日本ヘラブナクラブ

ホームお知らせ > 野釣りダービーに新たな賞!

2017年4月21日

野釣りダービーに新たな賞!

0581_001b1年5ヵ所で尺半上達成者に

野釣りグランドスラム賞!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の野釣りダービーはスローな開幕でしたが、4月に入って打撃戦が続いています。

4月中旬現在、すでに50cm上が3枚、2ケタ以上の尺半(45cm)上エントリーがありました。

このままだと、今年はかなりレベルが高くなりそうです。

そして、もっと野釣りダービーが盛り上がるようにと、新たな賞を追加しました。

そのタイトル名は『NHC 野釣りグランドスラム』。

1年間で尺半上を5ヵ所の釣り場で釣り上げた選手を『グランドスラマー』として称えます。


0586_001

1941年生まれ、76歳の石賀 勝さんが新たな挑戦!


◎大ベテラン・石賀 勝選手がチャレンジ中!

野釣りダービーで活躍の石賀 勝さんは、今年に入ってすでに3ヵ所で尺半上を釣り上げました。

石賀さんは「年間5ヵ所の釣り場で尺半上を釣る」ことを今年の目標に掲げられています。

「これはおもしろそうなチャレンジだな」と思い、過去の野釣りダービーの記録を調べてみました。


石賀 勝
(2017年)
竹沼貯水池
(49.7cm・4/14)
亀山湖
(46.9cm・4/6)
白沼
(45.0cm・4/2)
 
服部篤美
(2016年)
青峰の池
(48.9cm・4/8)
北山湖
(46.8cm・4/4)
松原ダム
(46.4cm・7/23)
下筌ダム
(45.1cm・7/26)
sadajun
(2015年)
相模湖
(47.1cm・1/19)
丹沢湖
(46.9cm・8/18)
河口湖
(46.2cm・7/25)
亀山湖
(46.1cm・4/1)

野釣りダービーは2011年にスタートして7年目になりますが、『5ヵ所で尺半』の達成者はゼロ。

ただ、2015年にサダジュンさん、2016年に服部篤美さんが4ヵ所で尺半を釣り上げています。

惜しくも「リーチ」止まり。

とても高いハードルですが、行動範囲が広い巨べらハンターなら十分に可能性あり!

大ベテラン・石賀 勝さんのチャレンジを応援しようと作った賞ですが、誰にだってチャンスあり!

NHC野釣り好きメンバーに課せられたこの新たなミッション、

誰が一番最初にコンプリートするのかが楽しみです。

 



ヘラブナの野釣りほど贅沢な釣りはない?

 

これまでいろんな釣りをしてきました。

決して釣りのセンスはイイとは言えませんが、どの釣りにも結構のめり込みました。

「どの釣りもおもしろい」というのが正直な感想ですが、「贅沢な釣りだな~」と思うのが

魚を釣り上げるのにものすごく時間を費やすヘラブナの野釣りです。

先日、石賀さんからいただいたリポートからも、この釣りの贅沢さが伝わってきました。

3日間の釣行で、初日はほぼ下見のみ。

2日目は半分以上を床休めをしながら状況をチェック。

そして最終日の昼、床休めの一投目で497を仕留められました。

情報収集、自分の目で状況確認。そして、プランを立ててフィニッシュにもっていく。

なかなかサラリーマンにはできない贅沢な時間の使い方です。

私も先日、半月ぶりの休暇で室生ダムへ釣行しました。

前日に尺半を釣った人のデータをもとに夜明けから日没まで黙々エサ打ち。

結果はマブの猛攻とナマズ1匹。

前日は濁っていたけど、当日は水がどんどん澄んできたのが敗因です。

いや、前日のデータを鵜吞みにしたのが敗因です。

事前の情報収集はもちろん大切ですが、現場での状況判断がやっぱりモノをいう世界。

なかなか一人前にはなれません。

NHC最年長、石賀さんのような巨べら師に憧れますね。(事務局 K)

RIMG4161

4月19日、室生の桜、とてもきれいでした。

2017年4月21日 23:07