日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート釣行リポート

2016年6月28日

西湖大会 前日試釣 報告

くわるびRで藻面の釣りを満喫!

RIMG0196◎平成28年6月24日(金)/西湖(山梨県)

◎リポート:かもめ(ウィード大好き)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG0199RIMG0185

西湖大会の前日は丸美さんのすぐ前に張られた『くわるびロープ』で底釣りを楽しみました。

以前はドン深溶岩帯の長竿チョーチンに魅力を感じていましたが、最近はどちらかというと藻面の底釣りの方が好きになってきました。

RIMG0212

初めて『くわるびR』で釣りをしたときは、藻で底が分かりづらいし、風で流れが出るとシカケが藻に絡んで毎回ウキのシモり方が変わり、「訳わからん」状態でした。

でも、藻は場所によって濃さも高さも異なるもの。

「藻面の底釣りなんてテキトーでいいんだ」と思うようになってからこの釣りがおもしろくなってきました。

上バリを少し底から切ったり、下バリとんとんにしたり、下バリも少し切って床前の深宙にしたりと、いろいろ探って釣果を伸ばしています。

テキトーだけど、小マメなウキ下調整でアタリの数やサワリ方が変わってきます。

そのとき一番釣れるタナがそのときの正解なのです。


■4人で前日試釣。トップはシバッチの38枚!

大会前日は田口雄二さん、芝原明次さん、七里明裕さんと私(かもめ)の4人で試釣しました。

出船前に丸美の浩一さんから「明日はうちの前はたぶん出れないですよ」

と聞いていたのですが、ためらうことなく『くわるびR』へ。

平日なのと、天気もあまりよくなかったので貸し切り状態。RIMG0182

朝イチから田口さんがスタートダッシュで30枚をクリア。

トップは昼過ぎまでで38枚の芝原さん。

七里さんは20枚ちょっと。

かもめは翌日の会場手配のためにお昼前に上がって13枚でした。

大型は出なかったけれど、700~800gクラスも交じって楽しめました。




<おまけ・1> 丸美さんで前夜祭

試釣メンバーは丸美さんに宿泊。翌日の健闘を祈って、カンパ~イ ♪

初めて田口雄二さんとゆっくり話をしたのですが、

バリバリのルアーマンだったと聞いて意外でした。

釣りの楽しみ方がとても上手な方ですね。


RIMG0216RIMG0217



<おまけ・2> ステーキで祝勝会

大会の翌日は、芝原さんと七里さんは精進湖へ。

私は江戸川放水路でハゼ釣りの予定でした。

大会を終えて芝原さん、七里さんとお別れでしたが、

ナント偶然にも河口湖畔の同じホテルを予約していました。(笑)

夜は河口湖のバスマンに人気の『マルシゲ』へお2人をご案内。

芝原さんの優勝を祝って、カンパ~イ ♪

マルシゲといえば、やはりガーリックステーキです!


NCM_0239NCM_0237NCM_0236

2016年6月28日 16:36