日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2017年6月 2日

広島から今期第1号

雷接近。ラストタイムに460!

◎ 平成29年6月1日(木)/信池(広島県)

◎ リポート:礒野昌文(自称 絶不調へら師)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


乗っ込み、ハタキも空振りで不調が続く。

ゴールデンウイークに出かけた愛媛県・野村ダムでもハタキに出会えたが、釣れたのは小物だけ。

その後も広島や山口の釣友から「ダメ」「釣れない」という話ばかり。

それでも「いつかは良くなるだろう」と出かけるが、期待は裏切られるばかりだった。

この日もアタリのない長時間の釣りは集中力が続かないだろうと、夕方時合だけを狙って午後2時開始。

田植え時からずっと減水続きで、水深は18尺で2本ほどになってしまった。

釣り台をセットしていると足下にへらの鱗が落ちている。

午前中に釣ったものなのか新しい。

「いつも1時ごろ納竿するAさんと入れ違いになったのかな? 釣れるかも」

と期待したものの、2時間すぎてもウキには何の変化も出ない。

モジリもなく、雰囲気は悪い。

6時を回っても状態は変わらず。雷の音が近づいてきた。

スマホの「豪雨レーダー」を見ると赤や黄色の塊が近くまで来ている。

雷も怖いし雨も嫌だが、幸い車はすぐ後ろ。いざというときには逃げ込める。

「あと15分」のつもりでエサ打ちをすると、なじむ途中で「トメ」が入る。

ウキが2目盛りストンと入った。初アタリで初ヒット。それも46.0cm。

オデコを覚悟していただけに「やっと釣れた」と一安心。

大急ぎで道具を仕舞い、車に乗り込んだ途端に大粒の雨が落ちてきた。

辛抱を重ねてへらが釣れ、雨も避けられた。何もかもラッキーだった。




 礒野昌文 【 46.0cm / 6月1日 / 信池 】



<釣行データ>

サ オ:シマノ 閃光R18尺

タ ナ:2本の底釣り

ウ キ:天ヶ瀬 静18

道 糸:ザイト 白の道糸2号/ハリス:1.2号

ハ リ:ハヤブサ 強靱エアロ16号、14号

エ サ:  尺上1+マッシュダンゴ2+水2


2017年6月 2日 21:01