日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより >水都大阪の屋形船

2017年2月17日

水都大阪の屋形船

IMG_0391少しは親水になっているのかな?

町中クルーズもいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_0382IMG_0392


江戸時代、「八百八橋」と謳われた浪華(なにわ)の都。

大阪城の周りにはたくさんの堀と、それに架かる橋がありました。

昔の人は今以上に水に親しんだ生活を送っていたんでしょうね、きっと。

そんな水都大阪ですが、実はなかなか水に親しめない悲しい街なんです。

公園の池にはほとんど『立入禁止』のタテ看板・・・。

関東のように釣りができる池はごく一部です。

釣り人は確かにマナーが悪いですが、どこもかしこも立入禁止にするから、

「規則を破る人がいるのかな?」と思うことがあります。


IMG_0418IMG_0428


大阪に屋形船が登場したのも、実は最近のことです。

「一度乗ってみたいな」と思っていたら、小学校の同窓会でチャーターすることになりました。

先週の日曜日(2/12)、八軒家浜(天満橋)から毛馬閘門までをゆっくり2時間かけてクルーズ。

IMG_0403美味しい弁当と飲み放題・歌い放題セットで税込み9,180円でした。

まぁ、こんなもんでしょうか。

大川(旧淀川)に人工砂浜の公園ができたり、屋形船があちこちに浮かび、大阪も少しずつ水都らしくなってきました。

東京の風景には屋形船はあたり前のように溶け込んでますが、大阪はまだまだですかね。

釣り好きからすれば、もう少し釣りザオを振るスペースを作ってもらえるとうれしいのですが・・・。

大川はコイ釣りの人気釣り場ですが、遊歩道からの釣りになります。

楽しんでいる人には申し訳ないですが、少し見っともないかな。

春になるとコアユがよく釣れる毛馬閘門の護岸も残念ながら立入禁止。

水辺で自由に遊ぶことができてこそ、真の親水と言えるのではないでしょうか。

「水辺は危険だけど、楽しい場所」であることを伝えていきたいですね。



<P.S> 同窓会

小学校を卒業して43年。みんなオジさん、オバさんでした。

自分だけが若いつもり。(笑)

年がら年中、釣りでストレスを発散しているからだろうか、

「一番変わってない」と言われました。(事務局 K)


2017年2月17日 21:12