日本ヘラブナクラブ

ホームへらぶな釣り場ガイド

2012年11月20日

甲南へらの池

PB030007

関西きってのトーナメントフィールド。

魚のクォリティーはピカイチ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PB030040 PB030112

釣り場データ
所在地 滋賀県甲賀市甲南町柑子1451
TEL 0748-86-1127
アクセス 新名神「甲南」I.Cから5分
営業時間 4~9月 日・祝→6:00~17:00/ 月~土→6:30~17:00
10~3月 日・祝→6:30~16:00/ 月~土→7:00~16:00
※定休日: 毎月第3金曜日
料金 1日:2,100円 半日:1,500円(半日は始業時~12時/ 11時~終了時)
※女性・高校生以下・ 満70歳以上は500円引き
釣り規定 竿:7~15尺
タナ:規定ナシ
ハリ: スレバリ8号以下に限る
エサ:生エサ以外自由(但し、 市販の釣り専用エサに限る)
特典 団体予約10名以上で1日無料券1枚進呈
フラシを使用しなければサービス券1枚進呈 (10枚で1回無料)
イベント 池主体の月例会を開催(参加費3,000円・昼食付き)
釣り教室(アングリングスタディー) を毎月最終土曜日に開催(集合6時30分・無料)
毎日、大助賞あり
その他のデータ 食堂あり(一番人気はカツカレー。サービスの漬物がグッド)
標高: 226.5m
年平均気温: 13:2℃
釣り座数:217/桟橋4本(浮き桟橋2本・ 固定桟橋2本)
開業: 平成9年11月

甲南へらの池はメーカー主催のイベントも多数開催され、NHC関西シリーズのメイン会場の一つだ。

桟橋は浮き桟橋2本、固定桟橋が2本。水深は全体的にかわらず、 浮き桟橋の水深は3.60~3.70m。平均して段底で12尺、ノーマル底で11~12尺で底がとれる。固定桟橋は15度の傾斜になっていて足下は浅くなっている

PB030024

 

事務所のある側から1号・2号・3号・4号桟橋となる。

2・3号が浮き桟橋。

 

 

釣り場の特徴は、あらゆる釣りが楽しめ、クォリティーの高い魚が入っているため爆発力を秘めていること。底・宙・浅ダナ、すべてOK。短竿のカッツケ、チョーチン、段底、長竿のペレ宙、バラグル、両グル、ノーマル底と季節によって傾向はあるが、すべての釣り方がウイニングパターンになる可能性を秘めている。

ペレット系のエサが効く釣り場で、高活性時期には長竿のペレ宙でダイナミックな釣りが楽しめ、ペレ底で大型がよく上がっている。両うどんのファンも多い。

底釣りはすべてOKだが、やや魚が上ずりやすく、底が掘れやすいので要注意。

新ベラは晩秋だけでなく、水が温む3月中旬~4月ごろもおもしろい。

大型を狙って出かけたい釣り場、それが甲南へらの池だ。


 <池主催・月例大会>

1~12月まで毎月池主催の大会が開催され、どなたでも参加OK。参加費は3,000円(昼食付き)。

日曜日・祝日開催だが、毎月第●日曜日といったように特定の週は決まっていない。 12月は決勝大会として開催される。

1年を通して、受付開始・6:00/釣り座抽選・6:30/競技開始・ 7:00


 <食堂メニュー>

 PB030011 PB030018 

人気ランキングは・・・

1位:かつカレー/2位:うどん定食/ 3位:ラーメンライス(※漬物がおいしいです)

PB030071 PB030070 PB030069

▲2012年NHC関西チャンピオンは「かつカレー」が好物です。

<釣り教室>

PB030015

 

『アングリングスタディー』毎月最終土曜日開催中!

名手・西田美明さん、井上 彰さんの釣り教室です。

 


 <オーナーからひと言>

釣りに来ていただいた方に満足してもらえるように、いつも最良のコンディションになるよう心がけています。管理釣り場といっても魚の機嫌がわるい日もありますが、「魚が少ないから釣れない」ということがないように放流に力を入れています。釣りを終えて、「あ~楽しかった」というお客さんの声が一番うれしいですね。ぜひ、大型カワチブナの引きを堪能してください。

  PB030027

オーナーの田畑さんご夫妻。

 

 

 


<こぼれ話>PB030003

 

 『甲南へらの池』の名付け親は、ヘラブナ釣り界の発展に努めてきた故・門倉親水さん。『甲南へらの池』という屋号に『の』の字 が入ることが大事なんやと言われたとか。確かに、「甲南へら池」「甲南へらぶなセンター」ではありきたりでそのネーミングにナットクです。

オーナーの田畑さんはもともとヘラブナ釣りファン。一緒にこの釣りを楽しんでいた叔父さんと田んぼを利用して自分たちが楽しむ釣り池を作ろうという話が持ち上がり、どうせ池を作るなら多くの釣り人来てもらえる管理釣り場にしようということで誕生したのが『甲南へらの池』だ。

田畑さんは池の管理が本職かと思いきや、なんとサラリーマン。池におられるのは日・祝のみ。田畑さんはとても働き者だが、もっとビックリなのがスーパーウーマン・田畑夫人活躍ぶり(しかもキレイ)。ここを訪れる釣り人が楽しみにしている食堂を切り盛りし、桟橋や釣り場をいつもきれいに管理されている。「この奥さんと結婚してなかったら、この池はたぶん運営できんかったわ」と田畑さん。とても仲がいいご夫婦です。

2012年11月20日 11:04