日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2017年6月28日

亀山湖で497! あと3mm

仲間の情報で巨べらと遭遇。

497-t◎平成29年6月27日 / 亀山湖(千葉県)

◎リポート:田口雄二(神ってきたかな?)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


497-t2


「西湖サイコ―!」の疲れが取れた26日昼ごろ、TさんにTELすると、

「今日は家にいるけど、亀山がまだ釣れ続いているよ。今朝もヨンパチが出てるから明日行くよ」

という情報をいただいた。

「もしかしたら僕も行きます」

「えーっ、もしかしたら? ってことは絶対行くよね」

で、さっそく五十嵐さんへTELすると、「只今、会議中デス」との留守電メッセージ。

ナント五十嵐さんが仕事をしている。

こりゃあダメかなと思ったけど、ラインで状況報告。

すると、すぐにTELがある。

「明日行きましょう」

「仕事は?」

「終わらせました」

で、翌日(27日)に二人で亀山へ向かいました。

朝4時半にボート屋に着くと、すぐにTさんも到着。

「昨日は50が2枚出ているよ」とのこと。

状況が良いとあって、巨ベラ狙いの常連さんが10名。

5時出船。常連さんはパワーが強いエレキで狙いのポイント(前回と同じ辺り)へ一目散。

僕は五十嵐さんを引き船し、ポイント(Tさんから教えてもらった)を説明しながらゆっくり笹川筋へ。

モジリを探しながら皆より下流の良さそうなポイントへ。

五十嵐さんを案内し、僕はその対岸斜め前へ(話ができるから)。

5時50分に餌打ち開始。7時ごろには上流部で釣れ始めた模様。

五十嵐さんが17尺天々で、7時半に44.0cm、7時45分に48.0cmとスタートダッシュ。

(もう50しか頭になかったようで、物持ち写真を撮らずにリリース)

僕は16尺天々で9時ごろに鯉。

その後ブルーギルらしきサワリだけなので19尺に変更したが、何のサワリもなし。

我慢しているとまた鯉で大騒ぎ。 

ポイントを外しちゃったと諦め気分で餌打ちしていると、11時半に突然のアタリ。

とうとうやったぜ、かなりの大型!

検寸台へそっと載せると50を超えている。 

頭(僕のではありません)を立板に押し付けて手を放すと「アーッ、3ミリ足りない」

嬉しいような悔しいような複雑な気持ちで空を見上げる。

上流部は尺半くらいがポツポツ釣れていたが、午後になるとアタリがなくなったとのこと。

五十嵐さんも僕も沈黙が続く。

21尺に替えてみるが、またまた鯉。再び19尺に戻して我慢。

15時50分、餌を作るため竿から手を放していると2節ストンと入る。

慌ててアワせるとまたデカイ。


485-t2


綺麗な485をゲット。その後、16時半ごろに上がりベラ438が釣れて終了。

出来過ぎの一日でした。Tさん、五十嵐さんに感謝。

でも、あと3ミリ。




 田口雄二 【 49.7cm / 6月27日 / 亀山湖 】
497-s497-u

 田口雄二 【 48.5cm / 6月27日 / 亀山湖 】
485-s485-u



<釣行データ>

◎ 竿:19尺(タナ 天々)

◎ 道糸:2号 / ◎ ハリス:上下共 1.2号(50-75cm)

◎ ハリ:サイト20号

◎ 餌:尺上 + マッシュ + 白ベラ + 藻ベラ


2017年6月28日 23:12