日本ヘラブナクラブ

ホームお知らせ > 2012年4月
« 2012年3月 | メインページ | 2012年5月»

2012年4月27日

『釣り教室』 & 『釣り大会』 日程

P3200001

 ヘラブナ釣りイベント最新情報。

 仲間を誘って出かけよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※詳細はイベント名をクリック!

     <<<釣り教室>>>      

◎初めてのさかな釣り へら鮒釣り体験教室 ←クリック

主催: (財)日本釣振興会埼玉県支部

第25回 開催日:平成24年7月21日(土) →会場:隼人大池(埼玉県)

第26回 開催日:平成24年9月8日(土)→会場:武蔵の池(埼玉県)


◎麻野昌佳のステップアップ講座 ←クリック

主催 & 会場:水藻フィッシングセンター(大阪府) / 開催日:毎月第一日曜日

名手・麻野昌佳氏が実践アドバイス! 初心者OK、ステップアップを目指す方にオススメ!


◎水藻FC 『へらぶな教室 ←クリック

主催 & 会場:水藻フィッシングセンター(大阪府) / 開催日:毎月第一日曜日(6・7・9・11月)

これからヘラブナ釣りをやってみよういう方にオススメ!(貸し道具あり)


◎甲南へらの池 『へらぶな釣り教室』 ←クリック

会場:甲南へらの池(滋賀県) / 毎月最終土曜日開催予定

関西のヘラブナ釣り界をリードする井上 彰、西田美明の両名人が講師です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  <<<釣り大会 & イベント>>>   

◎NHC野釣りオープン 第1回 白川ダム大会 ←クリック

主催:NPO法人 日本へらぶなクラブ

会場:白川ダム(奈良県) / 開催日:平成24年年5月26日(土)


◎2012 マルキュー へらぶなフェア ペアマッチ ←クリック

主催:マルキュー(株)

会場:水藻フィッシングセンター(大阪府) / 開催日:平成24年5月27日(日)


◎リーダース関西 第23回へらぶな釣り大会 ←クリック

主催:リーダース関西

会場:水藻フィッシングセンター(大阪府) / 開催日:平成24年5月6日(日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  <<<へらぶなトーナメント>>>   

◎NHCへらぶなトーナメント 東北シリーズ ←クリック

第2戦:宮城弁天池(宮城県)/平成24年6月3日(日)

第3戦:宮城弁天池(宮城県)/平成24年8月5日(日)

第4戦:宮城弁天池(宮城県)/平成24年10月7日(日)

◎NHCへらぶなトーナメント 関東シリーズ ←クリック

第1戦:へら学の森 泉園(茨城県)/平成24年4月30日(祝・月)

第2戦:友部 湯崎湖(茨城県)/平成24年5月27日(日)

第3戦:フィッシングエリア吉羽園(埼玉県)/平成24年6月24日(日)

第4戦:神扇池(埼玉県)/平成24年7月29日(日)

第5戦:清遊湖(千葉県)/平成24年9月17日(祝・月)

第6戦:三和新池(茨城県)/平成24年10月8日(祝・月)

◎NHCへらぶなトーナメント 関西シリーズ ←クリック

第1戦:水藻フィッシングセンター(大阪府)/平成24年5月3日(祝・木)

第2戦:清和台 天神釣り池(兵庫県)/平成24年6月24日(日)

第3戦:甲南へらの池(滋賀県)/平成24年7月16日(祝・月)

第4戦:水藻フィッシングセンター(大阪府)/平成24年9月30日(日)

第5戦:甲南へらの池(滋賀県)/平成24年11月3日(祝・月)


◎『G杯』争奪 全日本へらぶな釣り選手権 ←クリック

全国決勝大会:平成24年10月21~22日(日・月)/長熊釣堀センター(千葉県)

↓予選会スケジュール

会場名 開催月日 予備日 開催場所 結果報告
鬼怒川大自然 5/20(日) 5/26(土) 栃木県 鬼怒川大自然釣堀  
富里乃堰 5/27(日) 6/2(土) 千葉県 富里乃堰  
水藻フィッシングセンター 6/2(土) 6/9(土) 大阪府 水藻フィッシングセンター  
三川フィッシュパーク 6/30(土) 7/7(土) 岐阜県 三川フィッシュパーク  
ひょうたん池 8/26(日) 9/2(日) 新潟県 ひょうたん池  

<<<G杯へら 申し込み方法>>>


◎2012 マルキューM-1 CUP ←クリック

全国決勝大会:平成24年9月29~30日/椎の木湖(埼玉県)

file_20111207T131300343

 

 <<<マルキューM-1カップ開催要項>>>

13:10

2012年4月18日

釣りビジョン『ヘラブナギャラリー』

P2050009 戸井田祐一さん出演。

 『春だからヘラブナ釣りに行ってみよう』

 好評放送中で~す!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pc_03_0006205070

 釣りビジョンの人気番組『ヘラブナGallery』の最新版は戸井田祐一さんが出演しています。 テーマは『春だから釣りに行ってみよう』です。

 この番組は手軽に楽しめるヘラブナ釣りを紹介しています。だからエサは誰にでもカンタンに作れる 『Sデザイン』がバンバン登場してきます。

 今回は浅ダナメインに両ダンゴとヒゲトロの釣りを分かりやすく解説しています。お見逃しなく!

 


ストーリー

整備された環境の中、気軽に釣りが楽しめる管理釣り場。この番組ではヘラブナ釣りに興味はあるけど実際行ってみると???という人達に向け、 その楽しみ方をお届けします。
今回訪れたのは、都心から一般道で40分程という好立地にある弁天フィッシングセンター。ヘラブナだけでなく、金魚や鯉などもいて、 家族で楽しめるレジャースポットです。

 放送スケジュール

放送日 開始時間 回数・サブタイトル
4月18日(水曜日) 20:00 春だから ヘラブナ釣りに行ってみよう
4月19日(木曜日) 25:00 春だから ヘラブナ釣りに行ってみよう
4月20日(金曜日) 11:00 春だから ヘラブナ釣りに行ってみよう
4月22日(日曜日) 17:00 春だから ヘラブナ釣りに行ってみよう
4月25日(水曜日) 05:00 春だから ヘラブナ釣りに行ってみよう
4月27日(金曜日) 16:00 春だから ヘラブナ釣りに行ってみよう

00:34

週刊つりニュース関西版最新号は・・・

週刊つりニュースWEB

 『ヘラ乗っ込み』が特集です!

 そして表紙を飾った男はなんと・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 20120420-kansai

 

 おっ、ツッチーじゃ、あ~りませんか。

 皆さん、買ってくださいね!

 


 

 只今好評発売中で~す!

 土屋直人さんは室生ダムのリポートを担当しました。

 <<<週刊つりニュース関西版>>>

関西版2012年4月20日号

一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
-----------------------------------
関西版4月20日号は4月16日 (月)発売
230円(本体価格219円)
-----------------------------------
■今週のつり作戦
「乗っ込みベラに挑戦」
春、水温の上昇と水位の増水により野のヘラブナは浅場に接岸して産卵行動に入る。
いわゆる乗っ込みと言われる状況で、抱卵した大型ヘラを仕留めるチャンス到来だ。
今週はこの乗っ込みベラの攻略法をヘラ釣りの名手、APCの西田美明さんにポイント、
釣り方ほかをビギナーにも分かりやすく解説してもらった。
-----------------------------------
【乗っ込みベラ好釣り場&釣行記】
今号の乗っ込みのヘラ特集。つり作戦に併わせて春の野釣り場及び釣行リポートをお届けする。
好釣り場としてはダム湖の中では比較的足場もよくトイレもあって釣行しやすい奈良・室生ダム。
そして夢の50センチ超が期待できる岡山・旭川ダム及び児島湖上流の七区貯水池を。
そして乗っ込み実釣リポートとしては琵琶湖の釣り場から堅田内湖(カヤ池)と東岸の梅が原承水路の釣りを紹介!

00:08

2012年4月17日

ウインターオープンのプール金報告

1334401657140_2

 へらぶなクラシック準備金

 只今123,000円也

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NHCへらぶなトーナメントは、大会参加費の中から1人@ 500円を決勝大会の準備金としてプールしています。

ウインターオープンのプール金はこれまでウインター決勝大会の賞品購入費に充てていましたが、 今年はNHC10周年記念のためウインターの決勝大会を開催しません。第10回記念大会として秋の『NHCへらぶなクラシック』 を盛大に開催するべく、クラシックに向けて積み立てすることになりました。

ウインターオープンの総参加人数は東西8大会で246人。プール金は123,000円です。 レギュラーシリーズ戦においても同額の1人@500円をコツコツ貯金していきます。あ~誘惑に負けそう。(事務局K)

■ウインターオープン・ プール金
  参加人数 プール金@500円
 関東① 20  10000
 関東② 27  13500
 関東③ 18  9000
 関東④ 22  11000
 関西① 40  20000
 関西② 42  21000
 関西③ 40  20000
 関西④ 37  18500
 合計 246  123000

12:08

2012年4月14日

「水辺の開放」と「安全管理態勢」

10tsuritaiken20

防波堤等の多目的使用で

国交省がパブコメ募集中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

立入禁止で釣りを黙認している場所があまりにも多すぎる現状

先日、西日本新聞の記者から数回にわたり電話で意見を求められました。

この春、九州の貯水池で起きた子どもの落水事故についてです。場所の名前は忘れましたが、 フェンスで囲われ、立入禁止になっている場所なのですが、心ない釣り人が鍵を壊し、自由に入れるような状態になっていたそうです。 子どもがボールを池にはめてしまい、それを回収しようとしたときに落水したとのことでした。

その池はヘラ釣りをしている方が多く、 ヘラブナ釣りの法人団体ということでNHC事務局に問合せがあったのでしょうね。

「どう思いますか、この水難事故」

と、問われても、鍵を壊して釣りをすることは絶対に許されざる行為に決まっています。

ただ、「水辺をどこもかしこも立入禁止にすることには疑問を感じています」 ということを最後に付け加えました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

立入禁止の立て札やカンバンがある場所で釣り人の姿を見かけることは珍しいことではありません。 港湾に目を向ければ、表向きは立入禁止の堤防や岸壁に釣り人を渡す渡船が営業しています。

平成19年の夏に大阪北港で起きた落水死亡事故では遺族が大阪市長・大阪府知事・渡船業者を相手取り、 民事訴訟を起こしました。釣り界、釣り業界からとても注目された裁判となりましたが、大阪高等裁判所が下した判決は「原告の訴えを棄却する」 というものでした。もしも原告が勝訴していたら、「黙認」だった釣り場から釣り人が締め出される事態になっていたかもしれません。

防波堤は釣り人のための構造物ではありませんが、沖にある堤防は水深もあり、潮通しもよく、 釣りには最高の条件が揃っています。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

話は遠回りになりましたが、NHCが加盟している(社) 全日本釣り団体協議会から国交省が募集している『防波堤等の多目的使用に関するガイドライン(案)に関する意見(パブリックコメント)』 への協力依頼がありました。

「ヘラブナ釣りは内水面の釣りだから関係ないかな」とも思いましたが、あながち無関係ではありません。 「港湾局」と「河川局」の違いはありますが、国交省が管理する水辺を釣り場としてどう利用し、 どう管理していくかという点では共通している課題は多々あります。ダムは湖ではなく河川だし、釣り人に開放しているダムもあれば、 釣り禁止になっている場所もあります。ボートの持ち込み規制もさまざまで、レンタルボート店が営業しているダムも少なくありません。

先日、全釣り協の副会長理事を務められている來田仁成さんと話をする機会があり、 今回の防波堤の多目的利用についてのことを詳しく教えていただきました。そして、「港湾が済んだら、次は内水面ですよ。 NHCはまだまだやることがありますよ」と励まされました。

水辺をどこまで開放すべきなのか。どのように管理していけばいいのだろうか。 釣り人は水辺の開放に向けてどのように拘わっていくべきなのか。

その指針となるのが『防波堤等の多目的使用に関するガイドライン』です。

水辺で遊ぶ者として考えていただきたく、全釣り協から届いたパブコメの協力依頼書の全文を転載します。 (事務局K)


 

(社)全日本釣り団体協議会会員各位へ

防波堤等の多目的使用に関するガイドライン(案)に関する意見(パブリックコメント) 募集について協力のお願い。

 

国土交通省港湾局は、 昨年から検討会を開いて協議していた「防波堤等の多目的使用に関するガイドライン(案)」 についてのパブリックコメント募集を3月28日づけで発表し、広く意見を募っています。締め切りは4月26日です。

 

この件については、()全日本釣り団体協議会が長年にわたる課題として取り組んでき問題がようやくワンステップ進捗したものです。

 1、従来、 港湾施設は港湾緑地の一部を除いて、 原則として立ち入り禁止とされていた(黙認状態で利用されたり、 長い年月にわたって渡船営業が認められていた場所も多い)。 しかし近年、防波堤での事故がしばしば発生した例や、釣り人の残すゴミ、 防波堤に出入りする人の不法駐車などさまざまな問題が発生していること、それにSOLAS条約による立ち入り禁止が制定され、 都市周辺では自然海浜が極度に少なくなって、市民が自由に釣りを楽しむことのできる場所がなくなっているなどのことが背景にあります。

 

ガイドライン案の内容を要約すると

1、 防波堤を多目的に利用するために港湾関係者、 自治体の港湾管理者、一般市民、釣り関係者で協議会を開いて管理、 利用のルールを定めた上で利用することが可能にするというものです。

2、 防波堤で釣りをするという行為は、 自己責任であることは当然の原則ですが、これを広く周知させ、 また安全保持のために必ずライフジャケットを着用するなどのほか、 港湾業務課や周辺住民に迷惑をかけないようルール作りをするなど利用者側で守るべき事柄も話し合いで決定していく必要があります。

3、 管理方法の例としては、(1)熱海方式 (自治体が補助金を出してNPO法人などに業務委託する。(2)新潟方式 (安全保持のための施設、 設備を備えた上で自治体が使用を許可し、NPO法人などが管理運営を行う)(3)大阪方式 (管理を伴わないで最小限度の安全設備を備え、立ち入り禁止としない場所とするが、釣りはすべて自己責任とし、 その意思表示を兼ねてライフジャケットを着用する、ゴミはすべて持ち帰る)などがあげられています。

4、 防波堤の釣り利用における構造条件等については平成3年に制定されたものがきわめてフレキシブルな解釈が可能になっています。

5、 先般の津波対策に関しては、 当初10分以内に避難できるようとされていましたが、 これは釣りをしている以上到底不可能であることから、 それぞれ自己責任において避難することを原則とし、 釣り人が現在位置を確認しながら釣りをするよう目標を定めるといった方向性になっています。

 

以下の募集要項を読んで各地それぞれの状況に対応した建設的な意見を寄せるようお願いします。 意見は個人でも正会員団体でもクラブでも結構です。よろしくお願いします。ただし、今回の意見募集は防波堤のみに限っており、 港湾業務のための岸壁、埠頭や埋め立て地の護岸などは含まれないし、 SOLAS条約による立ち入り禁止地域についても含まれないのでこの点十分に留意して下さい。また、漁港に関しては、 水産庁管轄なので対象になりません。

 

(例として

A) ガイドライン案を高く評価します。

B) 00ページ△△△△の場所に下記のような意見を持っています。

C) ○○県××港の西波止を開放いただきたく、 検討協議会の開催を希望します。

 

といったように簡潔に建設的な意見を寄せて下さい。

 

アクセスは国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/ から右側 「国土交通省について」の最下段「申請手続き」の下にある「パブリックコメント」をクリック。画面の「意見募集案内」をクリック。 カーソルで探すと「防波堤の多目的使用に関するガイドライン(案)についての意見募集」があるのでタイトルをクリックすると「募集要項」と 「ガイドライン(案)のPDFを開いて内容を見ることができます

防波堤等の多目的使用に関するガイドライン ←詳しくはこちら

【(社)全日本釣り団体協議会ホームページ】

12:04

2012年4月 9日

NHC関西「第1戦」(5/3)開催要項

2012年は「水藻フィッシングセンター」で開幕!

PC110012

PC110021

2012年NHC関西シリーズのトレイルは好調を持続している水藻フィッシングセンターからスタートします。

今シーズンは関西地区で『NHCへらぶなクラシック(全国決勝大会)』が開催されます。 今年はNHC10周年記念大会なので、関西のヘラ師の皆さん、奮ってご参加を!

<開催要項>

◎会 場:水藻フィッシングセンター(貝塚市) <<<ホームページ>>> ←詳しくはこちら

◎開催日:5月3日(祝・木)

◎参加費:2,000円(釣り料金2,000円別途必要)

◎使用桟橋:2号桟橋(3号向き)予定

◎サオ規定:7~18尺まで使用可(※タナ規定なし)

◎エサ規定:オカメ・生きエサ使用禁止

<タイムスケジュール>

◎受付・ 6:00~6:20

◎ミーティング・ 6:30~

◎第1ステージ・ 7:30~10:30

◎第2ステージ・ 12:00~15:00

<注意事項>

◎昼食は各自ご用意ください(大会当日は食堂を利用できません)。

◎ミーティングは第1駐車場(事務所前)で行いますが、大会参加者は第2駐車場をご利用ください。

<<<その他、開催要項・スケジュール>>>

<<<参加申し込み>>>

14:03

2012年4月 7日

NHC関東「第1戦」(4/30)開催要項

2012年の開幕ゲームは「へら学の森 泉園」!

photo (1)

img_20071205T182815750 

2012年NHC関東シリーズは、メジャー大会の会場として注目される人気釣り場『へら学の森 泉園』 からスタートします。奮ってご参加を!

<開催要項>

◎会 場:へら学の森 泉園

◎開催日:4月30日(祝・月) ※ 集合5時30分

◎参加費:2,000円(釣り料金2,000円別途必要)

◎使用桟橋:中央の桟橋奥側を予定

◎タナ規定:メーター規定(ウキ止め~オモリまで1m以上とること)

◎エサ規定:オカメ・生きエサ使用禁止

photo (2) photo

<タイムスケジュール>

◎受付・ 6:00~6:20

◎ミーティング・ 6:30~

◎第1ステージ・ 7:30~10:30

◎第2ステージ・ 12:00~15:00

<<<その他、開催要項・スケジュール>>>

<<<参加申し込み>>>

<参加予定の皆さんへ。 早めの集合をお願いします>

爆風が吹き荒れた3月31日(土)に「へら学の森 泉園」へ挨拶に行ってきました。

午後2時ごろに到着すると、風が強くてさすがに釣り人は誰もいませんでした。 NHCでも以前に一度大会を開催したことがありますが、きれいに整備された釣り場で、魚のサイズもよく、『5匹重量競技』 が存分に楽しめるフィールドです。

この釣り場は釣り座の予約ができず、入場順で座席を確保していくシステムです。 大会当日は桟橋の奥側を使いたく考えておりますが、そのためには少し早めの集合が必要です。入場時間が5時40分なので、 5時30分までにお集まりいただきたく、よろしくお願いします。

大会までに練習にいきますので、魚のサイズや釣り方の傾向などを大会までにお知らせします。 (NHC関東大会委員長:鈴木良太)

08:56

2012年4月 3日

NHC野釣りオープン第1回 開催要項発表!

今年も第1回は『白川ダム』からスタート!

file_20110522T185253828

ビギナー歓迎! 野釣りにチャレンジしてみませんか?

img_20110522T185224000

 ◎白川ダムは天理市にある足場のよい貯水池です。

 

 

 

 

野釣りファン、そして野釣りにチャレンジしたい方のために、今年も『NHC野釣りオープン』を開催。 第1回(春)大会は昨年と同じく天理市にある『白川ダム』が会場です。ひと昔前は足場のいい数釣り場というイメージがありましたが、 昨年の大会では40cm上が3匹上がり、昨年の秋には50cm上が2匹も上がっています。まさしく「ヒツジの皮を被ったオオカミ」 のようなフィールドです(少し言い過ぎたかも)。

この大会はオープン大会なので、ヘラブナを愛している方ならどなたでもエントリーOK。参加者募集中!

<2012年・第1回・白川ダム大会>

◎開催日:2012年5月26日(土)

◎会 場:白川ダム(奈良県天理市)

◎受 付:A.M6時集合(南の護岸。駐車スペースがあるところ)

◎参加費:1,500円(女性・学生は1,000円) ※ 遊漁料別途必要

◎検 量:14:00~(表彰15:30)

◎大会委員長:芝原明次

※競技エリアはダムサイト(六角堂の北側)~南の護岸までの間です。

[競技ルール]

<1>2匹長寸で順位を決定(選手相互検量) ※1匹 “大助賞” & 2匹“ミニマム賞”もあり!

[注意事項]

◎検寸は選手相互で“厳しく”行う。※ 正確に体長を測れるスケールをお持ちの方はご持参ください。また、デジカメをお持ちの方はご持参ください。

◎一般の釣り人とのトラブルがないように注意すること。

◎受付(ミーティング)後、各自釣り開始。

◎リールの使用は禁止。

◎同時に2本以上の竿を使用できない。

◎スレバリ使用。ハリは2本まで。

[ビギナーの参加者へ]

◎準備するもの → 釣り台/長グツ

※貸し出し用の釣り台を用意しています(数に限りあり)。 野釣りの経験がない方にはベテランメンバーがアドバイスしますので、ドシドシご参加ください。

[参加申し込み方法]

参加希望者は、E-Mail」または「TEL」「FAX」にてNHC事務局へお申し込みください。

◎NHC会員 → 「氏名」と「会員番号」

◎一般 → 「氏名」「住所」「TEL番号(ケイタイと自宅)」

NHC事務局:E-MAIL

TEL.06-7897-4127 /  FAX.06-7897-3902

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※第2回は夏に「布目ダム」or「上津ダム」で予定しています。

00:51

2012年4月 2日

へらぶなフェア ペアマッチご案内

5/27 (日)、水藻フィッシングセンターで開催!

top ◎主催:マルキュー(株)

ファミリーやカップルで思いっきり楽しめるヘラブナ釣りイベント 『マルキューへらぶなフェアペアマッチ』の参加受付が始まった。季節も最高、きっといい思い出に!

◎開催日:平成24年5月27日(日)

◎会場:水藻フィッシングセンター(大阪府貝塚市)

◎参加費:男女ペア→5,500円/親子ペア→4,500円

<<<参加申し込み用紙>>> ※プリントアウトして使用

2012 

00:23

2012年4月 1日

釣りはじめて親子の釣り教室

4/21・川越水上公園でニジマス釣りに挑戦!

file_20111024T113437687 ◎主催:(社) 日本釣用品工業会/(財)日本釣振興会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

釣りの楽しさを体験しよう! 〆切り間近で~す

c09p3

釣りを初めてみたいという親子を対象とした釣り教室が川越水上公園で開催されます。

ターゲットはニジマス。ルアーで狙います。まったく釣りの経験がない方、 釣り道具を持っていない方も参加OK。インストラクターから指導を受けられ、しかも無料。この機会をお見逃しなく!

◎開催日:4月21日(土)・・・「午前の部」と「午後の部」あり

◎会 場:川越水上公園

※定員100名、申し込み締め切りは4月4日!

ivent_kyosisu2 ←詳細および参加申し込みはこちら

12:34