日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより >Fショーに見る少子化対策

2017年2月 6日

Fショーに見る少子化対策

RIMG3435子どもも楽しめる釣りイベント。

今年はさらにパワーアップ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


RIMG3376

毎年恒例の『フィッシングショーOSAKA』へ行ってきました。

2月3日(金)が業者日、4~5日(土・日)が一般公開日。

会場はインテックス大阪です。

今年から展示スペースが広くなりました。

昨年まで人気のブース周辺の通路がごった返し、「ゆっくり見れな」いという声も多かったそうです。

今年は通路が広くなり、休憩ゾーンも増えて、「ちょうどイイ」感じでした。

総入場者数は今年も5万人を突破して56,182人と組合から発表がありました。



006RIMG3435RIMG3482


■ 子ども釣り師を増やさなきゃ!

釣りはまだまだ人気があるレジャーですが、少子高齢化の波はこの世界にも押し寄せています。

子どもの釣り師を育てることは釣り業界にとって大きな課題といえるでしょう。

Fショー会場からもその思いが伝わってきました。

グローブライドの『D.Y.F.C』(ダイワヤングフィッシングクラブ)コーナーは子どもたちがいっぱいでした。

D.Y.F.Cはフィッシングスクールだけでなく、釣り具のレンタルサービスもあり、素晴らしい活動です。


RIMG3431RIMG3403RIMG3399


マルキユーのブースでは、『九ちゃん つりぼり』が大人気!

数年前から「子どもが楽しめる」をテーマとしてブース作りに取り組んできた同社だが、今年はさらに気合が入って金魚釣りが楽しめました。

リアルな引きやアタリはゲームでは味わえないですからね。

タナゴやコブナを筆頭に、手軽に狙える淡水の小物をターゲットにした製品もますます充実!

九ちゃんも釣り仲間を増やそうと頑張っていましたよ。

それにしても、といちゃん(戸井田祐一さん)は金魚釣りも上手かった~♪(笑)


RIMG3461RIMG3459RIMG3455


主催者の大阪釣具協同組合が実施しているニジマス釣り体験コーナーは今年も朝イチでチケット完売。

満員御礼で竿がよく曲がっていました。

大阪釣り団体協議会のエビ釣りコーナーも大盛況。

『初めての釣りコーナー』では、ヘラブナ釣りインストラクターチーム coo のメンバーが今年も大活躍。

『ハヤブサ キッズ』コーナーも子どもたちを集めていました。


RIMG3453RIMG3479RIMG3480


釣りはまだまだ子どもたちに人気の遊びなんだな、と感じることができたFショー大阪でした。

子どもたちが安全に楽しめる釣り場環境があれば、まだまだ子ども釣り師は増やせるんじゃないでしょうか。


RIMG3434RIMG3490RIMG3491

そうそう、カラー魚拓体験コーナーも人気が高く、子どもたちも挑戦していました。(事務局K)


2017年2月 6日 16:26