日本ヘラブナクラブ

ホームNHCメンバーズ リポート大会リポート

2013年12月 4日

チャレンジカップHERA in 室生 報告

前年を上回る82名が参加。40cm上が4枚!

P2013_1117_091704◎平成25年11月17日(日)/室生ダム(宇陀市)

◎リポート:土屋直人/◎カメラ:みよ & もっちゃん

◎主催:室生ダム チャレンジカップ実行委員会(委員長:土屋直人/副委員長:丸山篤志)

◎運営協力:宇陀市観光協会/水資源機構/室生漁業組合/フィッシングハウス鮒屋/日本へらぶなクラブ/かわせみ軍団/レジェンド/大仙野べら会

◎協 賛:がまかつ/マルキュー/サンライン/ダン/オーナー/月刊へら専科/紀州製竿組合/松岡釣具(MFC)/プロショップかつき/前田釣具店/白木屋釣具店/加納工房/秀峰/水芳/天若/華水季/久保一美/南元彦/成瀬正夫/若林真也/森田裕之/香田功/太閤へらクラブ宮岡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

厳しい冷え込みの中で40cm上が4枚。43.0cmで坂本貴昭さん優勝!

P2013_1117_145556P2013_1117_091704

 

これからのヘラ釣りを考える釣り大会!

P2013_1117_153444

11月17日(日)、『第2回チャレンジカップHERA in 室生ダム』が奈良県宇陀市にある『室生ダム』で開催された。

この大会は釣り人の手で良い釣り場を作る事を目的としている。 大会参加費の収益金は放流資金とし、環境美化のために今回も日本釣振興会が全国で実施している『水辺感謝の日』全国一斉清掃と併せての開催となった。

大会の準備で前日入りしていたが、試釣されている方や問い合わせの電話の多さなど、楽しみにしているたくさんの方がいてうれしい限りだった。

大会当日の朝5時、集合場所のオートキャンプ場にはすでにたくさんの車が駐車されていた。 受付けを開始して開会式へ。 参加者は82名と前年度を上回り、女性2人、中学生2人と幅広い顔ぶれがそろった。

くじ引きの番号順に参加者は各ポイントへ散らばり、6時すぎから釣りを開始。 減水期に釣りができる最上流の「笑い地蔵」や「放流場」は小・中型が中心ながら釣果が安定し、足場が平坦で並べるため今回の一番人気だった。

上流のポイントは水深が浅いため、1本半の底釣りをされている方がほとんどで、日が当たって水温が上がり始める10時以降に竿がよく曲がっていた。

中流域は釣り事務所対岸の地蔵橋ワンド入り口と、ワンドに入ってすぐのダラダラというポイントに各数名ずつが入釣していた。

ダラダラに入った常連の坂本貴昭さんが19尺タナ3本弱のマッシュの底釣りで朝イチに43.0cmを釣り上げた。

他にもワンド入り口の事務所対岸で終了時間の14時ギリギリに成瀬博昭さんが18尺タナ2本マッシュの宙釣りで42.2cmを釣り上げた。

その並びで入っていた参加者も40.0cm、36.0cmを釣り上げ、今大会で一番熱いエリアになった。試釣からこのポイントを選んでいた方々はさすがの一言だ。

下流はダムサイトに数人、龍鎮ワンドに数人入釣していた。ワンドの岩盤に入った中村正信さんが18尺タナ2本で41.5cmを釣り上げた。

1枚長寸で行われた上位3位までの結果は、

1位:坂本貴昭さん(43.0cm) 
2位:成瀬博昭さん(42.2cm) 
3位:中村正信さん(41.5cm)

中学生の「まっつん」こと松園くんと、ヒカルくんにも室生ダム釣り事務所 の美代さんから『がんばったで賞』、南元彦さんからの賞品は名前のミナミにちなんで37.3cmに一番近い37.2cmを釣り上げた米野守さんに贈られた。

6時すぎから14時まで競技が行われたが、冷え込みが厳しくなったこの時期に82人の人的プレッシャーはやはりきつく、ヘラブナの釣果があったのは12人だった。

全体に水温が上がりやすいポイントで釣果が見られ、岩盤のワンドや日アタリのよい浅場がよかった。

この時期に自分が両マッシュの宙釣りで使用する標準的なセッティングは次の通り。

竿=18尺、ウキ=米野作MS-1、ミチイト=奏1.5号、ハリス=奏0.8号(上45cm/下60cm)、ハリ=ゴスケ16号、エサはマルキューマッシュポテト[2]+藻べら[1.5]+水[2.5]を50~70回ほど押し練りをする。

満水に向けて1月に入るまでは1日20cm前後増水する室生ダム。水が乗るこのタイミングが今年最後の大型ヘラをゲットするチャンスだ。


◎ご協力ありがとうございました。

今回は台風接近で開催日が延期になりましたが、事故もなく、天候に恵まれて開催することができました。

開催趣旨にご理解いただいた参加者の皆さん、ご協賛いただいた方々に感謝致します。

今回の大会で得た収益金121,700円は放流資金として使用します。

約140kg(420枚)を大阪の山口養魚場から購入し、今年12月に放流予定です。

これからの時代、いい釣り場を作っていくには釣り人の協力が不可欠です。釣り場環境がよくなることで、ヘラブナ釣り界が盛り上がり、新しい釣り人が増えることを願っています。

P2013_1117_145537 
▲宇陀市の竹内幹郎市長から優勝の坂本貴昭さんに優勝のトロフィーが贈られた。
P2013_1117_130655 
▲準優勝の成瀬博昭さん(42.2cm)
P2013_1117_054718P2013_1117_054153 
PB170010PB170014 
PB170005DSCF0151 
DSCF0157 
DSCF0159 
P2013_1117_122400 
DSC00439 
DSC00455 
DSCF0179 
PB170042DSCF0182 
DSCF0180PB170057 
PB170059PB170064 
DSC00432DSC00436 
DSC00440P2013_1117_153003

2013年12月 4日 16:00