日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2016年10月28日

初会場、厚木へら鮒センターへ

ウインターへ向けて、試釣始動!

今日1◎ 平成28年10月25日(出勤前)

◎ リポート:近江純治(Mr.長ハリス)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


魚は大型化傾向。5枚重量競技もおもしろそう。


今回は初、釣り場リポートを送らせて頂きます。

先日10/25(火)に厚木へらぶなセンターに行ってきました。

その日は午後から厚木近くで仕事があり、これはチャンスとばかりに早起き。

ヘラバックを車に積んでの出勤になりました。(笑)

年明けのウインター北関東大会で初開催が決ったこの釣り場。

まだ行ったことがない人がほとんどだと思いますので、ちょっと早いですが参考になればと思います。


今日1


こちらの釣り場は小池、大池と呼ばれている2つの池が隣接しています。

小池は四方岸桟橋、大池は岸桟橋と中央桟橋で構成されています。

小池でチョーチンをするのは厳しいと思います。

竿は7尺〜15尺規定です(詳しくはホームページで)

ウインターでは大池の中央桟橋での開催になるので、今回は大池の方で釣りをすることにしました。

 

image2[2]


朝はかなり冷えこんではいたのですが、平日でもあるし、まだまだ魚の活性は高そう。

この日は7尺チョーチン両ダンゴから入りました。

ちなみに中央桟橋が1本だけかかっていて、そこで11~12尺いっぱいで底がとれる感じです。

その他は岸桟橋なので手前は浅くなっている感じでした。

打ち始めて数投で魚が湧き始め、得意のロングハリスではどうにもならなくなりました。

60の45cmぐらいにつめて釣っていきました。普通の人なら20の30cmぐらいでしょう。(笑)

当然そんな状態なので落ち込みでいい感じで釣れてきます。

記憶だと型はそれほど期待できないという印象があったのですが、

あっと言う間にその印象が変わりました。

チョーチンで釣れてくる魚の半分近くが600〜700gの良型で、中には800gぐらいのも交じりました。

2時間で25枚ぐらい釣ったところで、当然NHCメンバーとしてはもっともっと大きいのと思い、底釣りに変更しました。餌は両グルテン!!

通常11尺、12尺ぐらいがちょうど良いと思うのですが、私はいつでも長ハリスなので10尺の80の70cmで入りました。

ダンゴの時のような湧き湧きはなくなり、釣りやすくはなったのですが、アタリも減りました。

まだ両グルは早いかと思ったのですが、手水をうち柔らかくするとアタリが出始めました。

チョーチンのような釣りにはなりませんでしたが、底釣りに切りかえてから2時間で7~8枚。

中には1キロぐらいのも入り、なかなか楽しい半日でした。

ここ数年は大型の放流を増やしているらしく、釣り方によっては大型連発もありえるかもです。

きっとウインターまでに新べらが入ると思います。

肩の張ったジャンボベラが当日は釣れることを期待しましょう!!



<P.S>

写真は今日イチの写真と正面から写したものです。

全体等はホームページ等を参考にしてみてください。


sign

← ホームページはこちら!




2016年10月28日 08:53