日本ヘラブナクラブ

ホームお知らせ > 野釣りにチャレンジしてみませんか?

2008年6月 3日

野釣りにチャレンジしてみませんか?

NHC初の野釣り特別大会 in 生野銀山湖

6月7日(土)に開催!

野釣りチャレンジ企画『生野銀山湖戦』まで1週間を切りました。

今日、レンタルボート湖畔の秋山さんに連絡を入れたら「ちょうどハタキ(産卵)が終わって、 ちょっと一服状態って感じなか」とのことでした。今年は型はまずまずで、 場所ムラあるものの大型はポツポツ上がっているそうです。今日は取材でヘラブナ界の大御所I・Kさんが竿を出され、野性味あふれる40cm上を釣られたそうです。 “流石”です。ハリス0.6号だとヤバイかもしれませんね。

この週末はブラックバスの大きな大会があったのでヘラ師は入らなかったのですが、 これからが銀山湖のハイシーズンになるので、毎日ヘラ師が訪れるそうです。 今回は野釣りのダイナミックな釣りを体験してもらうのが目的なので、みんなで楽しく大型を狙いましょう。

今回は土曜日開催だし、湖畔さんにはたくさんのレンタルボートがあるのでまだまだ参加OKです。 初心者の方にはスタート前にレクチャー&ポイント案内があるので奮ってご参加を!

10440_1212317227_080601_194530a

写真は6月1日(日)の湖畔沖です。この2ヶ月ほどは「満水位+1.5m」という満々水が続いています。 減水しているとボート桟橋までは「地獄の階段」を降りなければなりません。 参加者が減ってはいけないのでこのことをナイショにしていたのですが、この分だと息が切れる前にボートにたどり着けそうです。ホッ。

<開催要項>

開催日:6月7日(土)

会 場:兵庫県・生野銀山湖(レンタルボート湖畔

受 付:6時集合。簡単なボート釣り講習の後にスタート。

参加費:\4,000(ボート代\2,500/遊漁料\800を含む)

 

<参加資格>

◎どなたでも参加OK。NHCメンバー以外の方も参加できます。

 

<野釣り未経験者大歓迎>

大会当日の朝、ミーティングのときに初心者を対象としたセミナーを行います。

◆ボートの係留方法、狙い場、釣り方&エサの傾向と対策etc.

講師は芝原明次さんです。

 

<必要なもの>

◎「フラシ」または「ライブウェル」など、魚を生かしておける器具。

◎ロープ(15m)×2本。※ ボートを係留するときに必要(安価のビニール製でOK)

◎ライフジャケット(レンタルボートでも借りられます)

◎長グツ

 

<競技ルール>

◎5匹の総重量(※入れかえアリ)

 

<標準タックル&エサ>

◎釣り方:長ザオのチョーチンおよび底釣りがメイン。食わせにグルテンや一発、 トロロなどを使ったセット釣りをする方が多い。両ダンゴやグルテンの釣りもOK。いろいろなパターンが通用する。

サオ:18~21尺がよく使用される長さ。

ウキ:ボディーが10cm以上の大きめのウキ(パイプトップ)

ハリス:0.6~1.0号

道糸:1.0~1.5号

ハリ:セット釣りの上バリやダンゴ釣りには8~9号。 セット釣りの下バリは5号が標準。

 

<参加申し込み方法>

◎参加申し込み・問合せは、NHC事務局までEメールまたはTELにてお願い致します。

NHC事務局 

TEL.050-5510-8380

2008年6月 3日 00:28