日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより >魚たちの敬老の日

2017年9月16日

魚たちの敬老の日

RIMG5533一緒に住んで早6年。

カワアナゴ、元気です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

img_20110813T210310906  6年前の8月に自宅の前を流れる大川(旧淀川)で釣り上げたカワアナゴ。

テナガエビ釣りをしていると、ちょくちょく掛かってくる。

名前も知らない魚だったけれど、コイツと出会ったときは我が家の水槽が空き家になっていました。

そこで数匹釣れた中から一番小さいのを1匹だけバケツに入れて持ち帰りました。

あれから6年ちょっと。大阪の暑苦しい夏を何度も越し、病気もせずに暮らしています。

釣り上げたときの体長は7.5cm。今は20cmちょっと。

住み心地がいいのか悪いのかは分かりませんが、すくすく成長しています。

図鑑を見ると寿命は4~5年だから、人間の年齢にあてはめると100歳ぐらいでしょうか。

最初は「ブサイクな魚やな」と思いましたが、「ブスも3日見れば慣れる」とはよく言ったものです。RIMG5538 (1)

思っていた以上に気性が荒く、ちょっと強面なので、時間が経つにつれ「精悍やな」と思うようになりました。

今では大好きな友だちの一人です。

週1回の水かえだけで特別な世話はしていません。

エサも最近はクリル(乾燥エビ)だけ。

年寄りになったせいか動きが鈍くなりましたが、まだまだ食欲は旺盛です。

魚も人間も健康な老後を送りたいですよね。

敬老の日にはヌマエビの踊りをご馳走してやろう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

目指せ、80歳現役バリバリ!

 

この5~6年はNHCの会員数が少しずつ増加しています。

ただ、平均年齢は毎年上がっています。

若い釣り人が少ないし、ヤングなヘラ師もキャリアを積んだ人が多く、新たに始める人が少なくなってきました。

まぁ、これは釣りに限らず、ゴルフやスキーなども同じ。

健康寿命を延ばすことが一番の対策なのかな、と思う今日このごろ。

みんなで80歳現役を目指しましょう。(事務局 K)


2017年9月16日 18:31