日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2017年9月22日

野釣りダービー記録更新!

8月から11回釣行で遂に51.3cm!

0643_001b◎ 平成29年9月13日/片倉ダム(千葉県)

◎ 石賀 勝(超人! NHC最年長)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『5つの釣り場で1ヵ所ごとに45cm以上を釣る!』ことを目標にスタートした今シーズン。

7月30日に片倉ダムで6ヵ所目を達成しました。

尺半上を釣るために計画した釣り場は11ヵ所。そのうち5ヵ所が失敗に終わりました。

大型と出会えなかった釣り場は、『ひとえにタイミングが合っていなかった』と反省しています。

来年度はその反省を糧に、冬期から身体を鍛えて新たなチャレンジができたらと思っています。



 

0643_001

 

狙うは50cm上。8月から片倉ダムへ通い、自己新記録!

 

8月~9月13日までの期間、片倉ダムへの釣行は11回。

今回(9月13日)を除く釣行では、47cmと46cmを釣り上げた日を除き、8日間お凸でした。

13日はたまたま見た暦が大安。験を担いで出かけました。

ここまでやられると、「そろそろご褒美があるのでは?」という思いも・・・。

ただ、宮ノ下公園、片倉橋、衛星橋と様子を見るが、どこもモジリがありません。

最近の実績ポイントを目指して5時出舟。高速艇の2人がまず飛び出します。

舟は7艘。中島に4艘並んでの舟付けになりました。

16尺の2本からスタート。6時から2時間経っても何のサワリもなし。

どう対処していいかが分からない。

悩んでいたときに、17尺2本半で49.2cmが釣れたと友人から連絡が入る。

他の情報はさっぱりなので移動はないな。ただ一つ、藻先で釣るしかないと考えました。

時間は9時。即13尺に変更し、タナ2本半で仕切り直し。

釣り方は馴染み切り。サワリが出るまで打ち続ける。

9時40分に何かサワリがある。若干ながら浮子が動く。

次第にストロークが大きくなり、ヘラの気配。

いくらかタナが浅いのかなと思い、2本にして投入。

2回ほど大きく上げがあり、その後に落とした!

藻に入られないように立ち上がり、ゆっくり浮かそうと思うがなかなか出てこない。

魚が右にいくとオダがある。そのことを意識して竿でため、向きをかえる。

そして、経46cm、深さ75cmの玉網が魚体をとらえる。

その姿を見て50cm上だと確信。検寸すると51.5cm、写真では51.3cmでした。

亀山・片倉の仲間から祝福され、「まだ2時ごろまでチャンスがありますよ」の言葉を信じて2時30分まで続行。

しかし、釣果はこの1枚だけでした。


今回、自己最長寸を仕留めることができたのは、

<1> 早い切り返しでエサ打ちをしたこと。

<2> 藻先の釣りへ変更したこと。

<3> 魚に藻穴へ入られ残念な思いをしたという引き出しが使えたこと。

この3つの要因が大きいでしょう。

 

たまには験もいいですね。使い過ぎないように気を付けます。

自己最長寸を1mm更新。2016年の最長寸よりも1.2cm更新することができました。




  石賀 勝 【 51.3cm / 9月13日 / 片倉ダム 】
0642_0010643_001



<釣行データ> 51.3cm0642_001b


◎ 釣行日(天候):2017年9月13日(晴れ・南風)

◎ 竿(タナ):13尺(2.0mの宙釣り)

◎ 浮子:ボディ8cm / パイプトップ20cm

◎ 道糸:3.0号 / ◎ ハリス:1.25号(40cm-70cm)

◎ ハリ:サイト20号

◎ エサ:マッシュ[400cc] + 尺上[200cc] +1:1マッシュ[200cc] + 巨べら[200cc] + ガッテン[200cc] + 粘力[スプーン3杯] + 水[1,400cc]・・・放置後、そのまま使う。シメに白べら


2017年9月22日 09:29