日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2016年12月
« 2016年11月 | メインページ | 2017年1月»

2016年12月26日

室生ダムでワカサギ発見!

DSC_1702期待膨らむグッドサイズ。

年が明けたら再調査しま~す!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


12月25日(日)。

布目のわかさぎ釣り大会から帰宅し、パソコンに写真を取り込んでいたら一通のメールが届いた。

「これ、ワカサギだよね ♪」 というタイトル。

室生ダム鮒屋(漁協管理事務所)のミヨちゃんからだった。

ワカサギの写真が4枚添付されていた。


DSC_1704DSC_1705


すぐに漁協監視員の平崎大介さんに連絡を入れると、ヘラ釣りの名手、南 元彦さんが釣り上げたとのこと。

(もちろんヘラ釣りの外道。ポイントは土盛)

モロコとワカサギの区別がつかない人も多いので、

「ちゃんとアブラビレあった?(笑)」と聞くと、

「ありました。あれは絶対にワカサギですわ。うれしいですわ~」と大ちゃん。

年が明けたら再調査することになった。




■2011年4月に網走湖産のワカサギ卵を2,000万粒放流

今から5年前の4月に、新しいワカサギ釣り場を作ろうと室生ダムにワカサギを放流しました。

室生ダムはブラックバス釣りを禁止にしていて、近隣の津風呂湖や布目ダムのようにバスアングラーからの遊漁料収入を得られない(※名目は遊漁料ではないが、漁協の収入になっている)。

室生ダムの釣り対象魚はほぼヘラブナだけ。

ヘラブナは成魚放流でその値段はどんどん高騰し、ヘラ師からの遊漁料収入だけでは十分な放流量を賄えないのが現状でした。

そこでワカサギ釣りやコアユ釣りでひと儲けしようという計画を立てました。

漁協組合長はワカサギ増殖に理解を示してくれたけれど、漁協には予算がない。

そこで監視員の大ちゃんと私が半分ずつ負担して網走湖産のワカサギ卵を2,000万粒file_20110420T151004171購入しました。

まずは芦ノ湖漁協に大ちゃん、ミヨちゃん、私の3人で話を聞きに行く。

シロートばかりだけど、考えても始まらないから実行に移しました。

芦ノ湖漁協さんからは人工孵化器を勧められたけれど、予算的に手が回らない。

野尻湖漁協さんから器具を貸してもらい、昔ながらのシュロに卵を付着させて湖に卵を浮かべました。




<<< 2011年4月 室生ダムへワカサギ放流 >>>

<<< 2014年1月 室生ダム成魚放流 >>>

<<< 2014年2月 室生ダム成魚放流 >>>



IMG_2977IMG_2978


その後、2014年に布目ダムで釣り上げたワカサギをアユのオトリ缶やクーラーボックスなどに入れて2度の成魚放流も実施しました(2回で300匹ほどの少量ですけどね)。

しかし、何度か生息調査の釣りを行ったけれど、ワカサギには出会えませんでした。

失敗だったのかなと思っていたけれど、今回のワカサギ捕獲で一縷の望みが蘇りました。

今回、ワカサギを釣り上げた元彦さんと、現認した大ちゃんは2人ともNHCの理事。

確かな筋からの情報です。

神様からの粋なクリスマスプレゼントでした。(事務局 K)


<P.S>

ここ最近、室生ダムでジャミが多く、ウキのナジミが遅いそうです。

その正体は、一体・・・。



01:46

2016年12月12日

菊水、炎上!(その二)

RIMG2720初心者と大ベテラン。

それぞれの50cm上。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月11日(日)、井上 彰さんが2,720gのNHCレコードフィッシュ(1枚重量)を釣り上げた。

しかし驚くべきは、この50.0cmは池全体の大助大会では第3位だったこと。

釣堀センター菊水では、入場者が20名以上の日は大助3位までが表彰される。

NHCの大会報告の前に、初心者と大ベテランが釣り上げたこの日の第1、2位の50cm上を紹介しよう。



 

RIMG2733第1位:52.0cm(3,360g) / 釣り人:太田敦久

ヘラブナ釣りを始めて2ヵ月のビギナーが出会った巨べら!

 


RIMG2725RIMG2716


この日の最長寸の52.0cmを釣り上げたのは、橋本市の太田敦久さん(52歳)。

偶然にも体長記録と年齢が同じ。

ヘラブナ釣りを始めたキッカケは、隠れ谷池の釣り教室に子どもたちを連れて行って、

「これは、おもしろそうだ」と思ったから。

子どものころに小ブナ釣りをしたことはあったそうだが、それ以来、釣りの経験はなし。

前日に隠れ谷池へ釣行し、20枚ほど釣り上げたけれどスレばかり。

モヤモヤした気持ちがおさまらず、2日連続でこの日の釣行となった。

隠れ谷池は例会がたくさん入っていたので行き先を菊水とした。




<釣り方 & タックルデータ>

◎釣り方:両グル宙釣り(竿18尺のタナ2本)

◎エサ:わたグル + 新べらグルテン底 + 凄グル(各50cc)

◎道糸:1号 / ◎上ハリス0.6号10cm(ハリ8号)・下ハリス1号40cm(ハリ6号)


RIMG2731RIMG2734

この日はバラグルから入り、そのままの仕掛けで両グルに変更。

「ハリスを長くしたい」と思ったそうだが、使っていたハリが写真右の2種類。

下バリ用は「ハリス45cm付」なので、結びしろをとると40cmが限界だった。

そこで太田さんはオモリをサルカンから30cmほど上にズラして対応。これが正解だった。

「誰に釣りを教えてもらっているのですか?」という問いに返ってきた答えは、

「マルキユーさんのホームページですかね。You Tubeをよく見ています」

とのことだった。

一生に一度出会えるかどうかの50cm上。

太田さんはもう少し時間が経てばこの記録の凄さに気付くのかな?

ぜひ、どんどんヘラブナ釣りにハマってほしいですね。


 

RIMG2742第2位:51.3cm / 釣り人:中東正和

ヘラブナ釣り歴50年のうどん師が出会った50cm上!

 


103RIMG2744

第2位の51.3cmを釣り上げたのは、貴志川市の中東正和さん(69歳)。

ヘラブナ釣り歴をお聞きすると、「もう忘れるほど長い」とのことだった。

この池(菊水)に通ってから40年ほど、ヘラ釣りは50年になるとか。

釣りスタイルはうどんの底釣り一筋。

この日ももちろん、両うどんの底釣り。

ハリスは0.4号、上38cm、下45cm。ハリは7号と大きめ。

うどんサイズは極太の部類。年がら年中この太さだそうだ。

ちなみに池のペレットだが、とくにこだわりはなし。

ペレットはハンマーで砕くそうで、ペレットボックスには細粒から荒粒までが入っていた。

そう、大ベテランの中東さんはボックスの中でペレットの大きさを使い分けていた。

うどんを少し触らせてもらったところ、少し柔らかめ。

大ベテランうどん師の見ごとな50cm上だった。



■真っ昼間に上がった50cm上。なぜ?

太田さんの52.0cm、中東さんの51.3cmが上がったのはNHC大会の昼休憩時間だった。

第1ステージ終了が11時15分、第2ステージ開始が12時30分。

この間、検量して釣り座移動がある。

NHCがこの日使用したのは堰堤から4、5、6、7枡。

一般の釣り人に迷惑がかからないように移動の際は奥側の渡り桟橋を利用することにしていた。

太田さんは堰堤寄りの釣り座、中東さんは渡り桟橋のさらに奥にある桟橋だった。

池の常連、山下由則さんは「NHCの移動で大きいのが両サイドに動いてんで」と言われていたが、この他にもNHCの昼休憩時間(移動後)に大型が上がっていた。

釣れた時間、場所を考えると、NHCの大移動が関係しているという推測は頷ける。

釣り人の足音、魚はしっかりと聞いているのかな。(事務局 K)



kikusui

■菊水で50cm上と寒ブリを狙ってみませんか?

釣堀センター菊水で12月17日(土)に池主催の

『寒ブリ 鯛大会』が開催されます。

参加費は釣り料のみ。とにかく景品が豪華!

まだ参加者受付中。奮ってご参加を!


くわしくは、菊水ホームページで!

<<< 釣堀センター菊水 >>>



10:42

2016年12月11日

菊水、炎上!

RIMG271812・11、50cm上3発!

熱すぎたウインター緒戦。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月11日(日)、NHC15周年記念『へらぶなクラシック』へ向けてのシリーズ戦が開幕。

その緒戦、『NHC ウインター 2017 関西シリーズ第1戦』が歴史に残る激戦となった。

まずはこの日、会場の釣堀センター菊水全体で50cmが3枚上がった。

その内の1枚を上げたのが名手・井上 彰選手。

ジャスト50.0cm、ウエイトはNHCレコードをぶっちぎる2,720g!


RIMG2757


そして今大会を制した唐鎌文夫選手は、5枚重量競技の第2ステージ、

関西では夢のまた夢と思われていた5枚5kgの壁をブチ破る5,840gの関西レコードを樹立!


RIMG2789


佐古口行隆選手も2,250g!

芝原明次選手も2,170g!


RIMG2772RIMG2737


シバッチは後半に5枚5kg超をマーク!(5,410g)

NHCトーナメントだけでも2kg UPが3枚も飛び出した。

まずは速報まで。この日の菊水はおもしろい話が山盛りあるので、

後日の詳報をお楽しみに!


RIMG2796RIMG2785RIMG2669

RIMG2693RIMG2702RIMG2741



■2017 NHCウインター関西シリーズ第1戦 成績
    1st.  2nd.   TOTAL
順位 No. NAME 重量 点 重量 点 点 総重量
117 唐鎌文夫44604658405509610300
244 森田裕之5260474080547949340
322 佐古口行隆6560503010543939570
4202 川村雅一4090453830545907920
533 前山智孝2790424280548907070
685 井上 彰2960433940446896900
7204 奥 貴至6050491510235847560
8102 若林真也2710412680541825390
9206 森田泰浩1580392580439784160
101 南 治孝5450480028765450
1126 西本満彦4080441030232765110
12201 浅井庸介1510382340438763850
136 芝原明次320265410449755730
142 袋瀬健二680302860542723540
1545 平山進一1230351690236712920
16205 勇谷盛久1390371120133702510
1778 岩佐 進0253050544693050
1818 七里明裕820311850437682670
1965 板橋真也2410400028682410
20203 川村元延0252580440652580
2147 中野雅治105034950231652000
2236 北川俊夫127036460129651730
23105 小﨑雅和460281210234621670
2415 林 貴史1010330028611010
2540 中島 忠1010320028601010
2656 岡上宏明58029002857580
2749 南 元彦02594013055940
2831 芝原道治43027002855430
2957 寺内康博0250028530

◎ステージTOP賞:1st.(総重量)→佐古口行隆(6,560g)/2nd.(5枚重量)→唐鎌文夫(5,840g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・井上 彰(2,720g)/2位・佐古口行隆(2,250g)/3位・芝原明次(2,170g)

◎ミニマム賞:岩佐 進(3,050g)




2016年 NHCビッグフィッシュダービーの成績(暫定)がエラいことに・・・。(12月11日現在)

■ ビッグフィッシュ ダービー  全国 TOP10
  氏名(会員No.) 重量 釣り場 日時 大会名
1井上 彰(85)2,720g釣堀センター菊水12月11日ウインター関西第1戦
2佐古口行隆(22)2,250g釣堀センター菊水12月11日ウインター関西第1戦
3芝原明次(6)2,170g釣堀センター菊水12月11日ウインター関西第1戦
4前山智孝(33)1,880g釣堀センター菊水5月5日関西ウエスタン第1戦
5近江純治(3)1,755g椎の木湖4月30日関東シリーズ第1戦
6西田清隆(91)1,660g釣堀センター菊水5月5日関西ウエスタン第1戦
7山村慎一(62)1,554g椎の木湖4月30日関東シリーズ第1戦
8南 治孝(1)1,490g甲南へらの池3月21日ウインター関西第4戦
9田辺英明(23)1,490g筑波湖11月26日へらぶなクラシック
10五十嵐秀雄(28)1,490g椎の木湖9月22日関東シリーズ第3戦

 


東西「巨べら」対決、椎の木湖 VS 菊水。

誰もが椎の木湖は別格と思っていたけれど・・・、

このまま菊水の圧勝で終われば、まさにヘラブナ釣り界のトランプ現象。

大坂夏の陣で真田幸村が徳川家康を討つようなもんですよね。

2016年のビッグフィッシュダービーは12月23日(祝)、椎の木湖戦で幕を閉じる。

今年最後の一戦で椎の木湖とNHC関東メンバーの意地を見たいですよね。(事務局 K)



RIMG2802

<P.S>

今年のクラシックは仕事で参戦できず悔しそうだった佐古口行隆さん。

でも、今回は戦利品いっぱいでご満悦!






22:30

2016年12月 3日

さぁ、わかさぎフェスタだ!

IMG_0203みんなでワカサギ釣りを楽しもう。

今日はサイト(目探)が絶好調!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_0204IMG_0205

12月4日(日)は『わかさぎフェスタ in 津風呂湖』です。

これまでは釣り大会だけでしたが、今回はもっと多くの人にワカサギ釣りを楽しんでもらおうと、

ワカサギ釣り体験イベントを実施します。

また、ワカサギの試食会の他、ニジマスの燻製教室なども行います。

吉野町の名産品コーナーや、最新ワカサギタックルの展示コーナーもありま~す。

本日(3日)はイベントの準備で津風呂湖へ行ってました。

バスマンが午前中に100匹以上釣っていました。

11月下旬~12月上旬にかけて、今年は水温が高いせいかワカサギは散らばり気味。

水面から1~2mのタナにもいるそうです。

本日よく釣っていた人は、水深3~4mのところで(ワンド)底から水面近くまでワカサギがいて、魚探じゃなく目探で群が黒く見えたそうです。

浅いタナの魚は移動も早く、こんなコンディションのときはアンカーを下ろして電動で釣るよりも、エレキで操船しながらバスフィッシングスタイルの方が数が出たりするんですよね。

ただ、今日は桟橋回りにはあまり回遊がなく、ちょっと心配です。

ワカサギ釣り体験の方はぜひ釣り方や道具の扱い、底取り、エサ付けなどの動作をマスターしてくださいね。

釣れても、釣れなくても、初冬の吉野を楽しみましょう。

大抽選会はウハウハですよ(笑) 。

少年少女にはステキなプレゼントがあるよ~ ♪ (NHC事務局K)



2016124


20:27