日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2017年4月
« 2017年3月 | メインページ | 2017年5月»

2017年4月30日

これからの釣り人誘致

pic01_02和歌山県漁連の情熱と

釣り業界のバックアップ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

wakayama


NHCのホームページに突然『わかやま友釣り塾』のバナーが貼られ、

「あれ?」と思われた方も多かったのではないでしょうか。

へらぶなクラブのホームページなのに、ワカサギ釣りに続いてアユ釣り情報・・・。

「事務局Kさん、このごろちょっとヘン?」という声が聞こえてきそうです。(笑)

変人なのは今に始まったことではありませんが、

実はこの夏、和歌山県のアユ釣りに注目しています。




和歌山県の漁協が生き残りをかけた釣り人の誘致事業

なぜ和歌山県のアユ釣りに注目しているのか。

それは、同県の内水面漁業関係者(漁連と漁協)が本気で釣り場環境整備や釣り人の誘致に取り組んでいるからです。

その熱い活動を支援しようと、グローブライド、シマノ、がまかつをはじめとした大手メーカーや釣具量販店、釣り雑誌の出版社など、業界企業が協力しています。

私自身も同漁連を昨年の春にお伺いし、その画期的な事業内容をお聞きしてから、

「NHCでも微力ながら応援したいな」という思いが強くなりました。

西日本では内水面の漁連や漁協が釣具業界とコラボで活動するケースが少なく、この和歌山で始まった釣り人を育て、誘致する事業は未来に繋がるモデルケースになると感じました。



20170117-002136-3029920020160302-144011-87748000_220141221-210057-81172600_2


これまでになかった釣り人へのサービスを開始!

和歌山県漁連が取り組んでいる事業は、

<1> 釣り場の環境整備(アユの養殖や魚道の整備)

<2> 釣り人の育成(友釣り塾の開催)

<3> AYU 友 U-30キャンペーン(期間限定で30歳以下の遊漁料無料化)

<4> 釣り情報の発信(新しい釣果情報をホームページに随時UP)

<5> 現場での釣具のレンタル

<6> アユのルアー釣りエリア開設

<7> 尺アユの剥製サービス

などです。



詳細は、昨年の「事務局だより」で紹介しているので、リンクしておきます。

<<< 内水面漁業は、こうあるべき(2016年4月) >>>

<<< 10年後の釣り界(2016年5月) >>>



釣り場環境整備はコラボの時代。

アユは内水面漁業を支える大黒柱的な釣り対象魚です。

そのアユ釣りの愛好者が減少し、高齢化が進んでいることは、

内水面漁業の危機を意味するといっても過言ではないでしょう。

この傾向はアユ釣りに限らず、ヘラブナ釣りも同じです。

ゴルフやスキーなどの人気のレジャーも含め、

「愛好者減少と高齢化」に歯止めをかけられない状況です。

内水面漁業はアユや渓流漁、ヘラブナ、ワカサギなど、そのほとんどが放流によって魚資源をキープしています。

釣り人(遊漁料収入)が減少すれば当然ながら放流予算を削らなければならず、

この先ますます釣り場の運営が難しくなります。

魚さえ放流すれば釣り人が来てくれる時代は20年前に終わり、これからはいかに効率よく釣り場環境を整備するかにかかっているといえるでしょう。

漁業関係者と釣り業界、そして釣り人や自治体が協力してどこまで釣り環境を向上させることができるのか。

これからの内水面漁業活性化のヒントがありそうなので、この夏は和歌山で始まった釣り人の誘致事業を追いかけてみることにしました。

私自身も二十数年ぶりに本気でアユ釣りを楽しんでみようかなと思っています。

果たして、体力がついていくのでしょうか。(事務局 K)



pic01_02_3_3← くわしくは、和歌山県内水面漁連HPで!



16:23

2017年4月18日

軽の1BOXは最強 !?

IMG_9492『釣り車』をコスパで選ぶなら、

エブリイバンはNo.1かも。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_9497

 

釣り仲間の F くんの車があまりにも使い勝手がよさそうなので、写真をバチバチ撮ってきました。

車種は軽の1BOX。スズキのエブリーバンです(4ナンバー)。

F くんはXトレイルも所有していて、この車は奥さんの買い物用 & 釣り用。

車中泊するときにエブリーの出番となるそうです。

いわばセカンドカーなのですが、1年半で走行距離はもうすぐ8万km。

う~ん、釣りに行きすぎでしょ。(笑)


img1


エブリイはもともと荷室が広く(軽キャブNo.1)、燃費はJC08モードで20.2km/L。

軽の1BOXって燃費がわるいというイメージがあるのですが、

高速で普通に16~17km/Lも伸びるそうです。

この車、燃費でも軽キャブNo.1!


IMG_9491IMG_9495


Fくんはパイプでステーを組んで高床式に改造。ちなみに改造費は5,000円ほど。

前の部分のパイプステーは簡単にバラすことができ、後席もすぐに起こせます。

床下のコンテナボックスを購入してから床の高さを決定したそうで、床下にも十分な収納スペースがあり!

車高があるため胡坐をかいでも頭が天井に当たらないほど十分な空間があります。


IMG_9493IMG_9494


ワゴンタイプ(5ナンバー)もあるけれど、フルフラットにしたいなら断然バンタイプだそうです。

ターボは燃費がわるくなるので、コスパを考えるならノンターボがオススメとのことでした。

バンタイプなら車両価格は100万円ちょっとと聞いてさらにビックリ。

最近の軽は高価になったので、コスパで選ぶならエブリイバンは最強ではないでしょうか。

私はスバル党で決してスズキの回し者ではありませんが、ジムニーやハスラー、ワゴンR、スイフトなど、スズキって個性的で魅力のある車が揃ってますよね。

最近ちょっとスズキが好きになってきました。(事務局 K)



IMG_9485IMG_9484

<P.S>

Fくんの奥さんにモデルとして寝ころがってもらいました。

顔出しはNGなので、お尻だけ出演してもらいました。

とてもセクシーな靴下です。(笑)



<<< エブリイ 商用車 >>>


20:19

2017年4月13日

軽のキャンピングカー

IMG_8680『テントむし』のNEWモデル。

その快適性はホンマモン!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_8634

「いつかは、キャンピングカー」

軽ならその夢が叶うかも!


先日の日曜日(4/9)に『全国縦断チャリティつり祭り』という釣りイベントが北九州の遠賀川で開催されました。

その会場で展示されていたのがNEWモデルの『テントむし』です。

以前にも紹介しましたが、軽トラをカスタマイズしたキャンピングカーです。

写真のテントむしは新型だそうで、ベース車はダイハツハイゼット。

ドア回りや窓がカッコよくなっていました。

乗車定員4名で、ポンプアップテントを使えば大人4名が無理なく就寝できます。

とってもカワイイのに、室内は広くてとても快適!

ただ寝るだけなら『マット + 寝袋』で十分なのですが、くつろげる空間を求めるならキャンピングカーですよね。


IMG_8627IMG_8688IMG_8684


この展示車にはソーラーパネルやトレーラーを牽引するヒッチメンバー、AVセットが取り付けられているので総額380万円ぐらいだそうです。

少し高いと思われる方もいるでしょうが、その装備や収納、電気系統など、実物を見ればナットクの価格です。

使用頻度の高い人なら、きっと安い買い物です!


IMG_8675IMG_8632IMG_8628


日本では自動車の新車販売数が伸び悩んでいるのですが、キャンピングカーに限ってはその市場はどんどん広がっています。

この10年でキャンピングカーの数は2倍近くにもなり、軽のキャンピングカーはその中でも注目度No.1!

最近のアクティブシニアは行動力があるので、リタイヤしてから夫婦でキャンピングカー旅行をする人も増えているそうです。

 

<<< 日本RV協会 キャンピングカーの市場動向 >>>

 



そして、釣り人なら誰もが憧れるのがキャンピングカー釣行。

宿泊を予約するのは面倒だし、なかなか計画通りにいかないのが釣りという遊び。

天候や釣況に合わせて行き先を変更したいときにもキャンピングカーなら心配ご無用。

維持費や保管場所に制限がある人も多いでしょうが、軽なら頑張れば手が届きそう。

400万円くらいのプチ高級車よりも、テントむしの方がイイという人もいるでしょうね。

自分自身、リタイヤしてからのマイカーは、テントむしも選択肢の1つです。

桜前線を追うように、ヘラブナを釣りながらキャンピングカーで日本列島を北上したいですよね。

あと少し、がんばって働こっと!

私と同じことを考えている人も多いと思い、写真をたくさん撮ってきました。

(キャンピングカーオーナーを夢見る事務局 K)


詳細は、バンショップミカミのホームページで!



IMG_8662


バンショップミカミの若旦那、見上祥太さん。

釣りが大好きなサンラインサポートプロです。


<<< バンショップミカミ >>>

 


IMG_8629IMG_8633IMG_8635IMG_8660IMG_8657IMG_8659

IMG_8670IMG_8671IMG_8672IMG_8679IMG_8680IMG_8690

IMG_8689IMG_8829IMG_8670IMG_8686IMG_8827IMG_8634

IMG_8676IMG_8683IMG_8673IMG_8685


15:28

全国縦断つり祭り 開幕!

IMG_8708みんなで楽しむ釣りイベント。

北九州・遠賀川からスタート!

 

◎主催:全国縦断つり祭り実行委員会

◎後援:公益財団法人 日本釣振興会/一般社団法人 全日本釣り団体協議会

◎リポート:NHC事務局 K

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_8755IMG_8816IMG_8825


今年で3年目となる『全国縦断チャリティつり祭り』。

「釣り好き、集まれ!」を合言葉に、今年も全国8会場で開催されます。

このイベントは子どもたちやファミリーでも楽しめるアトラクションがいっぱい。

釣り大会もいろんな部門に分かれていて、豪華賞品がいっぱいです。

お近くで開催されるときはぜひ参加してくださいね。


IMG_8776IMG_8802IMG_8811


主役は子どもとブルーギル!

NHCはこのイベントで釣り体験コーナーを担当しています。

「子どもたちにリアルな魚の引きを味わってもらおう」ということで、釣具を無料で貸出ししています。

今年の第1回目となる遠賀川会場(4/9)でも、子どもたちと一緒にブルーギルやマブナ釣りを楽しんできました。

プラスチックのアヒルやスーパーボールを釣るよりも、やっぱり生きた魚に触れてほしいですからね。

今回もブルーギルのファンサービスで子どもたちが大喜び。

釣り体験イベントをすると、ギルの偉大さに気付きます。(笑)

みんなで釣りを楽しみましょう!(事務局K)



2017年 『全国縦断チャリティつり祭り』 開催スケジュール

開 催 日   会 場
第2回 5月21日(日) 紀の川・田井ノ瀬(和歌山県)
第3回 5月28日(日) 河口湖・大池公園(山梨県)
第4回 6月25日(日) 江戸川放水路(東京都)
第5回 7月2日(日) 芦田川(広島県)
第6回 8月6日(日) 前川ダム(山形県)
第7回 9月17日(日) 舞洲スポーツアイランド(大阪府)

f_fes2015_mainV-thumb-640xauto-19689_2

 

← イベント開催要項はこちら!

 

 






12:14