日本ヘラブナクラブ

ホームお知らせ > アメナマ釣り大会(7/14)案内

2018年6月15日

アメナマ釣り大会(7/14)案内

RIMG5193aチャネルキャットフィッシュ

釣獲調査釣り大会 in 布目ダム

◎ 主催:布目川漁業協同組合/JOFI奈良(釣りインストラクター連絡機構)/NPO法人日本へらぶなクラブ

◎ 後援:奈良県/独立行政法人 水資源機構 木津川ダム総合管理所 布目ダム管理所/奈良県漁業協同組合連合会/一般社団法人 全日本釣り団体協議会/公益財団法人 日本釣振興会近畿地区支部

◎ 協力:近畿大学農学部 環境管理学科・水産学科/株式会社TSJ(認定鳥獣捕獲等事業者)/農楽の宿(のらの宿)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG5193aRIMG5135RIMG5176

 

アメナマを知る・釣る・食べる!

釣獲調査釣り大会を7/14(土)に布目ダムで開催します。

 

RIMG5206布目ダムで繁殖するチャネルキャットフィッシュ(通称アメリカナマズ)。

この外来ナマズは食欲旺盛なうえに繁殖力が強く、2005年に『特定外来生物』に指定されました。

関東の霞ヶ浦・利根川水系では1990年代後半から急激に繁殖し、生息域を広げ続けています。

関西以西ではまだ琵琶湖・淀川水系と島根県の一部で確認されているだけです。

生態系への影響が懸念される中で、今の最優先課題は「これ以上、生息域を広げない」ことだと考えています。

そのためには実態調査が急務です。そして、アメナマのことを多くの方に知ってもらおうと、今年もアメリカナマズ釣獲調査釣り大会を開催します。

食用目的で移入された魚なので、グロテスクな顔に似合わず白身で美味しい魚です。

そして、なかなかのファイターなので釣り味もバツグン!

このイベントの開催趣旨は、内水面漁場(釣り場)の環境を守ることです。

みんなで外来魚問題を考える機会になればと考えています。

釣り人の皆さん、ぜひご協力をお願いします。求ム、巨魚ハンター!

 


第3回 アメリカナマズ 釣り大会 in 布目湖 開催案内

2018布目ナマズ釣り大会ol


2017ナマズ大会2ol


pdf-1_3 pdf-2_3



<アメナマ釣り大会 開催要項>

RIMG5119

◎ 開催日:平成30年7月14日(土) ※受付は午前7時~

◎ 会 場:布目ダム・桐山さざなみ広場

◎ 釣り大会参加費(傷害保険料含む):500円(中学生以下200円)

※このイベント参加者は遊漁料無料です。

※参加者は参加申込み用紙に必要事項を記入し、FAXにてイベント事務局へ送付してください。

※大会と釣り教室以外はすべて無料です。

【競技ルール】

◎ 対象魚:チャネルキャットフィッシュ(ジュニア部門はすべての魚が対象になります)

◎ 競技ルール:1匹長寸で競い合います。釣り禁止区域・禁止漁法を除き、釣り方・エサは問いません。

全員に参加賞あり。上位入賞者にはステキな景品を贈呈します!

※詳細は『釣り大会案内書』をご覧ください。

 


RIMG5131<クッキングイベント> (試食会 10:00~12:30)

毎回好評のアメナマ試食会。

今回は環境省・奈良県知事認定鳥獣捕獲等事業者の(株)TSJさんや、農楽の宿(のらのやど)のスタッフが協力してくれることになりました。

ジビエ料理にくわしい人たちなので楽しみです。

スタッフも簡単に作れるアメナマ料理にチャレンジします。

大会に参加しない方も、お気軽にアメナマを試食してください。

また、魚の白身を使った美味しい料理をご存知の方は、ぜひアメナマ料理にチャレンジしてください。

事前に事務局に連絡をいただければ、食材と調理器具を用意させていただきます。

RIMG5146RIMG5158RIMG5199



<近畿大学 ブース> (10:00~13:00)

近畿大学農学部環境管理学科と水産学科が本格的なアメナマ実態調査を継続しています。

今回もアメナマ研究チームがアメナマの生態や布目川の環境を分かりやすくまとめたパネルを使って解説してくれます。

アメナマの生態や食性、行動パターンも解明されてきたので、今回はこれまで以上に興味深い話が聞けそうですよ。

アメナマや布目川の環境について、ドシドシ質問してくださいね。

RIMG5236RIMG5217RIMG5220



RIMG5233RIMG0002RIMG0005


<布目ダム管理所 & JOFI奈良 ブース>

◎ 布目ダムの『ダムカード』を配布!

◎ 釣りインストラクターたちが釣り方やポイントを伝授!

◎ 『外来生物法』の説明書を配布!

チャネルキャットフィッシュやブラックバス、ブルーギルなど、環境省が指定した特定外来生物は、生体の扱いに規制があります。

生きたまま道路へ持ち出すことができず、生きた魚を他人に譲渡することが禁止されています。

外来生物法をよくご存知でない方は、釣りを始める前に必ずJOFIメンバー(公認釣りインストラクター)から説明を受けてください。

また、環境省のホームページで規制の内容をご確認ください。


<<< 環境省ホームページ 外来生物法の概要 >>>


 

RIMG5144RIMG5114RIMG5124

 

<釣り体験コーナー> うきうきウキ釣り教室を開催!

 布目ダムにはいろんな魚が生息しています。

昨年はブルーギルがたくさん釣れて、子どもたちは大喜び。

釣りが初めての方も、インストラクターがばっちりコーチします。

ウキ釣りのイロハが学べるチャンスです!

※ 釣りを楽しむ方は大会参加費が必要です(中学生以下1人@200円・障害保険料含む)。

※ 初心者や子どもを対象に、ウキ釣り道具を無料で貸し出します(エサ付き)。

※ 水辺ではライフベストの着用をお願いします。子ども用は受付で貸し出します。

※ 全員にステキな参加賞あり。魚を釣り上げた人全員に賞品がありま~す!



【 アメリカナマズ釣獲調査釣り大会 イベント事務局】

 大会の概要の問い合わせや、取材の申込みは、イベント事務局まで(担当:岸)。

TEL.06-7897-4127(NPO法人 日本へらぶなクラブ内)

大会当日連絡先(TEL.090-5056-8635)

 

<<< 第1回 アメリカナマズ釣獲調査釣り大会 リポート >>>

<<< 第2回 アメリカナマズ釣獲調査釣り大会 リポート >>>


2018年6月15日 18:35