年6月7日 / 河口湖 】


20180607河口湖43020180607河口湖430詳細


 

<釣行データ>20180607河口湖

 

◎ 竿:21尺(タナ 2本チョットの底釣り)

◎ 道糸:1.5号 / ◎ ハリス:上下とも1号(35cm-42cm)

◎ ハリ:プロスト10号

◎ ウキ:友人作

◎ エサ:ダンゴ → 夏 + 冬 + マッハ / グルテン → 凄グル + いもグル


2018年6月10日 19:34