日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2018年4月24日

地獄から天国へ、亀山湖

1級ポイント貸切りで尺半2発!

2018-04-20-47.6b◎ 平成30年4月20日 / ◎ 亀山湖(千葉県)

◎ リポート:五十嵐秀雄

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2018-04-20 -47.6a

 

今期もなかなか不調が上がらない亀山湖の乗っ混み。

増水後に何度か行きましたが、まったくダメ!

(泊り込みの釣りをやろうが、やるまいが、釣り台置きっぱなしの方がいる・・・)。

毎度のことながら朝はノンビリ、現地に11時ごろ着けば良いのです。

まとまった雨がなくて魚は浅場に上がれないのか。上がっても数が少ない。

数日前に雨が降ったので、この日は取材のために下見がてら11時ごろ到着。

さすがに河口湖方面が絶好調なので人は少な目。

釣り人が一人いたので状況を聞くと、良くないとのこと。

でも、やっからの中ではタハいてる様子がありあり。

この方は前日も来られていて、表の本湖向いに入られていたとのこと。

どうやら大型狙いではないみたいで、「土嚢はどうです?」と尋ねると分からないとのこと。

雨が降ったので多少は水位が上がっているだろうと土嚢を見に行くと・・・、

仕切りの土嚢の一部を残して水没してるじゃん!

そこで青森にいる田口氏に連絡。電話で話をしているときに足元でデカイのがもんどりうってる~!

青森はダメだそうで、やっぱりハタいてるのはヘラだった。

入ってる! 入ってる!

さっそく車に戻って準備。しかも、いつも入れない1級ポイントが貸切り状態。

釣り座はやっからの入り口に決めた。

グルテンはまったく食わないので、今回は少し開きと膨らみを重視して麩の入ったものを試す。

エサ打ち1投目からアタりだす。居る居る。

ヤッカラの入り口だからサワリが頻繁にあり、アタりっきり。

開始してから5分後にヒット。

顔から上がってくるもハリが小さすぎた。

あら、外れた。グラン重沈4号は軸が太いが、刺さりが浅かったみたい。

ショック~、頭デカかった~。

仕切り直してエサを打つ。時間が経つにつれて、反応はあるが食わない。

スレ、スレ、鯉、鯉、マブ、マブで時間だけが進む。

魚の通り道なのでエサ切りでも手前で引っ掛かる。そして、竿がのされるの繰返し。

やはり今回も厳しいのかなと思い始めた午後1時5分ごろ、ついに出ました、やりました~!

今期第1号の尺半オーバー。尺半の玉網よりも長さが越えてる。

そのまま、朝からヤられてる方のもとへ駆け込み、確認してもらう。

「ハイOK」 体長は47.6cm!

夕方まで粘り、そろそろ終わりにしようかなとあまり練らずに開くエサを打つと、今期尺半第2号の45.8cm!

 

2018-04-21-45.8c

 

こんなことがあってイイのか?

こんな貸切りで、ほぼ毎回合わせて、うれしい悲鳴です。

尺半以外の釣果は40~43cmを4枚。やっからに絡んでゴミ避けの竹節に引っ掛かったのが1枚。

食わせても取れなかった大型もいたけど、ヨシとしよう。

田口さん、ゴメンね~、ゴメンね~。(笑)

 


 

五十嵐秀雄【47.6cm/2018年4月20日 13:05/亀山湖 】


  2018-04-23-47.6c2018-04-20-47.6b

 

五十嵐秀雄【45.8cm/2018年4月20日 17:45/亀山湖 】


2018-04-23-45.8a2018-04-23-45.8b



<釣行データ>

◎ 竿:9尺
◎ 道糸:3.5号(ハリス30cm-36cm)
◎ ハリ:上・ゴスケ13号/下・ギガボトム8号
◎ ウキ:IGARASHI 作 ノッコミボトム8番
◎ エサ:「巨べら」に「カルネバ」を少々






2018年4月24日 07:21