日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2018年3月27日

釣り台にエレキ導入

尺半求めて新たなポイント探索

image14◎ 平成30年3月24~25日/河口湖(山梨県)

◎ リポート:sadajun


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


image16image15


3月24~25日の土日に河口湖へ、リベンジ釣行して来ました。

前回のポイントはたくさんの釣り人で賑わっており、新たなるポイントを探索してみました。

キャンピングカーが停められて、車からすぐ近くで、釣り人がいない場所!

土日にそんな場所はなかなかありませんからね。

image14河口湖でのボート関係を管轄している環境課に問い合わせたところ、3m以下の免許の要らないボートとエレキは登録が不要とのこと(マイボートでの釣りもOKだそうです)。

今回、巨べら狙いの新たなアイテム『エレキ』を導入してみました。

水上から手探りしで湖底をチェック。岩場の合間にある綺麗な砂地を探し出し、ポイントまで通れるように草刈りから始めて、新たなるポイントを見つけることが出来ました!

2日間出来る予定でしたので、1日目は両バリともダイスケ20号で通しました。

4枚釣れてスレは1枚、3枚はダイスケ20号をしっかり咥えてきました。

釣行記FVにて、その時の映像をお届けする予定です。

もっと小さなハリなら早いアタリで喰わせられたかもしれない。

翌日は両バリともダイスケ15号で開始しました。

しかし、2日目は何にもアタりません。

全湖でアタリがないようで、何かが変わったのだろうか?

ブラックバス釣りの大会で数百台が全速力で爆走し、そのエンジン音や大波に揺られて驚いたのか?

「小舟が転覆するようなスピードで航行をしてはならない」と、河口湖の規定書に書かれていたのですが・・・。

大会で全ボートが競い合うのは暴走に近い。全湖エレキだけでの航行ルールになれば、湖もエンジンオイルやガソリンで汚れず、自然に優しく、静かな湖になると思うのですが・・・。

他にも理由が考えられ、前日までがハタキ前の荒喰い時期で、今日からハタキモードに突入して食い気がなくなったかもしれない。

それとも両バリともダイスケ20号が良かったのか?

ハリやエサの問題ではないと思いますが、この日はアタリオデコで終了!

前日の釣果も、尺半までミリ足りず、リベンジなりませんでした〜。

40cmオーバーを今年は何枚釣ることができるのか。

記録も兼ねて、今回は3枚エントリーさせていただきます♬



 

sadajun 【 44.8cm / 2018年3月24日 / 河口湖 】


image6image8image9

 

sadajun 【 44.1cm / 2018年3月24日 / 河口湖 】


image11image10image12

 

sadajun 【 41.4cm / 2018年3月24日 / 河口湖 】


image4image5image3


<釣行データ>image13


◎ 竿:FX 22尺(タナ一本半)

◎ 道糸・ハリス:3号・1.5号(60cm/75cm)

◎ ハリ:ダイスケ20号(両バリとも)

◎ ウキ:紀州匠3号

◎ エサ:ダンゴとグルテン


2018年3月27日 20:07