日本ヘラブナクラブ

ホームお知らせ > 2010年10月
« 2010年9月 | メインページ | 2010年11月»

2010年10月30日

11/22に平成22年・第3回理事会を開催。

もっと楽しく、もっとエキサイティングに。

NHC活性化案を募集中!

『平成22年度の活動報告』と『平成23年度の活動計画』をテーマに、 平成22年度臨時総会(理事会)を開催致します。理事はできる限りご出席ください。また、当法人の理事会、 総会はNHCメンバーならどなたでも出席できます。運営に対する意見や提案がありましたら、ドシドシ発言してください。

NHCは身近に楽しめるヘラブナ釣りの楽しさをPRし、 多くの方が楽しめる魅力的なトーナメントの開催を目指して活動がスタートしました。 「若い世代のヘラブナ釣り師を増やしてもらえたら…」と多数の釣り業界企業から支援いただいています。

NHCの活動をキッカケにヘラブナ釣りを始めた方もたくさんおられますが、 その方たちもかなりのベテラン選手に育ちました。ここ最近はNHC全体のレベルはかなり高まり、そのことは喜ばしいことです。ただ、 「新しいヘラブナ釣りファンを増やす」という活動は少し停滞気味です。

これからは高齢化社会を迎えるので年配の方にも大いにNHCトーナメントを楽しんでいただきたいし、 若い世代にもっと魅力を感じてもらえるトーナメントの開催や、活動をしていきたく考えています。

※理事会には出席できないけれど、NHCに対して要望や提案がありましたら、 事務局まで 『Eメール』にてご連絡ください。

<理事会・開催要項>

開催日:平成22年11月22日(月)・ 16:00~

会 場:「ひだ池」事務所(愛知県)

事務局に寄せられている懸案・提案は以下の通りです。他に何か「こんなことしたら面白いんじゃない」 とか「こんなルールはどう?」「こんなことをしたら新しいファンを増やせそう」といった案があれば、 理事会の1週間前までにNHC事務局まで意見をお寄せください。

<事務局に寄せられている懸案・提案>

◎大会参加費の値下げについて

ヘラブナ釣りを始めて間のない選手にとって「釣り料金+3,000円」 という大会参加費は高いのではという意見が寄せられています。現在、NHCへらぶなトーナメントに出場している選手からは、東北・関東・ 関西の3シリーズとも特に高いとは思わないという意見が多いのですが、初心者の参加者数が伸び悩んでいるため、もう少し参加費を下げるか、 もしくは下位選手にも賞品が回るようなシステムを考える必要があります。今回の理事会では、次の3案を話し合います。

[案1:すべて賞品大会(クラシックも賞品のみ) ]

参加費・1,000円/学生・女性500円(大会必要経費の残額は賞品購入) ※参加費を極力抑える。

[案2:決勝大会(クラシック)のみ賞金/ シリーズ戦は賞品のみ]

参加費・1,500円~2,000円/学生・女性1,000円(大会必要経費の残額は賞品購入)。 これまでと同じく、参加費の一部を全国決勝大会準備金としてプールする(現在は1大会1人600円をプールしています)。 ※ 参加費を半額程度に抑える。

[案3:参加費現行のままで、 賞品の分配方法を考える]

参加費・3,000円/学生・女性2,000円。参加費は同じだが、 トビ賞や抽選で下位の選手にも賞品が回るようにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎大会開催会場について

NHCトーナメントの開催会場にはさまざまな要望が出されています。現在「東北」 シリーズは宮城弁天池1ヵ所で開催しているので大きな問題はありませんが、関東・関西ではいろいろな提案があります。 「参加者が楽しめること」「参加者が集まりやすいこと」「大会運営に協力的な釣り場であること」などを踏まえ、 その地域の参加者でフランクに意見を交換して決定してください。

NHCの支部の数が増えれば、もう少しエリアを絞ってシリーズ戦を組めますが、現在は関東一円、 関西一円という広範囲でシリーズ戦を組まなければならず、なかなか「これがベスト!」という選択は難しいと思います。

釣り場にしても、ルールにしても「トライ&エラー」を繰り返しながら、 ベターな運営方法を探っていきたく考えいます。(早く支部が増えてほしいです・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎新しいイベント案

[案1:野釣り大会の開催回数を増やす]

関西で開催されている「NHC野釣りオープン」の開催回数を2回に増やしてほしい (事務局Kの要望です)。足場のよい白川池(天理市)のコンディションがよくなってきたので、来年度は2大会の開催を検討しています。

白川池→5月/布目ダム→6~7月]

[案2:箱池・ うどん釣り大会を開催]

「箱池は関西のヘラブナ釣りの文化だから、 この釣りを守っていくために箱池でNHCの大会をしませんか?」という提案があります。箱池の釣りは「超繊細」な部分だけではなく、 どことなく「ほんわか」とした雰囲気もあります。来シーズンはテストで「NHC箱池オープン」の開催を予定しています。

[案3:布目ダム・ ワカサギ釣り大会を開催]

内水面のゲームフィッシング全体を活性化させることを目的に、ワカサギ釣り大会を企画しました。

ヘラブナは高価な魚で、成魚放流に頼っているため、 釣り場を管理している漁協はヘラブナ釣りで収益を上げるのは難しい状況です。ヘラブナの放流は遊漁料収入以外に、漁連や日釣振、 釣り人の団体等の助成や協力で成り立っている側面もあります。

一方、ワカサギは上手く孵化して順調に育てば収益性が高く、ファミリーやビギナーにも楽しめ、 釣りのエントリーにはもってこいのターゲットです。釣り場環境をよくし、内水面の釣りファンを増やしていくには、 ワカサギ釣りがKEYを握っているといっても過言ではありません。特に西日本は東日本と比べるとかなり内水面(特にダム) の釣り場環境が劣っています。ヘラブナ・ワカサギの両釣り場として人気が高いということで、布目ダムを会場に選び、 ワカサギ釣り大会を実施する運びとなりました。

今回企画したワカサギ釣り大会は、NBC日本バスクラブと合同で実施します。 布目ダムはボートの持ち込みOKですが、ほとんどの方が岸からワカサギを釣っています。第1回大会(11月下旬予定)は「ボート釣り」 「岸釣り」の2部門を設け、ボート釣りは「釣獲調査」を兼ねてそのデータを漁協の資料に役立てていただこうと考えています。 地域振興のお役に立てればうれしいし、 NHCスポンサーにもワカサギ釣り関連のタックルを製造しているところが多く、 「関西でもっとワカサギ釣りを流行らせてよ」とエールを送られています。

直接的にはヘラブナ釣りと関係のないワカサギ釣り大会ですが、開催趣旨をご理解ください。 ヘラブナトーナメントと同じく、楽しみながらの活動ですので、興味がある方はご参加ください。

※新規釣り大会の企画は、すべて大会参加費内で賄える予算で活動します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ルール変更について

[案1:コイベラの扱いについて]

一部の釣り場で釣れるコイベラのサイズがあまりにも大きいので対象外にすべきという意見があります。 基本的にNHCは初心者が多いこともあり、フナはすべて対象にし、コイベラはヒゲの有無で判定しています。 これは関西エリアのみの悩める問題ですので、関西の役員で決定します。

14:39

「関西シリーズ第6戦」予定通り開催!

台風一過! 受付は6時~6時20分です。

近畿地方は前日(30日)午後には台風の強風域から外れそうです(ホッ)。

NHC関西シリーズ第6戦(甲南へらの池)は予定通り10月31日(日)に開催します。 スカッとした秋晴れと、ファイナルゲームに相応しい好ゲームを期待します。

※今回は「底釣り限定大会」なのでお間違いのないように!

<タイムスケジュール>

◎受付:6時~6時20分

◎ミーティング:6時30分

◎第1ステージ: 7時30分~10時30分

◎第2ステージ: 11時45分~2時45分

<開催要項> ←クリックしてください。

09:11

2010年10月28日

10/31日の関東大会の開催について

台風14号の接近に伴い、開催要項を以下の通り変更します。

■NHC関東シリーズ第6戦(羽生吉沼)

◎開催日変更: 10月31日(日)→11月3日(水・祝) ※ 決定

※開催会場および受付時間・競技時間には変更なし。

※使用桟橋は「赤城桟橋」です。

※なお、開催日変更に伴い参加できなくなった方の参加費は全額返金します。

 

11:43

2010年10月23日

クラシック優勝者にビッグなプレゼント!

山サ竿春『竿掛・玉の柄』セットを

NHCへらぶなクラシック優勝者に贈呈!

提供:山サ竿春工房

PA130045a

PA130037a

11月23日(祝)、ひだ池で開催される『NHCへらぶなクラシック』の優勝者には、 写真のシブ~いデザインの山サ竿春『掛・玉』セットが贈られます。こちらの賞品はクラシック出場者全員にゲットするチャンスがあります。 「この賞品は抽選にせなあかん」と関西弁で訴える弱気な選手もいますが、正々堂々と勝負に挑み、実力で勝ち取ってくださいね。

このスペシャル賞品は誰が手中にするのでしょうか? 晩秋のひだ池が楽しみです。

◎竿掛は1本半物(9節・81cm/追継・20cm)。 短ザオにピッタリの長さです!

<<<ギャラリー山サ竿春>>> ←くわしくはコチラで!

PA130017a PA130009a

23:07

「A.O.Y」決定戦 & スペシャル賞品!

今年のNHCアングラーオブザイヤーには、

新色のFCメッセンジャーへらバッグセットを贈呈!

FS メッセンジャーへらバッグ2点セット ブラウン

提供:松岡釣具(MFC)

A.O.Y(アングラーオブザイヤー)とは、その年に一番活躍した選手に与えられる栄えある称号です。

A.O.Y決定戦は「へらぶなクラシック」の中で開催します。この争いに参加できるのは、NHC 「東北」「関東」「関西」シリーズの各年間チャンピオン(計3名)のみです。 クラシックにおいて最も優秀な成績をおさめた選手が2010年のA.O.Yです。

今年のA.O.Yにはナント、超軽量で耐久性と防水性に優れたMFCのへらバッグ2点セット 『FCメッセンジャーへらバッグセット』です。オシャレなカラーリングで発売以来の人気アイテムで、 今回ご提供いただいたのはこの秋にリリースされたばかりの2011年NEWカラーの「ブラウン×イエロー」。 とてもナウでポップなカラーです。

シリーズチャンプ争いから脱落した選手は、しっかりとこの素晴らしい賞品を目に焼き付けて、 来シーズンに奮発してくださいね。

<<<FCメッセンジャーへらバッグセット>>> ←くわしくはコチラ

22:30

2010年10月20日

CLASSIC エキシビジョンマッチのご案内

NHCへらぶなクラシックの前日に、

『へらぶなBIG1コンテスト』を開催!

IMG_0480

▲5月のNHC関西シリーズ・ひだ池戦のBIG1は吉村浩選手の1,230gでした。


『NHCへらぶなクラシック2010』の前日に、エキシビジョンマッチとして 『へらぶなBIG1コンテスト』を開催します。クラシックの出場者や、その同行者、 NHCメンバーならどなたでも参加できる “1匹重量”を競い合うトーナメントです。

今年のクラシックは11月23日(祝・火)で、前日の22日は月曜日のウイークデーですが、 奮ってご参加ください。クラシックには東北・関東・関西から出場権を獲得した選手が集まります。1DAY大会だけでは“もったいない” ということで、NHCメンバーの親睦会を兼ねて企画しました。みんなでワイワイ楽しみながら、 クラシックの試釣がてらBIG1を狙いましょう!

<開催要項>

開催日:2010年11月22日(月)

釣り場:ひだ池(旧桟橋)

参加費:無料(※釣り料金は各自で支払う)

競技時間:8時~15時(※途中参加あり)

参加資格:クラシック出場者と、その同行者。その他、NHCメンバー。

<競技ルール>

◎競技時間中に釣り上げた「ヘラブナ1匹の重量」で競い合う。

◎スレ掛かり(口の中以外にハリ掛かりした場合)は無効。

◎検量は魚を取り込んだ後、すぐに行うこと。 検量は何回でも行える。ハカリは桟橋中央付近に設置しておきます。

◎釣り方・タナ・エサなどの規定は、釣り場のローカルルールに準ずる。

◎釣り座は自由に選択できる。旧桟橋の空いてる場所ならどこでもOK(早い者勝ち)。

※参加申し込みは不要です。朝のミーティングも行ないません。大会スタッフにひと声かけ、 用意ができた方から釣りを始めてください。

15:32

2010年10月18日

『NHC ウインターオープン2011』開催要項

 “熱冬”へらぶなトーナメント 

 『NHCウインターオープン2011』

参加者募集!

IMG_9937

ヘラブナ釣りはウインターシーズンが熱い。

そしてこの冬も『NHCウインターオープン』を“東・西”で開催!

オープン大会なので、どなたでも参加OK!

シリーズ戦だが、スポット参戦もOK!

<<<すべてを表示する>>> ←クリックしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■関東シリーズ

   開 催 日  会 場  受 付
 第1戦 12月23日(祝・木)  つくば白水湖  6:00~6:20
 第2戦 1月10日(祝・月)  武蔵の池  6:00~6:20
 第3戦 2月11日(祝・金)  清遊湖  6:00~6:20
■関西シリーズ
   開 催 日  会 場  受 付
 第1戦 12月12日(日) 甲南へらの池  7:00~7:20
 第2戦 1月10日(祝・月)  水藻FC  7:00~7:20
 第3戦 2月11日(祝・金)  隠れ谷池  7:00~7:20
■参加費:2,000円(学生・女性:1,000円) ※別途「釣り料金」必要)
■競技時間/競技ルール(※シリーズ全大会とも3時間×2ステージ制)
   1st.ステージ  2nd.ステージ
 関東シリーズ  7:30~10:30(5匹検量ルール)  12:00~15:00(5匹検量ルール)
 関西シリーズ  8:30~11:30(総重量ルール)  12:45~15:45(5匹検量ルール)

※シカケ・サオの長さ・エサの種類は各釣り場の規定に従います。関東と関西で競技ルール・ 開始時間が異なるのでご注意ください。なお、参加人数・天候等により予告なく開始時間を変更する場合がございます。

<参加申し込み・問い合わせ>

◎参加希望者は『必要事項』を記入のうえ、『Eメール』または『FAX』でお申し込みください。 参加費と釣り料金は大会当日の受付でお支払いください。

◆NHCメンバー・記入必要事項

  参加希望大会の 「開催日」「会場名」

  参加者の「氏名」「会員番号」

 

◆一般参加者・記入必要事項

  参加希望大会の 「開催日」「会場名」

  参加者の「氏名」「住所」「電話番号」

  <<<E-MAIL>>>  FAX.06-7897-3902

※全大会とも参加予約制です。定員(関東40名/関西60名) になり次第、募集を終了します。

※キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

◎問合先:NHC事務局(TEL.06-7897-4127)


■NHC全日本へらぶなオープン2011

<東日本決勝大会>

 開催日  会 場  受 付  1st.ステージ  2nd.ステージ
 3月21日(祝・月)  三和新池  6:00~6:20  7:30~10:30  12:00~15:00

<西日本決勝大会>

 開催日  会 場  受 付  1st.ステージ  2nd.ステージ
 3月21日(祝・月)  トムソーヤ  6:00~6:20  7:30~10:30  12:00~15:00

※シリーズ戦各大会の『上位5名』と、シリーズ総合成績『上位50%』に『全日本へらぶなオープン』 の出場権が与えられます。2011年度は「東日本」と「西日本」に分けて決勝大会を開催致します。

※決勝大会は「NHC5匹検量ルール」を適用します。

※『全日本へらぶなオープン』上位選手には、『NHCへらぶなクラシック2011』 の出場権が与えられます。

※『全日本へらぶなオープン』の詳細は後日発表になります。

15:35

2010年10月 9日

10/10 釣り体験教室は中止です。

第13回 NHCヘラブナ釣り体験教室

長熊釣堀センターにて10月10日(日) に予定していましたNHCへらぶな釣り体験教室は雨天のため中止になりました。多数の参加申し込みがあったので・・・残念!

ヘラブナ釣りはとてもおもしろいゲームフィッシングなので、 機会があればぜひチャレンジしてくださいね。

See you next time!

10:34

2010年10月 7日

10/31 「関西シリーズ第6戦」開催要項。

最終戦は『底釣り限定』の5匹検量ルール!

PIC_0115 

年に一度の釣り方限定大会。前年に続き、今回も「底釣りシバリ」に決定しました。 いろいろな釣り方をマスターしてもらおうと始まった『釣り方限定』企画なので、「底釣りなんてやったことがないよ~」という方も、 この機会にぜひチャレンジしてください。

今年は釣り方を変えた方がいいのかな、と考えていましたが、底釣りのリクエストが一番多くありました。 関西のメンバーはやっぱり「底釣り大好き」という方が多いですよね。

「底釣り」とひと言でいっても、両ダンゴに両うどん、両グルテン、 ペレット系のグルダンゴなどいろいろなエサがあるし、段差の底釣りもOKです。そして、 あらゆる底釣りスタイルに勝機があるのが今大会の会場「甲南へらの池」です。昨シーズンはクォリティーの高いキロクラスが多数放流され、 今年も新べらに期待したいところです。

水深はほぼ平均していて、11~12尺の天々(チョーチン)で底が取れます。 注意事項は底が掘れやすいことと、魚が上ずりやすいことです。底釣りの経験があまりない方は、 ドシドシNHCインストラクターやベテラン選手に質問してください。ベテラン選手の皆さん、ご指導よろしくお願いしま~す。

クラシックの出場権が懸かっている方は、気合を入れすぎて空回りにご注意ください。

<競技ルール>

◎釣り方は、底釣り限定(※底に着いたエサを食わせることを心がけてください)。

◎「段差の底釣り」も底釣りに含む。ただし、 バラケ(ダンゴ)に食ってきた魚はキープ不可。

◎第1、第2ステージとも「NHC5匹検量ルール」を適用 (トータル重量で順位を決定)。

<開催要項・注意事項>

◎開催日時:10月31日(日)

◎釣り座:3号桟橋(事務所から遠い方の浮き桟橋) 。両面使用。

◎竿規定:15尺まで( 11~12尺の天々で底がとれます)

◎釣り料:¥2,000

◎甲南へらの池: TEL.0748-86-1127

<タイムスケジュール>

◎受 付:6時~6時20分

◎ミーティング:6時30分~

◎第1ステージ: 7時30分~10時30分

◎第2ステージ:12時~3時

12:57

10/31 「関東シリーズ第6戦」開催要項。

エキサイティングな羽生吉沼で最終戦!

P5300007

NHC関東シリーズのファイナルゲームは大型へらで人気の羽生吉沼で開催されます。 新べらが入るという情報があるので、へら鮒社ホームページの釣場新着情報をチェックしてください。

昨秋のクラシックではボソボソのグルテンを長ザオで打ち通して前山智孝さんが見ごとな優勝を飾りました。長ザオ・ 沖宙が爆発するのか、短ザオでコツコツ釣る方がいいのか、結果は神のみぞ知るセカイです。 いろんな釣りでビッグウエイトが出せる羽生吉沼なので、いい釣りで最後の一番を締めくくってください。

この日は関西でもシリーズ戦が開催されます。 あまり吉沼を宣伝すると関西のメンバーが遠征してしまうとヤバイので、このへんにしておきましょう。

↓羽生&加須吉沼の情報はコチラで!

<<<へら鮒社・釣場新着情報>>>

<開催要項>

◎開催日:2010年10月31日(日)

◎釣り座:赤城桟橋(事務所に一番近い桟橋です)

◎釣り料金:2,500円

<競技ルール>

◎1ステージ3時間の2ステージ制

◎第1・第2ステージともNHC5匹検量ルール(入れかえナシ)

◎竿:8~21尺

◎タナ規定:ナシ

※エサは生エサ以外使用可。オカメ(各麩)も使用できる。

<タイムスケジュール>

◎受付:6時~6時20分

◎ミーティング:6時30分~

◎第1ステージ: 7時30分~10時30分

◎第2ステージ:12時~15時

00:44