日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより >アメナマ調査、継続中!

2017年8月30日

アメナマ調査、継続中!

RIMG5578へらエサへの反応が活発化。

近畿大学も毎月調査を実施。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

RIMG5586布目ダムで釣りを楽しんでいる人にとって、アメナマの繁殖状況や生態はとても気になるのではないでしょうか。

国内のダム湖では矢作川水系で繁殖しているけれど、ヘラブナ、ブラックバス、ワカサギなどの釣り場になっているダム湖での繁殖例はありません。

アメナマはとても繁殖力が旺盛でしかも貪食。布目ダムのような小規模のダム湖で爆発的に増えれば、釣り対象魚に何かしらの影響が出てもおかしくはないでしょう。

NHCでは関係各所と協力して、昨年の6月、今年の7月に布目ダムで繁殖するアメリカナマズの釣獲調査釣り大会を開催しました。

でも、まだまだ分からないことばかり。ヘラブナやワカサギへの影響も心配なので、私自身も注意深く布目ダムを見守っています。

奈良県からの要請でアメナマを調査研究している近畿大学では、食性の解析や産卵行動(生殖器)、電波発信機による行動範囲などを定期的に調べています。

今のところヘラブナやワカサギなどの漁業権魚種へ大きなダメージを与えていませんが、ダム下流域(木津川・淀川)への拡散が心配です。



RIMG5582RIMG5581


■ 研究サンプルのアメナマ収集。


8月26日(土)、アメナマを調査研究している近畿大学の学生たちがアメナマを採集するというので、私も協力がてら布目ダムへヘラブナ釣りに行ってきました。

その前週も布目ダム(釜淵の岬)でヘラブナ釣りをしたのですが、その際は空バリや浅いタナでアメナマが釣れるなど、これまで以上に繁殖しているように感じました。

近大生たちはいつもダムサイト下流の布目川でアメナマを採集していますが、このエリアで捕まえられるのは60~70cmクラスの大型ばかり。

小型の食性も調べたいというので、私はダム湖でブッコミ釣りとヘラ釣り仕掛けで小型を狙ってみました。




■ 豪雨の直後に魚が消える?RIMG5588


早朝にサクサクッと小型アメナマを釣る予定でしたが、この日は夜明け前からゲリラ豪雨。しかも雷ゴロゴロ。

天気が回復するまで車で待機し、8時ごろから釣りの準備を始めました。

まずはエサ用の小型のギルを狙ったのですが、ギルの姿がぜんぜん見えません。

前週はギルが沸いていたのに、水際にはヨシノボリがちょろちょろしているだけ。

おそらく大量の雨水流入によるペーハーショックだと思うんだけど、1時間ほどギルも釣れませんでした。

でも、次第にギルも動き出し、ギルをエサにしたブッコミ釣り開始。

たまにアタリがあるのに根掛かりばかり・・・。

思うようにアメナマが釣れないのでヘラ釣りの準備をはじめると、ヘラ仕掛け(タナ1本半の)に1匹目のアメナマが食ってきました。狙い通りの25cm。

タナを深くすればもっとアメナマが釣れるかなと15尺のチョーチンで狙ってみると、もうそこからはアメナマが入れ食いでした。



 

■ 根掛かりの多い場所ではウキ釣りが有効!RIMG5584

 

アメナマ釣りはブッコミ釣りが一般的で、簡単に大物釣りが楽しめます。

ただ、ダム湖は水際が急峻で、立ち木や岩がゴロゴロしている場所では根掛かりが多くなります。

そんな場所ではウキ釣りが効果的です。

70~80cmクラスもいるのでヘラ竿はオススメできません。

専門に狙うならコイ竿や磯竿、シーバスロッドなどを使うと安心です。

竿が短い場合は遊動ウキを使うといいでしょう。

ハリは丸セイゴの14~15号が標準です。

エサは鶏キモやサバの切り身などがいいと言われますが、ブルーギルなど現地で調達できる小魚もエサになります。

そして、意外と有効なのがヘラエサ(練りエサ)です。一般的なダンゴエサに底釣り用やペレット系のエサを多めに混ぜるといいでしょう。

じっくりと待てるように、少し練り込んでハリ持ちをよくしてやります。

ダンゴ(練りエサ)のウキ釣りは大型が少ないけれど、集魚力が高いのかブッコミ釣りよりも数釣りが楽しめます。

昨年は9~10月上旬にとてもよく釣れたアメナマ。

これからがベストシーズンなので、チャレンジしてみては?



RIMG5593■ 午後からのヘラブナ釣りは尺前後が5枚


アメナマ釣りは意外と手こずりました。

サンプルの魚を学生に届け、昼過ぎから夕方までヘラブナ釣りを楽しみました。

前週はジャミ(ギル)で苦労したし、この日は釜淵の岬を独占できたので、マッシュで押し通すことにしました。

タナは一本半からスタート。ハリは18号。ハリスは50-65cm。

幸先よく1枚目が釣れたので2ケタは釣れるかなと思ったけれど、前週に続いて激シブでした。

ハリが大きいのでギルに飲み込まれることはほとんどありませんが、ヘラRIMG5590も見向きしてくれません。

「これだったらダンゴの方がよかったかな」と思いつつ白エサで押し通し、小型が5枚で終了。

「今日はアメナマがメインやし、このへんにしといたろっ」と納竿しました。

実はここだけの話、今年はまだ38cm以上のヘラブナを釣ってないんですよね。

だから野釣りダービーにも未エントリーなのです。(情けなか~)

アメナマ、ワカサギ、アユ・・・と不倫しているのがヘラブナにバレているのかな?(事務局 K)


RIMG5595RIMG5597RIMG5579


2017年8月30日 17:34