日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2017年9月14日

ド迫力の巨べら494!

超段差ハリスに尺半連発だっ!

2017-09-13 19.30.09◎ 平成29年9月13日(水)/ 亀山湖(千葉県)

◎ リポート:五十嵐秀雄(巨べら浮子師)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2017-09-13 19.34.17


月曜日(11日)に続き、亀山湖笹川筋に巨べらの群れが残ってることを期待して田口さんと再釣行‼

5時半の出舟合図でスタート。

一番後ろから皆さんの場所付けを確認してから空いた良さげな場所へ・・・。

と思っていたら、何と「今日は○○ポイントに入る!」と朝から意気込んでいた田口さんが違う方向へ。

(?_?) ェ~‼ 。すかさず僕がその場所へ舟を付ける。

完全にモジリにヤられた田口さん(笑)。

僕が今日、この場所で大物を釣ったら「田口さん、後悔するだろうな~」と思いつつ餌うち開始。

前日の雨で少し水位が上がってる。水温は25℃。思いの他、モジリは少なそう。

竿は24尺、タナは天々。

ここのところ、ヘラの気配が出てきてもアタリまでは繋がらない。

そして釣れたときはハリス段差が少し広い。

よし、今日は思いきって上30cm、下95cmにセッティング。

ん~、相変わらずの空モジリか。朝イチのアタリで合わせると、乗った~!

しかし、食いが浅かったのか、下のハリを小さくし過ぎたのか、あ~ぁ~ヤっちゃった~。

50cmクラスが水面近くまで上がってくるも外れる‼ ショーック‼

気をとり直すもテンションダダ下がり。その後、予報になかった強風が突然吹き荒れる。

振り込めないし、浮子が流れる。今日は終わったか・・・。

11時半までノーアタリ。餌か(?_?) ハリか(?_?) いつものように悩み出す。

その後12時前に44cmを釣り上げ、少しほっとする。

そして、2時過ぎから沖で大型がモジリ出す。これはまた時合か? 集中、集中。

ナジミ際に浮子に変化が出始める。これは来るよ。

「田口さん、ゴメンね ゴメンね」とつぶやいているときに、ツン‼

ビシッ‼ ヤりました‼ 田口さん、49.4です(田口さん落ち込む)

田口さん、次は47.6です(田口さん、さらに落ち込む)

田口さん、今度は45.7です(田口さん・・・)

ここで本日、タイムアップ。

ほんの1時間半くらいの時合でした。

この食いが立ったときに食わせられるか、食わせられないかで釣果が変わる。

本当に面白い釣りです。




  五十嵐秀雄 【 49.4cm / 9月13日 / 亀山湖】
2017-09-13 19.19.272017-09-13 19.30.09



<釣行データ>


◎ 竿:24尺(タナは天々)

◎ 道糸:1.75号

◎ ハリ:上 → サイト・20号(ハリス40cm)、下 → サイト18号(ハリス90~95cm)

◎ エサ:.上 →  マッシュ(麩多目)、下 → マッシュ(麩少な目)の練り込んだもの。

◎ IGARASHI. DEEP type 2 の16号 良い浮子だ(笑)


2017年9月14日 17:53