日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2016年11月
« 2016年10月 | メインページ | 2016年12月»

2016年11月29日

奈良のダムへ放流Wヘッダー 報告

RIMG2382日釣振 放流事業。

室生と布目にヘラブナ放流!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奈良県は海なし県だけれど、渓流やダム湖など釣り場環境にはとても恵まれています。

『もっともっと奈良県の内水面遊漁を盛り上げたい!』

ということで、NHCは3年前に奈良県支部を立ち上げました。

それと同時に公益財団法人日本釣振興会(日釣振)の奈良県支部の会員になりました。

NHC奈良の活動の主目的は、よりよい釣り場環境作りです。

日釣振の初心者イベントや放流事業にはできるだけ参加するようにしています。

今日(11月29日)は「イイ肉の日」でしたが、魚の放流日でした。(笑)




  「つり環境ビジョン」の予算で室生ダムに300kg!
RIMG2356RIMG2366RIMG2362RIMG2377RIMG2369RIMG2378 
日釣振役員、室生ダム管理所の所長、鮒屋のスタッフで放流しました。 
山中養魚場さんが3枚1kgサイズの美べらを用意してくれました。しっかり育ってほしいですね。 
鮒屋の看板娘、くるみちゃんもウエイトがのってきました。さすがは大ちゃんの愛娘!(笑)

  「日釣振放流事業」の予算で布目ダムに300kg!

RIMG2384RIMG2395RIMG2391 
RIMG2408RIMG2387RIMG2397 
布目ダムはいつも副ダムで放流しているのですが、只今浚渫作業中。今回は焼却場スロープから 
放流しました。布目川漁協のスタッフは熱心な方が多く、たくさんの方が集まってくれました。 



<これからの釣り場環境整備>

布目ダムの放流後は、(独)水資源機構 布目ダム管理所と、奈良県漁業協同組合連合会へ行ってきました。

ダム管へは布目湖わかさぎ釣り大会のイベント届出書の提出。

県漁連へは同大会の後援依頼書の提出です。

ダムを管理する水資源機構や、釣り場を管理する漁連・漁協、自治体、そして釣り具業界、釣り人が連携してよりよい釣り場環境を作っていけたらいいなと考えています。

釣り人口の減少が予想される中、みんなで釣りを盛り上げていってほしいですね。


RIMG2437RIMG2436


県魚連では『川遊びガイドブック』をいただいてきました。

釣り場案内から遊漁規則まで分かりやすくまとめられています。

渓流(アユ・アマゴ釣り)が中心なので、ダム湖の釣りガイドブックも作ってほしいな~。(事務局K)


23:19

2016年11月23日

津風呂湖で秋の放流まつり!

RIMG2081新べら放流 & ごくまき(餅まき)。

ちびっ子たちも大活躍!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG2074RIMG2030RIMG2028


11月23日(祝)、津風呂湖で恒例の放流まつりが行われました。

メインは人気ポイントの3番へヘラブナ1.5トン。津風呂湖の常連さんたちで大賑わいでした。

8寸クラスが8割。尺ちょいクラスの良型が2割だそうです。

管理釣り場に放流される魚と違って、ダム湖ではこのサイズから大きく育ちます。


RIMG2043RIMG2044RIMG2027RIMG2032



RIMG2020◎間違いなくこいつはクラシックカー!

山本常次組合長(津風呂湖漁協)の愛車がカッコよすぎです。

今年は少し減水ぎみなのでスロープにトラックが入れず、この三輪の農作用運搬車が大活躍。

なんと40年ぐらい乗っているそうです。

クボタさんはこの分野でいい仕事をしますよね。

最近は出番が少なくなったそうですが、エンジンは一発でかかります。

もちろんセルなんか付いてなくて、ヒモを引っ張る手動式スターターです。

大きな石を乗り越えるときは押してやらないと苦しそうでしたが、まだまだ現役です。

山本組合長も、中事務局長も、監視委員の鍵谷さんも、津風呂湖観光の辻本社長も、

津風呂湖の後期高齢者は皆さんバリバリ現役です。


RIMG2025RIMG2021RIMG2045

 


RIMG2060RIMG2064RIMG2057


◎どちらも元気に育て、ちびへら & ちびっ子

RIMG2068観光桟橋では地元の子どもたちが放流をお手伝いしてくれました。

山中養魚場のご主人がちびっ子放流用に、ちびへらをサービスで用意してくれました。

小さな子どもたちは大型へらを恐がるそうです。

身体の対比で考えれば、大人目線の40cm上は、子どもなら1メーター級に見えるのかな。

ヘラブナに襲われる夢を見て夜にうなされそうですね。



RIMG2081RIMG2099RIMG2117


◎放流まつりのメインイベントは「ごくまき」だ!

奈良県では祭りごとや祝いごとがあると神社などでよく餅まきが行われます。

今回は放流祭り。「魚よ大きく育て」と祈願して、漁協の役員さんたちがお餅をまきました。

いや~、興奮しますね。魚のつかみ取りも楽しいですが、ごくまきもエキサイティングです。

女性の強さを改めて知りました。


RIMG2115RIMG2110RIMG2121

フリスビーのような大きなお餅は「傘ごく」というそうです。これが本命です。



RIMG2048<P.S>

ごくまきの後は12月4日の「わかさぎフェスタ」の打ち合わせがありました。

地元も盛り上がっているので楽しみです。

今日は私も放流のお手伝いをし、「ごく」をいただきました。

ごっつぁんです!(お餅大好き、事務局 K)



RIMG2014RIMG2038RIMG2017


<おまけ> 津風呂湖 226 部隊も出動!

新べらをお出迎え。津風呂湖へらクラブ(通称:226部隊)のメンバーも大集合。

隊長のつじやんパパが少しあやしい大型の地べらを釣り上げていました。


19:38

2016年11月15日

亀山、片倉は環境が素晴らしい!

IMG_7988全国人気No.1のダム湖を

ぐる~っと一周してきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_8122IMG_8087IMG_8112


11月4~6日の3日間、千葉県の亀山湖へ行って来ました。

今回は釣り大会の取材です。

1日休みをとってヘラブナ釣りを楽しむ予定でしたが・・・、

「ボンビー暇なし」で夢は叶いませんでした。(涙)

でも、すぐ上流にある片倉ダムも含めてぐる~っと一周してきました。

ダムカレーとスィーツを食べ、ダムカードをもらってきたので、

今回はちょっと美味しい土産話を!

宿泊先は鴨川シーワールドの向かいにあるかんぽの宿。

思いっきり観光気分の・・・、仕事でした。



IMG_8153IMG_8157IMG_8178


■ダム湖を有効利用した釣り場のモデルケース

「これほど釣り人が多いダム湖はないのでは?」

久々に亀山湖に来て、改めてそう思いました。

私がこれまで行ったことがあるダム湖では間違いなく人気No.1です(釣り人に)。

すごく水がきれいということはないけれど、水辺の環境はバツグン。

アクアラインを利用すれば神奈川県からも驚くほど近いのです。

釣り人が多いので当然ながらフィッシングプレッシャーは相当なものですが、

ヘラブナもブラックバスも大型がよく上がっています。

今回は亀山湖にある7軒あるボート屋さんすべて回ってあいさつしてきました。

ボート組合の組合長を務められている松下ボートさんをはじめ、地元の方が本当に魚を大切にされていることがよく分かりました。

いくらロケーションがよくても、魚がヘルシーであってこその釣り場環境ですからね。

ダム湖は釣りのために造られたものではないけれど、利水、治水以外にも地域貢献のために観光資源として有効利用していこうというところが増えてきています。

釣りは観光資源になりうるレジャーなので、亀山湖はダム湖を利用した釣り場のよきモデルケースといえるでしょう。



IMG_7976IMG_7968


■スィーツ食べるなら、おりきさわボートさん

亀山湖にはレンタルボート店が7軒あります。

どのお店もボートがきれいに整備され、サービス満点です。

でも、甘党の方にオススメなのは、おりきさわボートさん。

おりきさわボートの鴇田(ときた)さんの奥さんは、知る人ぞ知るスィーツの達人!

プリンやタルト、ショコラ・・・といろんなものが「おりきさわカフェ」で食べられます。

物産館などお店以外でも販売されているそうで、お土産にもグッドです。



IMG_8134IMG_7992IMG_8101


■亀山湖ダムカレーは湖畔亭で!

湖畔亭のご主人、石井 強さんは昔からの釣り仲間です。

以前は松下ボートさんの隣に店舗がありましたが、今はダムサイト近くの「やすらぎ館」の中で営業されています。

せっかくなので亀山湖名物(?)のダムカレーを食べてきました。



IMG_8144

■キャンプ場も大賑わい!

写真はF コテージつばきもとさんの隣にある稲ケ崎キャンプ場です。

張られているテントの数に驚きました。

最近はこの季節のキャンプがとても人気だそうです。

確かに虫も少ないし、汗もかかないし、とても気持ちよさそうでした。



IMG_8172IMG_8169IMG_8171

IMG_8168IMG_8164IMG_7987


■『きみつ ふるさと物産館』も大繁盛!

行楽の季節なのか、片倉ダムの入り口にある『きみつ ふるさと物産館』も人で溢れかえっていました。

関西のダム湖はどこも閑散としているのに、亀山湖や片倉ダムは観光客の誘致にがんばっていました。

物産館の中にも『おりキッチン』のスィーツ売り場がありました。



釣り人にとってはあまり賑やかなのは好まないという方もいるでしょうが、

釣りファンを増やすためにも「準管理釣り場」のようなダム湖が全国的に

もう少し増えてくれたらな、と思います。(ダムマニアの事務局K)



IMG_0173

<P.S>

亀山・片倉まで行って、ヘラ釣りできないなんて・・・。

スィーツとダムカレーのリポートだけ・・・。

浜口二郎さんのように巨べらのリポートがしたかったのに・・・。

オレの人生、終わってる・・・。(涙)


23:51

2016年11月 4日

室生ダム『水辺感謝の日』2016 報告

mocci

釣り人の手できれいな釣り場を!

室生ダムの湖畔を一斉清掃。

◎会場:室生ダム(奈良県宇陀市)/◎参加者45名

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG1832mizube_poster_0717入稿*

日釣振(公益財団法人 日本釣振興会)が実施している釣り場環境保全活動 『水辺感謝の日 全国一斉清掃デー』は、今年も北海道から沖縄まで、全国123ヵ所で開催されました。

NHCがこの活動に協力してから今年で6年目になります。

今年も『室生ダム チャレンジカップHERA』に合わせての実施になりました。

参加者の皆さん、ゴミの回収にご協力いただき、ありがとうございました。

野釣りの人気釣り場、室生ダム。

ゴミが少なくなれば、もっと素晴らしい釣り場になると思います。

みんなで湖畔をきれいにしていきましょう。(NHC事務局K)



RIMG1809RIMG1800RIMG1833

RIMG1807RIMG1834RIMG1802



<<< 公益財団法人 日本釣振興会 >>>


00:01