日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2016年3月
« 2016年2月 | メインページ | 2016年4月»

2016年3月28日

来日する韓国ヘラ師が増加中!

RIMG8907パク ヘグオンさんがゲスト参加。

少数だが韓国にも熱いヘラ師が!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG8904RIMG8972RIMG8907


NHCウインター最終戦(甲南へらの池)に、韓国から来日中のパク ヘグオンさんが参加してくれました。

パクさんは韓国の『鬼掛スタッフ』で、斉藤心也さんの友人です。

1979年生まれの37歳。日本スタイルのヘラブナ釣りを始めたのは2001年ごろだそうです。

ここ数年、韓国から日本のヘラブナトーナメントにチャレンジする人が増えてきましたが、

その火付け役の一人がパクさんです。

心也さんのブログで韓国のトーナメントシーンや管理釣り場が紹介されていますが、

国内で腕を磨いて「本場ニッポン」で腕試し、ということなんでしょうか。

 

RIMG8967RIMG8918RIMG8906


パクさんがスマホで撮影した韓国のヘラブナ釣りの写真を甲南で見せてもらいましたが、

韓国にも立派な管理釣り場があるし、きれいなヘラブナが写っていました。

「韓国でもヘラブナ釣りブームがきたの?」と思い、大会が終わってからパクさんに韓国のヘラブナ釣り事情をいろいろお聞きしました。




◎韓国では日本の高級品しか売れない

確かに日本のヘラブナ釣りに興味を持つ人は増えているそうですが、韓国ではまだまだその人口は少ないとのことでした。

ヘラブナは外来種として扱われ、養魚が禁止になっていることがネックになっているようです。

まだ外来種が問題視されていなかった時代に持ち込まれたのか、ヘラブナは自然繁殖しているそうです。

管理釣り場に放流されているヘラブナは野で育った個体なので、日本よりもヘラブナの希少価値は高いのかもしれません。

日本の外来生物法ではブラックバスのように「特定外来生物」として指定されると生体は移動させることができません。

野の魚を放流するということは、韓国のヘラブナにはそこまで厳しい規制はないということなのでしょうか。

(今回は時間がなかったので、あまりツッコんだことは聞けませんでした)

そのような事情から、ヘラブナ釣りのマーケットはこれからも大きな広がりは期待できないかもしれません。

しかし、それほど愛好者が多くなくても、韓国の釣り人がヘラブナ釣りの魅力に気付いてくれたことは、大変うれしいく思います。日本へ遠征するぐらいだから、かなり熱くなっていることは間違いありません。

だから釣り道具には、かなりこだわりがあるそうです。日本の製品、というよりも日本のブランド品が注目を集めているそうです。

竿なら独歩や枯法師といった名の通った竿しか売れないとか。今回、パクさんが使っていた道具もブランド品ばかりでした。

エサやハリなども日本と同じ製品が流通しているそうで、パッケージも日本語のままがいいそうです。

ヘラ釣りは日本の釣りなので、親切にハングルでパッケージを作りかえるとかえって売れないとか。

鬼掛製品を輸出している心也さんも「パッケージを作りかえる必要がないので手間がかからないですよ」と言われていました。

この先「ゾーニング」が認められればヘラブナ釣りが普及する可能性は残されているし、ヘラブナ釣りを盛り上げるためにも中国や韓国と親善大会ができたらいいのにな~と思います。

韓国のヘラ師の皆さん、機会があればNHCトーナメントにチャレンジしてくださいね。(事務局 K)   




【 朴さんから送ってもらった韓国の写真です】

20160204_12140720160204_112508MyPhoto_0023

20160204_13392620160204_142718MyPhoto_0022韓国へら

韓国へら2韓国へら3韓国へら4韓国へら5



22:48

2016年3月23日

『新東名』スィ~スィ!

RIMG9081浜松いなさJTC~豊田東JTC間

約55km開通で快適ドライブ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

fdccdac12ab34f9ea4d5d639c8418125_660_354



やっとこさ開通してくれました。

魔の渋滞ゾーンだった東名の豊田JTC~三ヶ日JTC間を通らずに関東へ行くことができます。

本日(3月23日)、特定NPO法人 日本釣り環境保全連盟の総会があり、

2月13日に開通したこの区間を通って河口湖へ行きました。

うれしくて、うれしくて、『岡崎S.A』と『長篠設楽原P.A』に立ち寄ったら、

東名で渋滞に巻き込まれたときよりも時間がかかってしまいました。(笑)




<長篠設楽原P.A>

「ながしのしたらがはら」と読みます。名前、長すぎない?

1575年、織田信長・徳川家康連合軍と、武田勝頼軍がここで戦ったらしいです(長篠の戦い)。

ちょっと贅沢してファミマで買った450円の缶コーヒー、おいしかったです。


RIMG9025RIMG9023RIMG9024RIMG9027




<岡崎S.A>

自分の車をどこに停めたか分からなくなりました。

とても広いので迷子にご注意を!


RIMG9087RIMG9088RIMG9085RIMG9090

ソフトクリームはおいしかったけど、コーンの中までクリームが入っていなかったので60点!




<P.S>

一日休んで西湖のヒメマス釣りを楽しむ予定でしたが、

仕事のスケジュール管理ミスで今回の河口湖は日帰りに・・・。(涙)

でも、西湖と河口湖で特ダネをいっぱい仕入れてきたので、

近いうちにホームページへUPしますね。お楽しみに!



RIMG9019

<クンシラン差し上げます>

この春もクンシランがきれいな花を咲かせました。

株分けしたら増えすぎたので、NHC関西のメンバーで

欲しい方がおられたら差し上げま~す。(事務局 K)



23:11

2016年3月18日

釣り具のレンタル、イイネ!

o0480036013478935239会員限定だけど、『D.Y.F.C』の

レンタルサービスが好評です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

o0480036013478935135D.Y.F.C(ダイワヤングフィッシングクラブ)。

子どものころから釣りをされていた30代後半から40代の方はよく覚えておられるのではないでしょうか。

このクラブが一時期活動を休止したとき、「何でやねん」と残念がる声がとても多かったですよね。

その運営は想像以上に大変でしょうが、きっと素晴らしい釣り人が育つという思いがあったからでしょう。

 



o0480036013478946742o0480036013478935167o0480064013478946691


■釣り好きファミリーにはオススメです!

先日、茨城県へ行ったときに、家族で釣りを楽しんでいる2人の知人、Kさん、Oさんと釣り談義になり、

「D.Y.F.C」のことが話題になりました。

どちらの家族とも子どもが「D.Y.F.C」に入会しているそうです。

そのお二人のパパはバスプロで、Kさんは「DAIWA」さんとは無縁のメーカーからサポートを受け、

Oさんはライバルメーカーに勤めている方なんですけどね。(笑)

D.Y.F.Cは各地で釣りのイベントを開催しています。

その活動内容はホームページを見ればお分かりいただけるのですが、

この2家族がよく利用しているのが釣り具のレンタルサービスです。

「あれはイイ!」というそのサービス内容は、10泊11日で使い放題1,500円。

料金は送料のみで、実質は無料。しかも1会員2セットまで借りられます。

週末しか休めない方でも、1回のレンタルで2週連続の釣行プランが立てられます。

K さんは子ども2人を入会させているので、パパとママの分を合わせていつも4セット借りるそうです。

ちなみにクラブ会員費は1,000円で3年間有効です。

1つの釣りにハマってしまうと、たぶんマイタックルが欲しくなるでしょうが、

「この釣り、1回やってみたいな」というときに、

専用タックルを借りられるサービスはありがたいですよね。

大手釣り具メーカーだからできるサービスでしょうが、子ども(未来)への投資はやはり必要です。

少子高齢化のこれからの時代、釣り人口が減ってしまうのは仕方がないでしょうが、

総人口に対する釣り人口の比率は下げたくないですもんね。(事務局 K)

 


logo




01:14

2016年3月11日

記録狙いのスケール製作!

RIMG8856さぁ、大物狙いの季節です。

こんなの作ってみました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝(3/11)、出勤してパソコンを立ち上げると、

サダジュンさんから50cm 上のリポートが届いていました。

もっちゃん師匠も動き出したし、そろそろヘラ釣りの準備に入る季節になりました。


RIMG8858


写真は先日製作したフィッシュスケールです!

メモリは1m50cmではなく・・・、150mm・・・。(汗)

そう、ワカサギ用です。なかなかカワイイでしょ。

1個作るのに30秒ぐらいです。

こんなの作っているようじゃ、今年も尺半には出会えないかな?(事務局 K)


23:41

2016年3月10日

平成28年度NHC会員証発行!

NCM_0233今年もメンバーが増えるかな。

会員証は本日(3/10)発送です!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NCM_0234

2014年の会員数は102名、2015年は111名。

ほぼ横ばいですが、また少し会員が増えました。

会員数は増えたり、減ったりの繰り返しですが、

2年連続の増加になりました。

2016年はどんなシーズンになるでしょうか。

新メンバーの参加でNHCトーナメントや野釣りフォトダービーがもっともっと盛り上がってほしいですね。

そして、メンバーの皆さん、11月のNHC全国決勝大会(へらぶなクラシック)を目指してがんばりましょう!




■一緒に活動してくれるメンバーを募集中!

NHCは一般社団法人 全日本釣り団体協議会、公益財団法人 日本釣振興会の2団体に所属しています。

NPO法人の運営費や活動費、所属団体の年会費は皆さんの年会費から捻出しています。

メンバーが100人ちょっとの会で少し背伸びしているところはありますが、NPO法人格の取得や、

釣り団体に所属することで将来に向けての活動が広がると考えているのでご理解ください。

NHCでは一緒に活動していただけるメンバーを募集しています。(事務局K)



01:19