日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより >ヘラ釣り上達への近道

2017年8月 9日

ヘラ釣り上達への近道

RIMG5428水藻FCで月イチ特訓しませんか?

麻野昌佳さんの教室へ参加。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RIMG5428


大阪府貝塚市にある水藻フィッシングセンターで毎月第一日曜日に開催している『麻野昌佳 ステップアップ 教室』に、思うところがあって参加してきました。

この教室は名手・麻野昌佳さんが現場で的確なアドバイスをしてくれる人気のヘラブナ釣り教室。ここで上達した人が関西にはたくさんいます。

麻野さんは「アサニー」と呼ばれ、関西のヘラブナ釣り界ではアニキ分的な存在なのです。



RIMG5418RIMG5430

 

今回、ステップアップ教室に参加しようと思ったのは、8月11日(祝)、山の日に開催されるNHC甲南戦が控えていたからです。

「そろそろ万年ビギナーを卒業しないとな~」と思いながら、マルキユーさん提供の『へら鮒天国』をチェック。

すると、『麻野昌佳のヒゲトロセット釣り』の解説が目に飛び込んできました。

釣り場は違うけれど、直前に開催されるこの教室でヒゲトロを練習してみることにしました。

自分自身のヘラブナ釣りは、ほとんどが両ダンゴ、両グルテン、両うどんの釣り。

いろんな釣りをするのでヘラブナ釣りに行く回数が限られ、ビミョーな感覚でエサの調整を求められるセット釣りはどうも苦手。どうしても共エサや底釣りに走ってしまいます。

ただ、ヒゲトロには以前から興味がありました。これは自分の思い込みかもしれないけれど、同じ尺数、同じタナを狙った場合、ヒゲトロの方が少し型がイイように感じていたからです。

これって、NHC(5枚重量競技)においてはかなり有利?

夏の甲南だったらこれまで迷うことなくペレ宙一択でしたが、少しでも上位に入ろうというスケベー心で今回は長竿のヒゲトロセットを軸に考えてみることにしました。




<朝のミーティング>

「結果を追い求めるなら、固定概念を捨てるべし」 by アサニー

RIMG5413

この日は台風5号襲来の前日。大阪は台風の東側に入り、南東の風によるフェーン現象で最高気温は37℃を突破しました。

朝のミーティングでは、関東の遠征から帰ってきた麻野さんから、関西の釣り場はもちろん、関東のメジャー釣り場もとても厳しい状況だという話がありました。

「夏だから両ダンゴ」、「夏はトロガケしていたら間違いないだろう」というような固定概念で釣りをしていたら結果が伴わない。結果を出している人はやはりいろんなことを考えているとのことでした。

あ~、耳が痛い。



RIMG5429RIMG5425

▲みなさん暑さ対策も万全でした。



「チョーチンよりも浅ダナの方がボソが必要」


RIMG5415水藻FCではヒゲトロよりも固形セットで結果が出ているとのことだったが、この日は甲南戦でグッドサイズを狙うというテーマがあったのでヒゲトロの練習をしました。

ほとんどやったことがない釣りなので、まずは7尺チョーチンから入り、本命の15尺浅ダナを練習しました。

エサはアサニー先生の配合そのまま。

スーパーセット[2] + パウダーベイト[1] + セット専用[1] + とろスイミー[0.25] + 水[1] + GTS[1]

トロロは何でも一緒かなと思っていたら、持参したトロロの繊維が弱く、麻野さんにもらったハードタイプの方が使いやすかったです。

釣果はポツポツ。退屈しない程度に釣れましたが、お昼からフラシを掛けて8.4kgだったから、ぜんぜんダメダメです。

先生からもっとボソを利かせて。浅ダナやるんだったらチョーチンのように(竿をしゃくったりして)ごまかしが利かないので、ボソっ気が必要だとアドバイスをもらいました。

でも、この日は魚の寄りがわるく、ぜんぜんボソっ気が足りなかったようです。

この日よく釣っていた人はかなり硬ボソでした。

そして、ヒゲトロセットはハリを大きくする傾向にあるそうですが、この日は3~4号の小バリがよかったようです。

あ~やっぱりすべてその日の状況次第。セット釣りは難しい。



RIMG5436RIMG5435

 

<最後のミーティング>

「食い渋ったらエサを軟らかくした方がイイ、とは限らない」 by アサニー


釣り終えてからは参加者全員で今日の釣りを振り返りました。

結果を出した人がエサの配合や釣り方、仕掛けを紹介し、当日有効だった釣りをみんなで話し合いました。

う~ん、タメになる話ばかり。

やはり硬ボソのバラケがこの日のキーポイントになりました。

アサニー先生も「食い渋ったらエサを軟らかくして失敗するケースが自分自身でもよくある」と言われてました。

エサの硬い、軟らかい、硬ボソ、ネバボソなど、エサの状態を表現する言葉はいろいろあるけれど、それも個々それぞれに基準が違うということを留意しておくべきとのことでした。

できれば釣っている人のエサを触らしてもらって自分で確かめることが一番だそうです。



RIMG5417RIMG5419RIMG5420RIMG5421RIMG5426RIMG5432



みんなで答え合わせをするのが楽しいステップアップ教室

 

ヘラブナ釣りって、簡単そうで難しい。

いろんなことを吸収していかないと上達は難しい。

みんなで考えるステップアップ教室は、やっぱり上達への近道です。

この釣り教室は、釣り料のみで気軽に参加OK。

仲間も増えるし、「上達したい!」という方にオススメです。




<<< 麻野昌佳 ステップアップ 教室(水藻FC) >>>


<<< 麻野昌佳 ヒゲトロセット釣り >>>




<P.S>

さぁ~、夏の甲南戦はアサニーに教えてもらったヒゲトロで優勝を狙うぞ~。

1日ぐらい練習してもダメですよね。(事務局 K)


2017年8月 9日 14:50