日本ヘラブナクラブ

ホームお知らせ > 2017年4月
« 2017年3月 | メインページ |

2017年4月21日

野釣りダービーに新たな賞!

0581_001b1年5ヵ所で尺半上達成者に

野釣りグランドスラム賞!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の野釣りダービーはスローな開幕でしたが、4月に入って打撃戦が続いています。

4月中旬現在、すでに50cm上が3枚、2ケタ以上の尺半(45cm)上エントリーがありました。

このままだと、今年はかなりレベルが高くなりそうです。

そして、もっと野釣りダービーが盛り上がるようにと、新たな賞を追加しました。

そのタイトル名は『NHC 野釣りグランドスラム』。

1年間で尺半上を5ヵ所の釣り場で釣り上げた選手を『グランドスラマー』として称えます。


0586_001

1941年生まれ、76歳の石賀 勝さんが新たな挑戦!


◎大ベテラン・石賀 勝選手がチャレンジ中!

野釣りダービーで活躍の石賀 勝さんは、今年に入ってすでに3ヵ所で尺半上を釣り上げました。

石賀さんは「年間5ヵ所の釣り場で尺半上を釣る」ことを今年の目標に掲げられています。

「これはおもしろそうなチャレンジだな」と思い、過去の野釣りダービーの記録を調べてみました。


石賀 勝
(2017年)
竹沼貯水池
(49.7cm・4/14)
亀山湖
(46.9cm・4/6)
白沼
(45.0cm・4/2)
 
服部篤美
(2016年)
青峰の池
(48.9cm・4/8)
北山湖
(46.8cm・4/4)
松原ダム
(46.4cm・7/23)
下筌ダム
(45.1cm・7/26)
sadajun
(2015年)
相模湖
(47.1cm・1/19)
丹沢湖
(46.9cm・8/18)
河口湖
(46.2cm・7/25)
亀山湖
(46.1cm・4/1)

野釣りダービーは2011年にスタートして7年目になりますが、『5ヵ所で尺半』の達成者はゼロ。

ただ、2015年にサダジュンさん、2016年に服部篤美さんが4ヵ所で尺半を釣り上げています。

惜しくも「リーチ」止まり。

とても高いハードルですが、行動範囲が広い巨べらハンターなら十分に可能性あり!

大ベテラン・石賀 勝さんのチャレンジを応援しようと作った賞ですが、誰にだってチャンスあり!

NHC野釣り好きメンバーに課せられたこの新たなミッション、

誰が一番最初にコンプリートするのかが楽しみです。

 



ヘラブナの野釣りほど贅沢な釣りはない?

 

これまでいろんな釣りをしてきました。

決して釣りのセンスはイイとは言えませんが、どの釣りにも結構のめり込みました。

「どの釣りもおもしろい」というのが正直な感想ですが、「贅沢な釣りだな~」と思うのが

魚を釣り上げるのにものすごく時間を費やすヘラブナの野釣りです。

先日、石賀さんからいただいたリポートからも、この釣りの贅沢さが伝わってきました。

3日間の釣行で、初日はほぼ下見のみ。

2日目は半分以上を床休めをしながら状況をチェック。

そして最終日の昼、床休めの一投目で497を仕留められました。

情報収集、自分の目で状況確認。そして、プランを立ててフィニッシュにもっていく。

なかなかサラリーマンにはできない贅沢な時間の使い方です。

私も先日、半月ぶりの休暇で室生ダムへ釣行しました。

前日に尺半を釣った人のデータをもとに夜明けから日没まで黙々エサ打ち。

結果はマブの猛攻とナマズ1匹。

前日は濁っていたけど、当日は水がどんどん澄んできたのが敗因です。

いや、前日のデータを鵜吞みにしたのが敗因です。

事前の情報収集はもちろん大切ですが、現場での状況判断がやっぱりモノをいう世界。

なかなか一人前にはなれません。

NHC最年長、石賀さんのような巨べら師に憧れますね。(事務局 K)

RIMG4161

4月19日、室生の桜、とてもきれいでした。

23:07

2017年4月 6日

5/4 NHC関西・Eシリーズ第1戦 案内

関西(東)は『ひだ池』で開幕戦!

IMG_7929◎開催日:平成29年5月4日(祝)

◎会 場:ひだ池(愛知県)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・file_2010050_2

今年もNHC関西シリーズは、『イースタン』と『ウエスタン』の2シリーズに分けて開催します。

イースタン(東)シリーズは中京の人気釣り場『ひだ池』と『つつじ池』、そして滋賀県の『甲南へらの池』と『トムソーヤ』の4会場でシリーズ戦を開催します。

奮ってご参加ください。

 


<開催要項>image_2

◎開催日:2017年5月4日(祝・木)

◎会 場:ひだ池(愛知県)くわしくはこちら!

◎使用桟橋:旧桟橋(両面)

◎参加費:2,000円(学生・女性:1,000円)

◎釣り料金:1,800円(学生・女性:1,500円)

<競技ルール>

◎第1、 第2ステージともNHC5匹重量競技(※入れ替えナシ)

◎竿規定:7尺以上。※内向きは18尺まで。外向きは制限なし。

◎タナ規定:ナシ。

◎エサ規定:生エサ・オカメ(角麩)使用禁止。

※ハリ規定はなくなりました。

※NHCレギュラーシリーズ戦は、全大会NHC5匹重量競技で開催します。

 


<タイムスケジュール>

◎受付・6:00~6:20

◎ミーティング・6:30~

◎第1ステージ・7:30~10:30

◎第2ステージ・11:45~14:45


<<<参加申し込み>>>


classicbaner2017

NHCレギュラーシリーズ戦は、一度でも5位以内に入賞した選手と、

シリーズ総合成績上位50%以内の成績を残した選手に、

『NHCへらぶなクラシック』出場資格が与えられます。

22:04

5・28 へらぶなペア大会 in 関西 案内

2016 マルキューへらぶなフェアペアマッチ

marukyu_top201301_2◎開催日:平成29年5月28日(日)/水藻FC

◎主催:マルキユー株式会社

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビギナーでも楽しめる釣り大会。

親子で、カップルで、へらぶな釣りにチャレンジ!

 

<<<開催要項・申込み用紙>>>

<<<会場・水藻フィッシングセンター>>>


2017_herapair


21:50

4/29 NHC関東シリーズ第1戦 案内

NHCレギュラーシリーズ開幕!

P1011342◎ 開催日:平成29年4月29日(祝)

◎ 会 場:椎の木湖(埼玉県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P1011338


NHCへらぶなトーナメント関東シリーズ開幕戦は、

椎の木湖が会場です。

1ステージ5kg、2ステージ10kgでは勝てない釣り場。

NHC5匹重量競技の醍醐味をぜひ、味わってください。

NHCへらぶなトーナメントはどなたでも参加OK。初心者も大歓迎!

お気軽にチャレンジを!



■2017 NHC 関東 シリーズ第1戦(椎の木湖)開催要項


開催日

2017年4月29日(祝・土)

会 場
iriguti
詳しくは、クリック!


タイムスケジュール

◎受付 4:50~5:10(※ミーティン5:30終了。※2Fにて打ち合わせ予定)
◎入場 5:45(入場予定)
◎1st.ステージ(3時間) 7:00~10:30
◎2nd.ステージ(3時間) 11:30~15:00

※入場時間の関係で1ステージ3時間30分になります。

使用桟橋

2号桟橋(渡り桟橋の奥)。

競技ルール

NHC5匹重量ルール(※検量器にウエイトが記録されるとキープになります)

規 定
◎竿:8~21尺
◎タナ:メーター規定(オモリ~ウキまで1m以上とる)
◎エサ:生きエサは使用不可。



classicbaner2017

NHCレギュラーシリーズ戦は、一度でも5位以内に入賞した選手と、

シリーズ総合成績上位50%以内の成績を残した選手に、

『NHCへらぶなクラシック』出場資格が与えられます。


19:18

2017年4月 4日

NHC野釣りオープン in 西湖 案内

富士五湖・西湖でボート釣り大会

RIMG4226◎開催日:平成29年6月24日(土)

◎会 場:西湖(山梨県)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

RIMG0271RIMG5256

夏は山上湖のヘラブナ釣りが気持ちイイ!

今年も富士五湖・西湖でNHC野釣りオープンを開催します。

競技は1日5匹の重量制です(※入れ替え可)。

オープン大会なので、どなたでも参加OK!(※要予約)

奮ってご参加ください!

 


<2017年 NHC野釣りオープン 西湖大会 開催要項>


開催日/会場

平成29年6月24日(土) / 西湖・丸美(船宿ホームページ)

参加費用

4,500円(大会参加費1,500円/ボート代2,500円/遊漁料600円)

※素泊まり:3,000円。特別に浜での車中泊可。


タイムスケジュール

受付 → 4:00~4:30(事務所1Fにて。ミーティング後、浜にて準備)
出船 → 5:00(溶岩帯ポイント等、引き舟サービスあり)
帰着 → 13:00(帰着後、浜にて検量)
表彰 → 13:30(※14:00終了予定。終了後、17:00まで釣りを楽しめます。

競技ルール

5匹重量にて順位を決定(※キープした魚の入れ替えOK)


注意事項

魚はフラシにキープし、ボート店の桶にて5匹のみ浜へ持ち帰る。
※フラシは各自用意する(ライブウェル使用可)。

※ボートとポイントの関係上、募集人数は『定員30名限定』とします。
定員になり次第〆切
RIMG4171
※安全第一、ライジャケは必ず着用でお願いします。
(ボート店にも貸出し用あり)



参加申込み方法

参加希望者は『必要事項』を記入のうえ、件名を『西湖大会参加申込み』とし、EメールまたはFAXにてNHC事務局へお申込みください。
オープン大会なので、一般参加OKです。
参加費用は大会当日の受付にてお支払ください。

<必要事項>
NHCメンバー → 氏名/会員番号
一般参加者 → 氏名/住所/電話番号

<申し込み・問い合わせ先>
NHC事務局:TEL.06-7897-4127(担当:岸)
Eメール: nhc27@wave.zaq.jp
FAX:06-7897-3902


6月の西湖、フィッシングスタイルは?


RIMG0240RIMG0260

基本は両ダンゴの釣り。

メインは桑留尾(くわるび)の底釣り。それと、溶岩帯の長竿チョーチン。

桑留美の底釣りは藻面を釣ります。平水位であれば、竿は16~17尺で天々底。

藻の状態は場所によって異なります(適宜対応)

溶岩帯はドン深なので宙釣り。18~19尺ぐらいを使う人が多いけれど、長いのはいくらでもOK!

昨年は27尺チョーチン両ダンゴで芝原明次選手が優勝しました。

道糸は1~1.2号、ハリスは0.6~0.8号、ハリは6~7号が標準。

チョーチンのエサは好みもあるだろうけど、ネバボソ系で釣果を上げている人が多い。

言うまでもなく、タナまでしっかりエサを持たせることが大切!



<<<NHC 野釣りオープン 第1回 西湖大会(2015年)リポート>>>


<<<NHC 野釣りオープン 第2回 西湖大会(2016年)リポート>>>


12:04

2017年4月 1日

四ツ目のヘラブナが話題に!

IMG_0482魚類学上とても珍しい奇形。

左右2つずつ目がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごめんなさい。これはエイプリルフールネタでした。

カメラの誤作動で偶然片側に目が2つ写りました。

へら釣り界きっての「イタズラ好き」後藤田義臣さん & Gファミリーの皆さんで

「驚かせてやろう」ということになりました。

<(_ _)><(_ _)><(_ _)>  事務局K


「ホンマ、最近はヘタクソなヘラ師ばっかり。目ばっかり掛けやがって!

目4つ欲しいわ」と、ボヤくへらがいるかもしれませんね。

 

IMG_0482

関東へ遠征中の名手・後藤田義臣氏から緊急の連絡が入りました。

本日、椎の木湖で釣り上げた良型のヘラブナに目が4つあるとのことで、

写真を送信してもらって確認すると、

目が左右に2つずつ、計4つ付いていました。

突然変異なのでしょが、魚類学上とても珍しいらしく、

現在は生かしたまま釣り場の水槽で保管しているそうです。

テレビや新聞の取材も入り、明朝にはニュースで流れます。

釣り方は下バリ・ナジミとんとんの両グルテン底釣り。

詳しい情報が入ってくればまたお知らせします。(事務局 K)


全部ウソです。


21:14