日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2016年9月
« 2016年7月 | メインページ | 2016年10月»

2016年9月29日

ヘラとアメナマの二刀流

RIMG1316釜淵で14時間粘ったけれど・・・、

ナマズ釣りはヘラ釣りより難しい?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG6269今年の6月、布目川漁協や水資源機構、近畿大学、JOFI奈良、NHCが一緒になって布目ダムに生息するアメリカナマズの釣獲調査釣り大会を開催しました。

大会までに何度も試釣を重ね、70~80cm級の大型を数匹捕獲することができました。

しかし、思うように数が上がらず、料理用の魚をキープするのも大苦戦。

釣り大会の本番もたくさんの人が参加してくれたけれど、釣果は全体で3本でした。

霞ヶ浦水系ではとても簡単に釣れるのに、「アレレ?」という感じです。

布目ダムでも水が濁った日にはヘラ釣りのダンゴエサに次々と飛びついてくることもあるのに、どうして?

専門に狙うと釣れない摩訶不思議な魚、関西のアメリカナマズ。

春から梅雨時分にかけての調査は不完全燃焼だったので、秋になって水温が下がる前にもう一度チャレンジしてみようと思っていました。



RIMG0060

 

<<< 第1回 アメリカナマズ 釣り大会(2016年6月) >>>




◎ヘラブナ釣りを兼ねて、釜淵スロープでアマナマ調査

RIMG1298ダムサイト下流の河川を調査したかったけれど、台風後の雨で増水ぎみ。

3日前の祝日(9/22)、もっちゃん師匠から釜淵橋スロープでヘラを釣りながらアメナマを3匹釣り上げたと情報をもらいました。

このときは大雨後で濁りが回っていたそうです。

もっちゃん師匠は24日の夕方から25日にかけて釜淵橋に入るとのことだったので、25日はスロープ先端で二人並んで竿を出しました。

午前中はまずヘラブナ釣りに集中。思いのほか食いが渋く、早朝から朝8時まで二人ともノーフィッシュ。

その後、もっちゃん師匠はポツ・・・・、ポツ・・・程度ながら尺一~尺二クラスのヘラブナをキャッチしていく。

釣り方はロングハリスのメーター両ダンゴ。さすがは師匠です。


RIMG1305RIMG1319RIMG1312


私は2ボールを両ダンゴで打ち切ってまだ片目が開かず、一発セットに変更してからようやくヒット!

なんとかヘラブナの顔を見ることができました。


P9253085P9253081P9253084


ただ、お昼近くになってまた食い渋り。気分転換にアメナマタックルを2本セットしました。

人気ポイントなので普段の日曜日にはブッコミ釣りなんてできないのですが、この日は貸し切り状態。

午後からはヘラとアメナマのリアル二刀流です。(笑)

「ふざけた野郎だ」とお思いでしょうが、今回は真剣にアメナマも狙いました。

その証拠に、この万全なエサの準備を見てください!


RIMG1327RIMG1284RIMG1288


山口県産の長州鳥のキモや、北海道のスルメイカのゲソ、淀川のテナガエビを用意しました。

そして、鳥キモをペースト状にてヘラエサに混ぜ、粘力でまとめた新作『鳥キモだんご』を投入。

ダンゴは自宅で丸めていきました。


RIMG1295RIMG1285RIMG1291

RIMG1290RIMG1321RIMG1324


「これだけ準備したのだから今日はゼッタイに釣れる!」

と信じていたのですが、真っ暗になるまで頑張ってみたものの、アメナマはまたも不発でした。

ヘラブナは午後3時までに一発で6枚、夕方は両ダンゴで7~8枚と尻上がりに食いが上向いてきたのに、やっぱり二刀流は難しい。

なかなか大谷くんのようには上手くいきません。(笑)

10月1~2日は『ほんなら釣り祭り』の運営で布目ダムへ行くので、イベントが終了してから再度アメナマ釣りに挑戦しようと思ってます。

諦めません、釣るまでは!(事務局 K)


20:59

2016年9月27日

つつじ池の屋台

RIMG1121ラーメン・丼ぶりセットが600円。

ナットクの味とボリューム。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG1097RIMG1118


先日のNHCつつじ池大会のとき(9/19)のこと。

薄明るくなり始めたころ、釣り場へ一番のりで到着。

「アレ? こんなところに小屋あったけ?」

事務所の隣にワカイイ小屋が建っていました。

ラーメン + ミニ丼 600円

うどん + ミニ丼 600円

というメニューが壁に貼られていました。

「食堂始められたの?」と池の奥さんにお聞きしたら、

知り合いの方が今年から営業を始められたとのことでした。


RIMG1096RIMG1122


つつじ池ではいつも「味噌かつ弁当」を食べるのですが、

この日はもちろん屋台で昼食をとることにしました。

この日の丼ぶりは豚丼で、日によって唐揚げ丼もあるそうです。

600円でこのボリュームと味。十分に Goooood です!

これから寒くなってきたら、温かい食べ物はうれしいですよね。

雨の日など人が少ないときはお休みしているそうですが、

お客さんが増えてきたので営業日も増えてきたそうです。

みんなで屋台を利用して、毎日営業してもらいましょう!(事務局 K)

 



◎活性UP! つつじ池のヘラ

o0720053413755909040今回のつつじ池戦を楽しみにしていたサトジュンさんですが、

今回は仕事が入ってお休み。

大会の後にうっぷん晴らしでつつじ池へ釣行。

台風16号による大雨で水が入れかわり、

「もう飽きた~」というほど釣れたそうです!

うぉ~、あの緑色の水が青くなってる~ (^^♪


<<< サトジュン ブログ >>>


16:46

2016年9月24日

全国縦断つり祭り(大阪)報告!

RIMG1126舞洲スポーツアイランドは

都会の釣りパラダイス!

◎全国縦断つり祭り実行委員会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪の海も捨てたもんやおまへん。

舞洲はお隣のUSJよりも、おもろいで!(いやホンマ)

RIMG1175RIMG1201RIMG1151RIMG1250

RIMG1125RIMG1189RIMG1244RIMG1196


「釣り仲間を増やそう!」を合言葉に、2年目を迎えた全国縦断チャリティつり祭り。

全国8会場で開催され、舞洲スポーツアイランドが今年の最終回。

今回もたくさんの子どもたちが集まり、しかも大漁!

終了間際に雨に降られたけれど、みんな元気ハツラツで楽しい秋分の日になりました。


RIMG1232RIMG1179RIMG1204RIMG1187


舞洲(まいしま)は大阪市の沖に浮かぶ埋立地。淀川の河口に近く、絶好の釣り場です。

現在のところシーサイドプロムナードC護岸のみ釣り場として開放され、

海釣り公園のように見えるけれど無料です(駐車場は有料)。

トイレもきれいし、ファミリーフィッシングにオススメです。


RIMG1215RIMG1222RIMG1240RIMG1230


台風16号が通過した後も雨が降り続き、「水潮で釣りにならないのでは?」と心配したけれど、

朝からず~っと絶好調が続きました。

この日よく釣れていたのは、カタクチイワシ、アジ、サッパ(コノシロ)の3魚種。

他にサバ、セイゴ、サヨリ、ガシラ、ボラ、シマフグなどが上がっていました。

釣り方は一般的なサビキ釣りでOK。

最近人気のアジングを楽しんでいる人もたくさんいました。


RIMG1157RIMG1145RIMG1143RIMG1146

RIMG1135RIMG1273RIMG1227RIMG1142


つり祭りは釣り大会以外にも楽しいアトラクションが盛りだくさん。

今年の一番人気はオサカナのボディシール。もう子どもたちは大喜び。

そして、今年もJOFI大阪のメンバーによる魚拓教室が大人気でした。


RIMG1128RIMG1169RIMG1171RIMG1170

RIMG1127RIMG1228RIMG1174RIMG1191


その他、似顔絵コーナーやスーパーボールすくい、ミュージックライブ、釣り教室などがありました。

抽選会の景品も超豪華で、みんなで釣りを楽しむことができました。

「いつの時代も子どもは釣りが大好き!」を再確認した一日でした。

今年のつり祭りは今回が最後だけれど、また来年、近くで開催されたらぜひ参加してくださいね。


RIMG1257RIMG1264RIMG1267RIMG1271

ドシャ降りの雨の中で大抽選会。立川志らら師匠も大奮闘でした。(事務局 K)


01:01

2016年9月16日

放っておけない外来魚問題

RIMG6272河川で繁殖するアメリカナマズや

スモールマウスが頭を悩ませる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG0968

先日、久しぶりに和歌山県の日置川へアユ釣りに出かけたときのこと。

「大型が狙える淵にブラックバスがいて釣りにならない」

とオトリ屋のご主人が嘆いておられた。

IMG_8353釣り場の上流にあるダムにブラックバスが生息し、そこから流下したと思われる。

この河川にいるのはラージマウスバスだが、ラージよりも流れや冷水に強いとされるスモールマウスバスが河川で生息域を広げている。

今、山形県の最上川でスモールマウスバスが繁殖し、同県の内水面漁場管理委員会にてリリース禁止(魚を釣り上げてから逃がしてはいけない)という規則を設けるべきかを検討している。

NHCでも釣獲調査を実施しているチャネルキャットフィッシュもスモールと同じく河川の中~下流域(汽水域も含む)で生息できる。

特定外来生物にはたくさんの魚種が指定されているけれど、やはり河川で繁殖しているスモールマウスバスとチャネルキャットフィッシュの2魚種は釣り人の目から見ても要注意だ。

RIMG6261

ヘラブナ釣りやワカサギ釣りなど、私が通っている釣り場の1つ、布目ダムで増えてしまったチャネルキャットフィッシュ。

私は外来魚問題にこれと言った解決策を持っているわけではないけれど、一人の釣り人として生態系が落ち着くまではたまに時間をつくって実態調査を続けていこうと思っている。(事務局 K)


18:05

2016年9月 1日

久々のアユ釣り in 日置川

RIMG0972グルグル、ガツ~ンは最高です。

アユ釣りを始めるなら和歌山で!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG0970

夏の清流はやっぱり気持ちイイ。

あのG杯へらチャンプの前山智孝プロが「アユ釣りがした~い!」というので、南紀の日置川へ行ってきました。

いろんな釣りをする前山さんですが、アユ釣りはこの日が初挑戦。

釣行日は8月31日(水)。ヘンな動きをする台風10号のため1日延期したのですが、それでも吹き返しの風が残りました。

河原では終日ビュービューの風が吹き抜け、普通の初心者ならまったくお手上げのバッドコンディション。

でも、さすがは釣りのプロフェッショナル。20cmクラスの良型をブイブイ引き抜いていました。




RIMG0960RIMG0955RIMG0959


■アユ釣りにはやっぱりコーチが必要です!

RIMG0945前山さんにアユ釣りの魅力を体験してもらおうと、この日は釣り出版社のスーパー営業マン・O村さんがコーチ役を引き受けてくれました。

友アユは乱暴に扱うとすぐに弱るし、アユ竿は超長く、糸は超細い。

この釣りは面白過ぎるほど魅力的なゲームフィッシングなのですが、一連の動作をマスターするまでなかなか釣りになりません。

O村コーチはかなりのベテランで、これまで多くの初心者に指導してきましたが、前山さんのセンスのよさに驚いていました。

一連の動作を教えてもらっているときに3匹掛かり、その後もトロ場から急瀬までいろんなところでアユが掛かりました。

この日の釣果は、

◎前山プロ・・・9匹

◎かもめ・・・12匹

風が強くて取り込みに失敗するケースも多々あり、風がなければもっと釣果が伸びていたと思います。

「ほっとしましたよ、アユ釣り初体験の人に負けなくて」 by かもめ(笑)

でも、次回は前山さんに勝てないような気がします。

5年前にモリゾーさんとアユ釣りをしたときもその上達の早さに驚きましたが、前山プロも末が恐ろしいレベルでした。


RIMG0951RIMG0978RIMG0968


<<<モリゾーさんのアユ釣り初体験(2011年)>>>



■和歌山県全体で取り組むアユ釣りマン養成プロジェクト!

和歌山県はアユの王国です。でも、冷水病や釣り場環境の悪化でアユ釣りファンは減少し、高齢化が進んでいます。

「日本の内水面遊漁を牽引してきたアユ釣りがこのままではピンチだ!」

と立ち上がったのが和歌山県内水面漁業協同組合連合会です。

20160302-144011-87748000_220160222-145943-74273200_2

その熱い活動内容をNHCホームページでも紹介しましたが、これからアユ釣りを始めたいという方を支援するために、無料レンタルタックルや、釣り教室などを企画しています。

また、期間限定で30歳以下の遊漁料無料といった制度も取り入れています。

各漁協やオトリ屋さん、そして釣り具業界、ベテラン釣り師が協力し、アユ王国復活を目指した画期的なプロジェクトです。

関西にお住まいの方で「アユ釣りをやってみたい!」という方がおられたら、和歌山県下の河川でサポートを受けながらチャレンジすることをオススメします。

アユの友釣りはヤバイほど面白いですよ。(事務局 K)


<<<内水面漁業はこうあるべき(和歌山県内水面漁連の活動)>>>



<P.S>

アユ釣りで人生が狂っても、NHCは一切責任を負いかねます。

でも、一度きりの人生、やりたいことは体験しておきましょう!



15:09