日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより >菊水、炎上!(その二)

2016年12月12日

菊水、炎上!(その二)

RIMG2720初心者と大ベテラン。

それぞれの50cm上。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月11日(日)、井上 彰さんが2,720gのNHCレコードフィッシュ(1枚重量)を釣り上げた。

しかし驚くべきは、この50.0cmは池全体の大助大会では第3位だったこと。

釣堀センター菊水では、入場者が20名以上の日は大助3位までが表彰される。

NHCの大会報告の前に、初心者と大ベテランが釣り上げたこの日の第1、2位の50cm上を紹介しよう。



 

RIMG2733第1位:52.0cm(3,360g) / 釣り人:太田敦久

ヘラブナ釣りを始めて2ヵ月のビギナーが出会った巨べら!

 


RIMG2725RIMG2716


この日の最長寸の52.0cmを釣り上げたのは、橋本市の太田敦久さん(52歳)。

偶然にも体長記録と年齢が同じ。

ヘラブナ釣りを始めたキッカケは、隠れ谷池の釣り教室に子どもたちを連れて行って、

「これは、おもしろそうだ」と思ったから。

子どものころに小ブナ釣りをしたことはあったそうだが、それ以来、釣りの経験はなし。

前日に隠れ谷池へ釣行し、20枚ほど釣り上げたけれどスレばかり。

モヤモヤした気持ちがおさまらず、2日連続でこの日の釣行となった。

隠れ谷池は例会がたくさん入っていたので行き先を菊水とした。




<釣り方 & タックルデータ>

◎釣り方:両グル宙釣り(竿18尺のタナ2本)

◎エサ:わたグル + 新べらグルテン底 + 凄グル(各50cc)

◎道糸:1号 / ◎上ハリス0.6号10cm(ハリ8号)・下ハリス1号40cm(ハリ6号)


RIMG2731RIMG2734

この日はバラグルから入り、そのままの仕掛けで両グルに変更。

「ハリスを長くしたい」と思ったそうだが、使っていたハリが写真右の2種類。

下バリ用は「ハリス45cm付」なので、結びしろをとると40cmが限界だった。

そこで太田さんはオモリをサルカンから30cmほど上にズラして対応。これが正解だった。

「誰に釣りを教えてもらっているのですか?」という問いに返ってきた答えは、

「マルキユーさんのホームページですかね。You Tubeをよく見ています」

とのことだった。

一生に一度出会えるかどうかの50cm上。

太田さんはもう少し時間が経てばこの記録の凄さに気付くのかな?

ぜひ、どんどんヘラブナ釣りにハマってほしいですね。


 

RIMG2742第2位:51.3cm / 釣り人:中東正和

ヘラブナ釣り歴50年のうどん師が出会った50cm上!

 


103RIMG2744

第2位の51.3cmを釣り上げたのは、貴志川市の中東正和さん(69歳)。

ヘラブナ釣り歴をお聞きすると、「もう忘れるほど長い」とのことだった。

この池(菊水)に通ってから40年ほど、ヘラ釣りは50年になるとか。

釣りスタイルはうどんの底釣り一筋。

この日ももちろん、両うどんの底釣り。

ハリスは0.4号、上38cm、下45cm。ハリは7号と大きめ。

うどんサイズは極太の部類。年がら年中この太さだそうだ。

ちなみに池のペレットだが、とくにこだわりはなし。

ペレットはハンマーで砕くそうで、ペレットボックスには細粒から荒粒までが入っていた。

そう、大ベテランの中東さんはボックスの中でペレットの大きさを使い分けていた。

うどんを少し触らせてもらったところ、少し柔らかめ。

大ベテランうどん師の見ごとな50cm上だった。



■真っ昼間に上がった50cm上。なぜ?

太田さんの52.0cm、中東さんの51.3cmが上がったのはNHC大会の昼休憩時間だった。

第1ステージ終了が11時15分、第2ステージ開始が12時30分。

この間、検量して釣り座移動がある。

NHCがこの日使用したのは堰堤から4、5、6、7枡。

一般の釣り人に迷惑がかからないように移動の際は奥側の渡り桟橋を利用することにしていた。

太田さんは堰堤寄りの釣り座、中東さんは渡り桟橋のさらに奥にある桟橋だった。

池の常連、山下由則さんは「NHCの移動で大きいのが両サイドに動いてんで」と言われていたが、この他にもNHCの昼休憩時間(移動後)に大型が上がっていた。

釣れた時間、場所を考えると、NHCの大移動が関係しているという推測は頷ける。

釣り人の足音、魚はしっかりと聞いているのかな。(事務局 K)



kikusui

■菊水で50cm上と寒ブリを狙ってみませんか?

釣堀センター菊水で12月17日(土)に池主催の

『寒ブリ 鯛大会』が開催されます。

参加費は釣り料のみ。とにかく景品が豪華!

まだ参加者受付中。奮ってご参加を!


くわしくは、菊水ホームページで!

<<< 釣堀センター菊水 >>>



2016年12月12日 10:42