日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2015年10月
« 2015年9月 | メインページ | 2015年11月»

2015年10月30日

津風呂湖『水辺感謝の日』2015 報告

mainへら師とバスマンで湖を清掃。

ご協力ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・main


日釣振(公益財団法人 日本釣振興会)が実施している釣り場環境保全活動 『水辺感謝の日 全国一斉清掃デー』は、今年も北海道から沖縄まで、全国125ヵ所で開催されました。

津風呂湖では今回は初めての実施で、10月17日(土)にNHC野釣りオープンに合わせてカヌー広場周辺を清掃し、翌18日(日)は津風呂湖バスカップの参加者がボートから湖面のゴミを回収しました。

清掃にご協力くださった皆さん、ありがとうございました。



title



<津風呂湖カヌー広場(3番)>・・・10月17日(土)/参加者20名


RIMG6981RIMG6979RIMG6972

RIMG6974RIMG6975RIMG6941


野釣りオープン参加者と漁協スタッフで湖畔を清掃。津風呂湖は頻繁に清掃活動が行われ、近隣のダムと比べるとゴミは少ないですが、それでもペットボトルや空き缶、エサ袋などが散在していました。



all

<津風呂湖観光桟橋>

10月18日(日)/参加者105名





00:12

2015年10月29日

明るい老後へのステップ

RIMG3808

『ロクマル(還暦)』急増中。

NHCも高齢化は避けられない?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG6041RIMG3860


釣りが好きな現役世代は十中八九、いや100%、リタイヤ後の釣り三昧生活を夢見ていると思う。

先日の王仁新池戦でのこと。

南 治孝さんと袋瀬健二さんが並んで座られていて、袋瀬さんが「オレ、もう定年やねん」と切り出すと、南さんが「私もですわ・・・」と、還暦の話題で桟橋トークになった。

南さんは以前から、「岸さん一人やったらこの先大変やから、退職したらNHCの運営を手伝うで」と、うれしい言葉をかけてくださっていたし、お二人のだいたいの年齢を知っていたので「今年還暦を迎えた」ということに驚きはなかった。

だけど、二人とも60歳にしては元気すぎ! (笑)

その体力と釣り欲は強靭だと感じる。

南さんは土曜日に椎の木湖(埼玉)で開催されたトーナメントに出場して、翌日に水藻FC(大阪)の月例会に参加するようなトーナメントフリーク。只今、NHCのアングラーオブザイヤーを連続で獲得し、総重量競技も5枚重量競技も両方が大好きで、どちらも強い。

袋瀬さんは話をすればするほど、「この人、めちゃくちゃ釣り好きやな」というのがヒシヒシと伝わってくる。釣り小僧がそのまま60歳になったような人。NHCウインターシリーズでは間違いなく最強だ。その実績からバリバリのヘラ名人かなと思いきや、実は海釣りが大好き。秋のシーズンは時間があればゴムボートに9.8馬力エンジンを取り付けて日本海へ出撃されている。


RIMG3858RIMG4285


NHC関東では今年、泉 和摩さんが還暦を迎えられ、ルアーメーカーを経営しながら、バスプロトーナメントの最前線で活躍されている。

2年前に還暦を迎えた下野正希さんはバスプロであると同時にフィッシングガイドというハードワークをこなし、時間があれば釣りに出かけられている。

さらに先輩の加藤 実さんと井上 彰さんはNHC東西の「みんなの師匠」だし、加瀬林 懋さんは昨年の椎の木湖戦で11kg台を叩き出してNHC最年長優勝記録を樹立。金子美明さんは先日の椎の木湖戦で3位入賞を果たした。

そして、NHC関西最年長の北川俊夫さんは、今年ルーキーとして11月のへらぶなクラシックに初挑戦する。

いや~、NHCが誇るジジー軍団は恐るべし。(笑)

年寄りには優しくしなきゃいけないんだけど、逆に若手が「ちょっとは手加減してよ」と言いたくなる強豪ばかりだ。




◎NHCも還暦UPメンバーが主体になるかも。

NHCは若い人にもヘラブナ釣りに興味を持ってもらい、この釣りの新しいファンを増やすことを目的にその活動をスタートさせた。

しかし、少子高齢化は進む一方で、この問題が解決し、経済状況と釣り場環境がよくならない限り、釣り人を増やすなんて夢のまた夢。

NHCも気が付けば半数以上が還暦UPになっているかもしれない。

しかし、そんなに悲観することもないと思う。それは時代の流れなので、ヘラブナ釣りファンの高齢化を良い、悪いで判断すべきではないだろう。

60歳を迎えても若い釣り人と対等に競い合っている南さんや袋瀬さんを見ていると、ヘラブナ釣りって何て魅力的な競技なんだと思えてくる。

例えNHCが高齢化時代を迎えても、体力が衰え、5匹を数えられなくなるまではみんなで楽しく競い合えたら幸せな釣り人生ではないだろうか。

NHC事務局を担当している自分も、クラブの若返りなんて高望みはしていないし、ただ自分自身や仲間が年をとってからの遊び場を残しておきたいと思う気持ちが事務局運営のモチベーションになっている。




◎へらぶなクラシックに『シルバー部門』を作るべきか

ダラダラとNHCメンバーの高齢化について書いたが、年配のメンバーが増えるなら、楽しみの1つとしてNHCへらぶなクラシックに『シルバー部門』を設けてはどうだろうか、という提案がしたかった。

ルーキー賞やレディース賞のように若手や女性の励みになればいいけれど、逆に「年寄扱いするな、バカヤロー!」という気持ちにさせやしないかと少し心配な面もある。

60歳ではまだまだ若すぎるので、65歳以上を対象に競い合う部門について、該当する年齢のメンバーから率直な意見を聞いてみたい。(事務局K)


00:37

2015年10月28日

出たよ~♪ 『ワカサギ大全』

RIMG7140なるほど! THEワカサギ大全

2015-2016年度版、好評発売中!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG7141

年に1回、ワカサギ釣りシーズン開幕直前に発行されるバイブルです。

昨年に続き、関西ネタがいっぱいでうれしいですね。

11月1日に解禁する釣り場が多いので、大全を穴が開くまで読んで、イメージトレーニングに励んでくださいね。

事務局Kの独断と偏見のオススメ記事は・・・





<第1位>RIMG7145

今年もタメになる記事が多かったけれど、事務局Kが一番最初に読んだのは、松田克久さんの信州・中綱湖釣行記です。

昨シーズン、なかなか結氷しない中綱湖がオープンしたことを松田さんのブログで知り、「さぁ、行くぞ~!」と気合を入れたら、氷が解けていました。(涙)

昨シーズンは松原湖で氷上釣りを経験したので、もし今シーズンも中綱湖が結氷したなら行きたいなと思っています。




<第2位>RIMG7147

増田明浩さんの津風呂湖・爆釣ポイントガイドも見逃せない。

増田さんは本格的にワカサギ釣りを始めて間がないんだけど、津風呂湖を知り尽くした最強バスプロ。

ワカサギの行動パターンをしっかり読んで、昨シーズンはメガサギを釣りまくっていました。

津風呂湖でボート釣りデビューするなら必見です。




<第3位>RIMG7143

これは・・・、個人的な好みになってしまうのですが、「ぶんちゃん」こと石川文菜さんの山中湖ドーム船釣行記もしっかりと読みました。

事務局Kは、ガールは好きなんだけど、釣りガールにはまったく興味がないんです。

でもね、恥ずかしながら、ぶんちゃんのファンなんです。

この娘がいると、周囲がパ~っと明るくなるんですよね。




<P.S>

他にも役立つ記事がいっぱいなので、立ち読みせずにご購読を!(事務局 K)

<<<つり人社 ムック>>>

00:33

2015年10月20日

祝・立川志ららさん

P-11-shirara全国縦断つり祭りのMCを務める

立川志ららさんが真打昇進!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

B-1今年から始まった『全国縦断チャリティつり祭り』。

初心者や子ども、ファミリーでも楽しめるこの釣りイベントは東北から九州まで、全国8ヵ所で開催されました。

このイベントのMCを務めた立川志ららさんが今月(10月1日)、晴れて真打に昇進されました。

おめでとうございます!

私もつり祭りの釣り体験コーナーをお手伝いしていたので志ららさんとご一緒する機会が増え、落語の世界の面白い話をたくさんしていただきました。

子どもをイジるのがとても上手だし、元気だし、噺のスペシャリストなのでどんなに時間が空いてもステージを盛り上げてくれました。私も一発でファンになりました。

でも、まだ・・・、一度も志ららさんの落語を聞いたことがないんですけどね。(笑)

一人で練習することもあるけれど、やはり人前で話しをすることが大切だそうです。いつもハードスケジュールで、時間があればどこかで落語をしている稽古熱心さに驚かされました。

真打に昇進したことでさらに忙しくなり、「来年のつり祭りに来てもらえないかもな~」と心配していたのですが、先月大阪に来られたときに、「来年もやりますよ~」と言っておられたのでひと安心しました。



P-0-aP-0-bP-2b


今年は江戸川で初ハゼを釣っていただきましたが、来年は志ららさんにももっと釣りにチャレンジしてもらいたいなと思っています。

来年のつり祭りが楽しみです。



IMG_4049IMG_4051

神宮外苑の花火大会を見に行った友人から、「志ららさんがMCしてたよ」と写真を送ってくれました。

皆さん、志ららさんは今後要注目の落語家ですよ~。(事務局K)

08:07

2015年10月19日

速報! 前山智孝さん、G杯制覇

20151019170113メジャー大会の頂点に。

祝・G杯へら優勝!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015101917015120151019170222

20151019170113

びっくりのニュースが飛び込んできました。

本日(10月19日)、富里乃堰で決勝が行われた『第37回 G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権』において、NHCメンバーの前山智孝さんが優勝しました。

前山さんはご存知、本職はバスプロ。類まれなるその釣りのセンスは誰もが認めるところですが、いや~へらの世界で頂点に立つとはね~。

決め手は両グルとか。共エサならへら名人とも対等に戦える実力がありましたからね。

前山さん、おめでとうございます!

とりあえず、報告まで。

前山さんにインタビューして、楽しいお土産話を後日UPしま~す。(事務局K)

17:59

2015年10月11日

日釣振 淀川へらぶな放流 報告

RIMG6732元気に育て、淀川のヘラブナ。

「しっかり根付いてくれよ~」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG6759RIMG6765RIMG6742


平成27年10月11日(日)、公益財団法人 日本釣振興会 大阪府支部の淀川ヘラブナ放流が守口市下島地区の河川敷で行われました。

これで3年連続。放流量は前年よりも100kg増えて300kg。

サイズは15~20cmと小型ですが、その分数はかなりいました。

大きく育って釣り人を楽しませてもらいたいものです。


RIMG6745RIMG6754RIMG6773



RIMG6731◎釣り人による釣り場の自主管理

この放流事業の責任者は日釣振大阪府支部に所属する近畿へら鮒釣会連合会の平松満男会長です。

この日は平松会長をはじめ、普段から淀川でヘラブナ釣りを楽しむ有志たちが集まりました。

予算内で少しでもたくさんの魚を放流しようと、今回も釣り人自らがトラックを運転して魚を養魚場へ引き取りに行き、汗だくになりながら魚を運びました。

この付近には通称『東洋紡ワンド』と呼ばれるヘラブナ釣りのポイントがあります。シーズンになると2ヵ月に1度のペースで藻刈りや草刈り、ゴミ拾いなどの活動を行っているそうです。

自分たちの釣り場は自分たちで守る。釣り人口の減少がこの先も続いたとしても、釣りを楽しめる環境だけは残したい。釣り場を自主管理する精神は釣りの将来のためにとても尊いものです。


RIMG6780RIMG6723RIMG6728



RIMG6733RIMG6734RIMG6735RIMG6736RIMG6737RIMG6743

RIMG6744RIMG6740RIMG6746RIMG6750RIMG6747RIMG6770



RIMG1191◎淀川はヘラブナの故郷

ヘラブナ(河内ブナ)の故郷は淀川の遊水地だった巨椋池(おぐらいけ)。

でも、ヘラブナの原種と言われるゲンゴロウブナが育ったその大きな遊水地は昭和初期に干拓地へと姿を変えました。

淀川では長年の間ヘラブナの放流が行われず、現在は体高のあるマブナは多いけれど、ヘラブナが釣れる率が低くなっています。

日釣振が淀川でヘラブナ放流を再開したのは2年前、今年で3年連続となります。

流域や川幅の規模からすると、年に一回の放流で目に見える成果を上げるのは難しいかもしれません。

だけど、流域が長大なだけに、しっかりとヘラブナが根付けばたくさんの野釣りファンが楽しめます。マブナでもイイという方もおられるでしょうが、やっぱり美べらが釣れると釣趣は高まりますからね。

他府県の方には信じられないほど大阪府下には野釣りを楽しめる場所が少なく、大阪在住でも奈良県や兵庫県へ釣りに行かれるヘラ師が多いのです。

だから、何としても淀川のヘラブナに頑張ってもらいたい。

淀川流域に住む一人の釣り人として、自分の老後のためにも淀川の釣り場環境がよくなってほしいなと願っています。(NHC事務局K)



<P.S>

以前に淀川への思いを込めて紹介した記事です。

時間があるときにでも読んでくださいね。

<<<京都ぶら~り散策【1】 伝説の湖・巨椋池>>>

<<<京都ぶら~り散策【2】 淀川舟運と伏見港>>>

14:27

2015年10月 9日

ダムの楽しみ方

cardimg各地のダムをトレイルして、

ダムカードを集めてみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

RIMG6520ダム巡りをするダムマニアが増えているらしい・・・。

先日開催された布目湖釣り大会において、私がいた『日釣振』と、『布目ダム管理所』のブースが隣合わせでした。

布目ダムを管理する中尾浩康所長といろいろ話する時間が持て、ダムに関する知らなかったことをいろいろと教えていただきました。



ダムマニアが増えている(増やしたい?)ので、国土交通省と独立行政法人 水資源機構が管理している全国各地のダムでダム毎のオリジナルカードを発行しているそうです。

水資源のホームページを覗くと、ダムカードがあるダムは37ヵ所。cardimg

布目ダムがある木津川水系には5つのダムがあります。

その全5種類のカードを集めると水資源・木津川ダム総合管理所で特製の手作りカードがもらえるそうです。

最近はダム巡りをする女子もいるそうで、コミックもあるとか。

う~ん、何が流行るか分からないこの世の中。

とりあえず今回、1枚目(布目ダム)のカードをゲットしました。

木津川水系の5枚を集めようかどうか思案中です。

ダムマニア以上にダムへは通っていますが、ダムへらマニアなもんで。(笑)

尺半釣り上げたらもらえるカードがあればうれしいかな。

個人的にはお殿様の気分になって『お城巡り』をするのが好きなんですけどね。(事務局K)


<<<木津川水系 ダムカード>>>



e81b6127640x640_rect_23967530sanrakuimg_2

<P.S>

全国各地にあるダムカレー。布目ダムにも『特製ダムカレー』があるそうです。

かもめさんの本日の晩ご飯はカレーです。ダムカレーに挑戦してみようかな。

うちの奥さんがカレーかお好み焼きを作っている日は遊びに出かける日なんですよね。

もう30年も連れ添っていると言葉はいりません。

20:26

2015年10月 6日

室生ダム『水辺感謝の日』2015 報告

img_20120824T115322843_2_2_2室生ダムの湖畔を一斉清掃!

ご協力ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

main

日釣振(公益財団法人 日本釣振興会)が実施している釣り場環境保全活 『水辺感謝の日 全国一斉清掃デー』は、今年も北海道から沖縄まで、全国125ヵ所で開催されます。

NHCがこの活動に協力してから今年で5年目になります。

今年も『室生ダム チャレンジカップHERA』に合わせての実施になりました。

そして今回は、JOFI奈良(奈良県釣りインストラクター連絡機構)のメンバー6名が応援に駆け付けてくれました。

釣り大会の参加者が50名だったので、計56名での清掃活動です。

参加者の皆さん、ゴミの回収にご協力いただき、ありがとうございました。

室生ダムはここ数年、放流量が増えてジワジワと魚のコンディションが上向いてきています。

ゴミが少なくなれば、もっと素晴らしい釣り場になると思います。

みんなで湖畔をきれいにしていきましょう。(NHC事務局K)



title

後援:水産庁・環境省


RIMG6704RIMG6710RIMG6713

RIMG6716RIMG6717RIMG6718




<<<津風呂湖 水辺感謝の日・10/17~18>>> ← 今年は津風呂湖でも実施しま~す!


<<<JOFI奈良>>>



12:58

へらトーナメント観戦

2015_m-1cup_b_2全国へら鮒選手権の動画、

見応えがありました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・299

平成27年8月29~30日(土・日)に椎の木湖で開催されたマルキユーM-1 CUP 全国へら鮒釣り選手権決勝大会。

その動画が先日、『You Tube』にUPされました。

『Marukyu JP』というチャンネルを登録しているので、動画UPされるとメールが届きます。

自分自身は野釣り派なので、やはり野釣りの情報が好みなのですが、来月に椎の木湖へ行くので思わずリアクション・クリック。

26分という時間に「長っ」と思いましたが、とても面白かったです。

熊谷 充さんの桟橋からのリポートは臨場感が伝わってきました。

それともう一つ、萩野 孝之さんのウイニングパターンが基本に忠実でシンプルだった(分かりやすかった)こともあるでしょう。

動画にしろ、活字にしろ、トーナメントのリポートはその時々のコンディションをまずはしっかりと伝えることができなければ次へ進めません。

ヘラブナ釣りは目の前で釣りをしていても、他の釣り以上に見えない部分が多いように思います。

見えそうで見えない部分が魅力でもあるのですが、初~中級者には答えがハッキリしないので何か物足りなさを感じるのではないでしょうか。

ヘラブナ釣りは他に類がないほど競技に向いているのに、トーナメントの観戦者が少ないように思います。

「釣りは自分がやってこそ楽しいゲーム」であることは間違いないのですが、情報を発信する側の「見せ方」次第でまだまだ変えられる部分があるのかな、と思わせる動画でした。



◎釣りビジョン・ヘラブナギャラリー『椎の木湖 M-1チャンプの理論』

10月9日(金)、M-1優勝者・萩野孝之さんを密着取材した番組が初回放映となります。

う~ん、こちらの内容も気になります。

動画を見ていると、自分でもできそうに思います。

今年は自動検量器だし、クラシックに出ようかな。(笑)


fv_mark

  

  ← ヘラブナギャラリー

 



00:26

2015年10月 2日

へら三昧、大人の遠足プラン

RIMG0581年に一度のへらクラシック。

晩秋の北関東を楽しもう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG0585今年のNHC全国決勝大会『へらぶなクラシック』は椎の木湖(埼玉県)が会場です。

関東一円はもちろんのこと、東北、関西、九州からNHCメンバーが集まります。

今年はデカへらで人気の釣り場だから、さらに盛り上がりそうです。

年に一度のヘラ祭りをみんなで楽しみましょう。



■どっぷりヘラブナ釣り満喫スケジュール!

11/21日(土)11/22(日)11/23(月・祝)
がまかつチーム対抗戦
クラシックの2日前に『がまペア』が椎の木湖で開催されます。 
関西・九州組は数組がエントリーされています。 

◎申込み〆切は10月20日! 

※募集定員がオーバーすれば抽選になります。 

<<<申込み先>>>
へらぶなBIG-1コンテスト
クラシックの試釣組で大助大会を行います。釣り座は自由席で! 
※TOP10まで景品あり。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
筑波湖 釣行

なかなか環境のいい釣り場だということで、事務局Kは筑波湖へ遊びに行く計画を立てています。 
※同行者募集中! 

NHCへらぶなクラシック
みんなで究極の5枚重量競技を楽しみましょう! 

ちなみにNHCレコードは、 
5枚・5,960g(尾作博樹)、 
10枚・11,410g(加瀬林 懋)


せっかくの連休だから、へらぶなクラシックへの参加だけではもったいない。

関西・九州の遠征組は、11月21日(土)の『がまかつチーム対抗戦』から始まり、3日間のへら釣り三昧という方も結構おられます。

遠征メンバーはどうしても欲ばりプランになってしまいます。

椎の木湖でどっぷり3日間、いいですね~。

感覚がマヒしそうで地元に帰ってからが恐ろしいですが・・・。(笑)

『美人は3日見たら飽きる。ブスは3日見たら慣れる』

なんて諺(?)にあるように、椎の木湖の巨美べらを3日も見ると飽きちゃうかも?

ということで、事務局Kはクラシックの前日に、筑波湖へ行くことにしました。


IMG_0010


筑波山の麓にある管理釣り場で、ロケーションはバツグンらしい。

水深もあり、大型へらの実績もあり。関西メンバーながら関東へよく遠征するO君から、「ここ、NHCの全国大会にオススメっすよ」と聞いていました。

いろいろ調べていると、いかにも関西のメンバーが好きそうな釣り場のように思います。

椎の木湖を連チャンで楽しむもよし、いろんな釣り場をトレイルするもよし。

「筑波湖に行ってみたいな」という方は、ぜひご一緒しましょう。

※6時30分から営業ですが、4番入場なので5時30分現地集合です。

 参加される方はNHC事務局までご連絡を!



◎へらぶなクラシック前日に『へらぶなBIG-1コンテスト』を開催!

毎年恒例の『へらぶなBIG-1コンテスト(大助大会)』をクラシックの前日(22日)に椎の木湖で開催します。

前日に試釣する方は、ぜひ一発大物を狙ってください。

ささやかですが、TOP10まで景品を用意します。

※22日(日)の椎の木湖はかなり混雑が予想されますが、釣り場に確認したところ、「団体予約はいっぱいだけれど、一般入場は可能」だそうです。

※『へらぶなBIG-1コンテスト』の開催要項は後日案内します。釣り座は各自で確保することになります。



IMG_2716◎ステキな友だちができました!

先週末、釣り大会の取材で野尻湖へ行ったときに、ヒューマンフィッシングカレッジの関係者から「ヘラブナ釣りをする学生がいる」と紹介されたのが小谷野慶太君でした。

この夏から筑波湖の経営をされている『こやの釣具店』の三代目と聞いてびっくり。

お店はほぼヘラブナ釣り専門店だそうですが、実は小谷野君、大きな声ではいえないけれど・・・、ブラックバス釣りが大好き。(笑)

だけど、お父さんが筑波湖の管理をするようになってから、ヘラ釣りも始めたそうです。

なかなかのイケメンで、とても爽やかな好青年。宿が一緒だったので、友だちになってもらおうと激しくアプローチしました。(イヤイヤっぽいですが)NHCトーナメントにも参加してくれるそうです。

事務局Kはすっかり友だち気分ですが、小谷野君はたぶん「関西のおっさんはウザイな~」と思ったでしょうね。(笑)

 

話はかわりますが、今年に入って、関東で気になるヘラ釣り場が2つありました。

『宮沢湖』と『筑波湖』です。

宮沢湖は事務局だよりでも報告しましたが、ムーミン谷のテーマパークができるにともない釣り場の営業が来年の春で終了します。

この知らせには本当にガックリきましたが、小谷野君と知り合ったことで、筑波湖はぐ~んと身近になったような気がします。

11月の大人の遠足が楽しみです!


<<<こやの釣具店>>>

<<<筑波湖>>>



<椎の木湖周辺の宿泊>

連休期間中はかなり混雑が予想されます。

へら師に人気の『ルートイングランティア羽生』はすでに満室だそうです。

事務局Kは加須第一ホテルを予約しました。9月30日の時点では、まだ部屋はあるとのことでしたので、クラシックに参加される方は早めに宿泊先をおさえていた方が無難です。

<<<加須第一ホテル/加須センターホテル>>>


↓戸井田祐一さんの筑波湖攻略動画です!


00:10

2015年10月 1日

圏央道の開通が早まった!

mapT『桶川北本I.C』~『白岡菖蒲I.C』間が

平成27年10月31日に開通!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西から北関東へ行く場合、東京都心をパスして東北道へ入れま~す!

ヤッホー!!!

map



用地買収がうまくいかないのか、延び延びになっていた圏央道の開通。

少し前まで『桶川北本I.C』~『白岡菖蒲I.C』間は、平成27年11月末までに開通予定、となっていました。

へらクラシックは11月23日なので、ビミョーでした。

「クラシックまでに開通してくれないかな~」と、国交省関東地方整備局のホームページを覗いてみたら、なんと開通が平成27年10月31日となっていました。

マジでうれしい。長距離運転して、首都高の渋滞に巻き込まれるのは超ストレスですからね。

これで何の用もない東京都心をパス。

東名や中央道から圏央道経由で東北道へ入れま~す。

大阪から椎の木湖まで、ノンストップだな。(笑)

皆さん、スイスイでも安全運転で!(事務局K)



<<<国交省 関東地方整備局>>>

<<<圏央道『桶川北本I.C』~『白岡菖蒲I.C』開通情報>>>


16:09