日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2018年3月27日

大好きな白川ダム

40cm上が連発。気持ち良すぎました!

420-3◎ 平成30年3月24日/白川ダム(奈良県)

◎ リポート:あっさん @ 淺井庸介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

白川ダム全景


季節外れの大寒波が去った3/24日(土)、嫁さんに半日の釣行許可をもらいまいた。(笑)

行き先は奈良県天理市にある白川ダム。

この釣り場は私のホームグランドですが、今年初の釣行になりました。

このダムはほぼ全周が堰堤で整備されていて、足場もアクセスも良いため、休日にもなると30人前後のへら師が集まります。

この日も20人以上が早朝から竿を出していました。

釣れる魚は、尺二寸がアベレージで、尺半も時折釣れるようです。

(私はまだ尺半童貞ですがw)

魚影は濃くないのですが、型物が釣れるため楽しめます。


白川ダム図


当日は24尺のグル底で始める予定が、トラブルで21尺に縮めてスタート。

(竿を継ぐ際に穂持ちを折ったのはナイショですよ。1万2千円也)

それが功を奏した(?)のか、開始から1時間くらいでアタリが出て40cmがスレ掛かり。

その後、カラが続いたのでハリを変更。

ボトムマスター5号 → 上・ダンゴマスター5号、下・同4号。

ハリスも40-47cm → 40-52cmに伸ばし、15分ほどの床休め後に再開。

再開一投目に黒節アタリで 白川ダムのべっぴん初ベラをGET!(40.6cm)

写真撮影後、続けて黒節アタリ。40.1cm GET!

気持ち良くなっていると、二節程度の大きなアタリに手を出してしまい、スレバラシ・・・。

しばらくアタリが消えてしまいました。(苦笑)

一時間ほど経過後、少し吹きだしていた風が止んだ瞬間、またもや黒節アタリ。

本日最長の42.0cmを上げることができました。

どれも厚みがあり、体高のある美ベラばかり。

その後、尺三と尺二を一枚ずつ釣ったところで上がりベラとし、気持ち良く家路につきました。

結局、目標である尺半童貞は捨てれませんでしたが(爆)、スレ・カラの対策がハマり、良い釣りになりました。

日頃、NHCや所属するレジェンドのメンバーに指導いただいている成果が野釣りでも少し出せたのかなと喜んでいます。

これに満足せず、楽しんで上達していきたいで~す。∧( 'Θ' )∧



 

 

淺井庸介 【 40.1cm / 2018年3月24日 / 白川ダム 】


401-3401-1401-2

 

淺井庸介 【 40.6cm / 2018年3月24日 / 白川ダム 】


406-1406-3406-2

 

淺井庸介 【 42.0cm / 2018年3月24日 / 白川ダム 】


420-1420-2420-3



<釣行データ>


◎遊漁料:年券・6,000円/日券・1,000円

◎当日のポイント:白川ダム東側堰堤(通称:看板前)

年券購入者のみ、西側堰堤や乗っ込みポイントに入れます。タナは全体に21尺で3本前後。

◎ 釣行日:3月24日(土)7:00~11:30

◎ 竿(釣り方):21尺(タナ3本半のグルテン底釣り)

◎ 道糸:サンライン野釣り1.5号/ハリス:サンライン奏0.8号(40-47cm→40-52cm)

◎ ハリ:がまかつボトムマスター5号 → ダンゴマスター上5号・下4号

◎ ウキ:PCムクトップ:風迎釣具店製「和美3」ボディ13.5cm(3本セット2千円w)

◎ エサ:マルキユーグルテン四季[20cc] + わたグル[20cc] + 水[50cc]

※ マルキユーペレ底単品標準(時折集魚目的で投入)


2018年3月27日 18:44