日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより >NHC最年長優勝記録

2017年11月12日

NHC最年長優勝記録

RIMG646478歳10ヵ月と7日。

袋瀬麻生名人が頂点に!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


RIMG6486


袋瀬麻生さん。昭和14年1月4日生まれ。

知る人ぞ知る、伝説のうどん師。

第2回G杯争奪全日本へらぶな釣り選手権優勝(昭和55年)他、武勇伝は数えきれない。

だから、まだまだ現役だけど、レジェンドなのです。

G師匠(後藤田義臣さん)の師匠ですからね。


RIMG6519


そして今回(11月11日)の第7回NHCうどん底釣り大会でやってくれました。

NHC最年長優勝記録を大幅に更新。

主催者が言うのも何だけど、この大会はかなりレベルが高い。

78歳10ヵ月と7日の優勝。とんでもない記録です。

年が明けたらすぐに満79歳ですからね。


RIMG6461


大会当日は、第1ステージ(総重量競技)は8,390gでダントツの首位。

第2ステージ(5枚重量競技)は1,920gで4位。

730gでビッグフィッシュ賞1位獲得。

パーフェクトに近いスコアでした。


RIMG6491


この日、圧巻だったのが第2ステージ終了間際。

怪力のスギトヨさんが70cmぐらいのソウギョを掛けたときでした。

やっと水面まで浮かしてその姿を確認したら、玉網に入りそうもないサイズ。

そこで袋瀬さんは「よっしゃ、フラシで掬たろ!」とフラシを手に待ち構えました。

あと少しのところでハリスは切れましたが、「魚を獲る」というその衰えぬ執念が笑いのツボにハマりました。

いや~、こんな元気な78歳はいないでしょ。(笑)


RIMG6501RIMG6499


「勝負ウキを見せてください」とお願いすると、

「恥しいな~」とウキケースから極太のセルパイプトップの愛用ウキを取り出してくれました。

この極太トップを使用するようになって釣果がUPしたそうです。

「あんなに釣れるウキなのに、なぜセルパイプは流行らないの?」とG師匠に尋ねると、

「あーちゃんのウキは誰も使いこなせない。あのゼロナジミ、ゼロ返しの釣りは名人芸なんですよ」

とのことでした。横で見ていると扱いやすそうだけど、奥が深そうです。


RIMG6507


袋瀬名人はNHCうどん底釣り大会に第1回から毎回出場。

「来年も生きてたら出たいな」と毎回お決まりのブラックジョークを飛ばしてくれ、ついに7回目にして優勝!

とてもユーモラスな方で、優勝者インタビューでも笑いをとってくれました。


RIMG6516


この日の最後は会長を務める「どんぐり会」の仲間と優勝記念撮影。

またまた武勇伝が一つ増えた一日でした。(事務局 K)


2017年11月12日 07:47