日本ヘラブナクラブ

ホームお知らせ > 平成21年度 第3回NHC理事会報告

2009年12月 7日

平成21年度 第3回NHC理事会報告

◎開催日:平成21年11月22日 (4:00P.M.~)

◎会 場:羽生吉沼事務所(埼玉県羽生市)

◎参加者:理事・ 運営役員含め23名

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へらぶなクラシック前日に、羽生吉沼の事務所にて平成21年度・ 第3回NPO法人日本へらぶなクラブ理事会を開催しました。当日はクラシックの試釣に入られた方も多く、東北、関東、 関西から多くの方に出席していただくことができました。

今シーズンの活動については特に大きな問題もなく、次年度の活動内容、 大会開催要項に大きな変更点はありません。 新しいヘラブナ釣りファンを増やす活動をしながら、 初心者からベテランまで楽しめるトーナメントを実施していきたく考えています。

理事会でまとまった内容を報告をしますが、 本年度の活動結果はホームページにUPしているので割愛します。 NHCは12月末が期末なので、 決算報告は次回の総会にて行います。

◎ルールについて

新しいヘラブナ釣りファンを増やすために'09年から初心者を対象とした特別ルールを適用しましたが、 各シリーズの運営委員から別段のトラブルもなくシリーズ戦を消化したとの報告を受けました。

以下の初心者優遇ルールに反対の意見はなく、'10年シリーズも競技ルールの変更は行いません。

<初心者優遇ルール>※2010年も引き続き適用。

◆技術面で不安な初心者は知人またはNHCインストラクターの隣に座ることができる。

◆初心者は競技中にベテランからアドバイスを受けたり、エサやシカケを他の選手から提供してもらうことができる。

<競技ルール>

◆'10年に開催されるNHC決勝大会は「NHC5匹検量ルール」で行います。「東北」「関東」 シリーズも全戦「NHC5匹検量ルール」適用になります。

◆'10年の「関西」シリーズは'09年と同じく、数が釣れないウインターオープンは「総重量」と 「5匹検量」 を50%ずつ適用。シリーズ戦では「5匹検量」と「総重量」を「5:1」の割合で適用。また、1大会を 「釣り方限定大会」 として開催します。

初心者の参加者にルールに関する意見を聞いても明確な答えが返ってこないというのが実情です。 「5匹検量ルール」は多くの方に上位入賞の可能性が広がるということで考え出されたルールですが、 初心者にとって「5匹検量ルール」は意外と難しいという一面もあります (どのようにキープしていいのか判断が難しい)。

関西でも「5匹検量ルール」 を大切にしていきたいという意見がある一方で、「他のルールを少し取り入れることでマンネリ防止になるのでは」とか 「総重量やいろいろなルールでもやってみたい」という意見もあり、引き続き 「初心者からベテランまで多くの方が楽しめるルール」を探ってみようと考えています。1匹の重量で競い合う「ビッグフィッシュ賞」 を設けたのも、ルールや楽しみ方の幅を広げるためです。

NHCメンバーでヘラブナ釣りを始めて間もない方はドシドシ運営委員や事務局に意見をお寄せください。 初心者が楽しめるトーナメントというのは「ルール」よりも「雰囲気」や「受け入れ態勢」「指導態勢」などの方が大切なのかもしれませんが、 多くの方がより楽しめるトーナメントを模索していきたく考えています。

◆年間成績を決めるシリーズ戦毎の得点について、 得点の換算方法を変えた方がいいのではという案が東北の運営委員から出されました。現在、1つの順位が下がる毎に1P少なくなりますが、 それを広げてみてはという考えです。東北シリーズの参加者が少なく、差が広がるとシリーズ終盤での逆転が難しいとの理由で、 再度検討することになりました。

2010年度のNHC活動計画

<NHCレギュラーシリーズ戦>

◆「東北」「関東」「関西」の3シリーズを開催('09年と同じ)

◆開催回数は「東北」→4回/「関東」→6回/「関西」 →6回(関東と関西が'09年より1回増)

<NHCウインターオープン>

◆すでに発表の通りです。今回の決勝大会の呼称は『全日本へらぶなオープン』になります。

参加資格:ウインターオープン各大会の上位5名と、ウインターオープン各シリーズ総合成績上位50% に出場資格が与えられます。また、 2009年NHC東北シリーズでNHCへらぶなクラシックの出場資格を獲得した選手も全日本オープンに出場できることになりました。 これは東北エリアでクラシック開催の予定がないためで、 この地域のヘラブナ釣りを盛り上げるために出場枠が広げられました。

<その他のトーナメント>

◆「野釣り特別大会」を関西で1回開催。

◆「ガールズトーナメント」を関西シリーズに合わせて1回開催。

<NHCへらぶなクラシック2010>

◆会場:ひだ池(愛知県)/開催日:2010年11月23日(火・祝)

クラシックの会場は「関東」と「関西」にて交互に開催することになっているので、 '10年は関西での開催となります。中京の「ひだ池」を会場に選んだのは、関東・東北の方が少しでも参加しやすくなるのではということと、 大型ヘラが釣れることで人気上昇中の釣り場というのがその理由です。

参加資格:全NHCへらぶなトーナメント上位5名(ウインターオープンも含む)。 ウインターオープンシリーズ総合成績上位30%。NHCレギュラーシリーズ総合成績上位50%。

<初心者イベント>

◆へらぶな釣り体験教室:千葉・埼玉・大阪で各1~2回開催(予定)

◆へらぶな釣りフェスタ(初心者対象の釣り大会):大阪で秋に開催。

「釣り教室はできるだけNHCトーナメント会場となる釣り場で開催する。 1度の釣り教室だけではなかなかヘラブナ釣りの楽しさを分かってもらえないので、釣り教室後も体験参加等でNHCトーナメント等のイベントに参加してもらいながらヘラブナ釣りのファン作りに取り組むべき」 という意見が出ました(全員賛同)。 今年はNHCメンバーが遠征して釣り教室のインストラクターを務めるケースが多くなり、移動のロスが多くなりました。 釣り教室の参加者が楽しく釣りを体験できるいい機会になったのですが、できればその後もヘラブナ釣りを続けてもらいたいし、 NHCトーナメントにも参加してもらえるような後に繋がる初心者イベントにすべきという方針でまとまりました。

<年会費・大会参加費>

◆年会費:3,000円

◆ウインターオープン参加費:2,000円(学生・女性は1,000円

◆レギュラーシリーズ戦参加費:3,000円(学生・女性は2,000円)

※年会費・大会参加費および使途はこれまでと同じです。 ウインターオープンの参加費は50%(1,000円)を賞品代、30%(600円)を全日本へらぶなオープン(決勝大会)のプール金、 20%(400円)を運営諸経費・備品購入費等に充当。レギュラーシリーズ戦の参加費は60%(1,800円)を賞品代、 20%(600円)をへらぶなクラシック(決勝大会)プール金、20%(600円)を運営諸経費・備品購入費等に充当。

◆体験参加費:1,000円

※'09年はレギュラーシリーズの体験参加費 (NHCメンバー以外の参加費)を無料にしましたが、'10年から1,000円いただくことになりました。 '09年は体験参加選手は入賞しても賞品を受け取ることができなかったのですが、 '10年からはスポンサーから提供していただいた賞品を受け取ることができるようになります。 体験参加選手にもトーナメントをより楽しんでもらえるようになります。

なお、体験参加者の参加費(1,000円)は、赤字の 「釣り体験教室」運営費に回すことで理事会参加者全員の了承を得ました。 これまで釣り体験教室は参加費をできるだけ抑えようと経費を抑えてきました。インストラクターの皆さんからも釣り料金を徴収してきましたし、 レンタル備品を購入するのにも経費がかかり、諸費用の財源を作るためです。 基本的にNHCは「飲食費を経費として認めない」という方針で運営してきましたが、たいへん重労働(?) な釣り教室のインストラクターに対して、教室当日の釣り料を無料にし、せめてお弁当ぐらいはNHCで用意したく考えています(※ もっともっといい仕事をしていただくために)。

■総会にて最終決議をします。

2~3月に開催する総会で議決し、2010年の活動計画をまとめます。 よりよい案をお持ちの方は営委員や事務局にお知らせください。

2009年12月 7日 00:29