日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2015年7月
« 2015年6月 | メインページ | 2015年8月»

2015年7月30日

淀川大自然体験の下見<2>

RIMG5812テナガは少なくなってきましたが、

ハゼはサイズUP、シジミは大漁!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG5807


本日(7月30日)、淀川の偵察に行ってまいりました。

イベント当日に合わせて、引き潮時にチェックするため朝の10時ぐらいに現地到着。

なんと若い男子2人がシジミの潮干狩りを楽しまれていました。

声をかけると、「いっぱい取れました!」とニッコニコ。

まだ学生さんかなと思ったけれど、社会人とのこと。

なんとNHCのホームページを見て、有給休暇をとっての潮干狩りだそうです。

釣りはやらないそうで、アカムシを見ただけで「気持ちわりぃ~」という草食男子でした。

でも、シジミはがっぽりゲットしていましたよ。


RIMG5806RIMG5808RIMG5809



ちょうど昼が干潮の大潮だったので、潮干狩りは最後のお楽しみ。

まずはテナガエビからチェック。潮が引き過ぎて遠浅の鉄橋下ワンドでは釣れず、上流のテトラを探ってお昼までに4匹。まだ卵を持っているメス1匹、まぁまぁサイズのオス1匹、チビ2匹です。

お腹が痛くなってパチンコ屋さんへ行ったのが大きなロスタイムでした。(笑)


RIMG5814RIMG5812RIMG5824


干潮になったタイミングで『シジミのおっちゃん』に変身。

サクサクっと小さなザル一杯取ってシジミの部終了。

午前中で帰る予定でしたが、満ち潮時のハゼが気になり延長戦へ突入。

テナガエビのタックル(1.8m)で目いっぱい沖へ振り込み、あちこちを釣り歩きました。

水位が50cmほど上がったころに、プルプルプルンと軽快なアタリが連発。

このときだけでしたが、7~8cmに育ったハゼがパタパタッと釣れました。


RIMG5831RIMG5832


このところのゲリラ豪雨の影響か、酷暑で夏バテなのか、エビも魚もグッドコンディションとは言えませんが、とりあえず3つのターゲットを手にすることができました。

テナガエビ、ハゼ、シジミを狙うというチョー欲ばりな体験イベントですが、気合で暑さをぶっ飛ばし、泥んこになって楽しみましょう!(事務局K)



yodogawasizen0802banerol


20:56

2015年7月25日

なかなか美味しい外来種!

RIMG5684江戸川で出会ったハマグリもどき、

ホンビノスガイを食べました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RIMG5690

仕事のプチ打ち上げでNHC事務局の近くにある海鮮居酒屋さんへ行きました。

すると、外来ハマグリ『ホンビノスガイ』が水槽の中にたくさん並んでいました。

6月に江戸川放水路へ行ったときに、子どもたちが潮干狩りで取っていたあの大きな二枚貝です。

江戸川で取ったホンビノスガイを食べた友人から「フツーに美味しかったよ。家族でまた行くことになりました」と聞いていたので、「一度食べてみたいな~」と思っていました。貝は大好物ですからね。

まさかJR環状線『天満』駅前にある磯丸水産で出会うとはラッキーです。このお店は関東を中心としたチェーン店で、特別な高級店ではありません。すでに定番メニューの一つになっているということは、自分が知らないだけでホンビノスガイはすでに貝の世界のメジャーリーガーなのかもしれません。


RIMG5683RIMG5684RIMG5687 
▲ホタテ、ホッキガイ、サザエ、ホンビノスガイの浜焼きコースを頼みました。


メニューに載っている名前は白蛤(シロハマグリ)。( )してホンビノスガイという名前もちゃんと表記されていました。最初は白蛤という名前で流通に出回ったようですが、食品偽装の問題が取り上げられることが多くなり、ハマグリとの区別が紛らわしいということで本名のホンビノスガイをきっちりと表記することになったみたいです。

気になるお味ですが、口の中に入れてモグモグしての第一印象は「あっさりしてるな」でした。どちらかというとタンパクです。貝を食べる人なら「この貝嫌い」という人はいないのではないでしょうか。サイズ的にはアサリよりもかなり大きいけれど、10個ぐらい食べないと「食べた~」という気にはならないですね。

本家のハマグリよりも安価なので、安定した漁獲量が続けばますます注目されるのではないでしょうか。

外来種がこの国で人気者になるには、グルメな日本人に「美味し~い!」と言わせることかもしれませんね。(事務局K)


<<<江戸川放水路のホンビノス潮干狩り>>>



RIMG5689

<P.S>

イカとつくねも焼いてみました。

自分で焼きながら食べるのも楽しいですね。

12:49

2015年7月21日

宮川園戦参加者の皆さんへ(お詫び)

thumb_20131119133839_528aeb4fbdce1行方不明の景品が見つかりました。

お騒がせして、ゴメンナサイ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG56657月20日(祝)の宮川園戦でのこと。

表彰式の準備をしていたときに、購入した景品の一部がないことに気づきました。

18日の深夜に購入して、車から下ろしていないのに行方不明・・・。

車上荒らしの形跡もなし。???

「購入した近所のスーパーで積み込み忘れたかな?」と思って大会の帰りにそのスーパーに立ち寄ったら、迷子になった景品たちがサービスカウンターに預けられていました。ホッ。

RIMG5674レジを出たところの荷造り台のところに置き忘れていました。

お騒がせして、ゴメンナサイ。 m(。-_-。)m

その景品の中にはステージTOP賞のワインが含まれていましたが、サコさんからご提供いただいた日本酒2本で代用させていただきました(助かった~)。

今回の景品購入費は25,726円でした。前回の繰越品(ビール)もあり、約3,800円ほど予算オーバーしていたので、今回の景品は次大会の景品とさせていただきます。ご了承ください。(事務局K)




◎やっぱり選手で出るのは難しい?

今年からNHC関西のレギュラーシリーズは全大会とも『NHC5匹重量ルール』で開催しています。

検量が楽になったので選手として出場しているのですが、頭の中が釣りのことでいっぱいなのか、チョンボ連発です。(涙)

あ~、年はとりたくないですよね。

でも、毎日釣りができる日も待ち遠しい。



18:11

2015年7月14日

淀川大自然体験の下見

RIMG5572テナガエビは岸際をウロウロ。

ハゼもポツポツ上がっていました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG5583

7月19日(日)に淀川で開催予定の『都会の川の大自然体験』イベントのプラクティスに行ってきました。

日曜日の夕方ということで姫島の河川敷ではテナガエビ釣りを楽しむ方が数組おられました。

ほんの3~4年前までは一部の人の楽しみだったこの釣りも、確実にポピュラーな釣りに変わったかな。

この日は夕方に2時間ほど竿を出しました。夜7時が満潮であまりいい潮回りではなかったけれど、グッドサイズを含めて7匹釣れました。

貸出し用の竿と仕掛けのセッティングもバッチリです。RIMG5566

入れ食いにはほど遠いですが、テナガエビはまだまだ岸近くをウロウロしていましたよ。

ハゼ釣りはやらなかったのですが、隣で釣っていた方がグッドサイズのウロハゼを上げていました。

この周辺は塩分濃度が濃いのか、昨年の7月にハゼ釣りをしたときもマハゼとウロハゼの数はほぼ同数でした。

RIMG5585マハゼは冬が産卵期なのに対して、ウロハゼは今がちょうど産卵前でグッドサイズが接岸します。だから今度は『ハゼクラ』も楽しんでみようと思います。

イベント当日はハゼ用クランクベイトも少し用意していくので、ライトアクションのバスフィッシング・アジング・メバリング・管釣りトラウト用のタックルをお持ちの方はご持参ください。

刺身サイズのランカー・ウロハゼを狙いましょう!(事務局K)

 



<注意事項1> 服装対策

姫島周辺は尖ったゴロタ石が多く、足場はよくありません。

水際は浅いのでそれほど危険ではありませんが、足もとには十分注意してください。

こんな場所では捨ててもいいボロボロのスニーカーや、足にフィットした長グツが重宝します。

釣りのときは長ズボン、潮干狩りのときは半ズボンがオススメです。

タオルや着替えもお忘れなく!

もちろん熱中症対策で帽子を着用し、小まめな水分補給をお願いします。


RIMG5576RIMG5569
  満潮時は足場が悪くなります。



<注意事項2> 台風の動きに要注意!

台風11号の動きが不気味です。今後も勢力は発達しそうで、木・金あたりは大荒れが予想されています。

19日(日)は天気が回復しそうだけど、台風が長時間の大雨を降らせると増水で釣りができなくなる可能性もあります。

開催・中止の判断は台風通過後に再度アナウンスさせていただきます。



2015淀川自然体験バナー7-19ol

00:04

2015年7月10日

ハゼもルアー釣りの時代 ?

RIMG5145『ハゼ・クラ』って、ご存知?

一度チャレンジしてみようかな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

RIMG5141

▲ハゼクラの傑作『HAMKL CRANK 33 AIR(MR/DR)』。

リップが大きい方がDR。超小型軽量ながら水深2.5mまでカバーするそうです。



RIMG5082

ハゼをクランクベイトで釣る『ハゼクラ』が昨年から流行りはじめています。

あのダイワさんまで、ハゼ専用ルアーをリリースする力の入れようです。

ハゼがクランクベイトで釣れると聞いたとき、最初はピンときませんでした。

ウルトラライトアクションのロッドを使ったにせよ、小さなハゼをリールでグリグリ引き寄せるよりも、ヘラ竿などの軟らかい竿のミャク釣りでアタリを楽しみながら釣る方が自分に合っていると思えたからです。

でも、長年の釣友が「ハゼクラは意外とおもしろい」と言うのです。

基本はリップでボトムを小突くようにスローリトリーブしてくるのですが、「クワセ」のタイミングを作ってやるといいそうです。「止め」のアクションを入れ、ルアーがゆらゆら浮き上がった瞬間に「ドカン !」と体当たりしてくるバイトが最高に気持ちがいいとか。

だから、クランクベイトは超小型で、よく潜るフローティングタイプが適しているそうです。

RIMG5147その釣友がHMKLさんに最高のハゼクランクがあるというので、さっそく入手しました。

そう、写真のクランクベイトはルアーデザイナー界のレジェンド、泉 和摩さんがデザインしたハゼ用クランクです(※ハゼのために作ったルアーではありませんが・・・)。ストラップにしたいほどカワイイですよ。

ハゼクラの釣趣を確かめに、近々淀川へ行ってこようと思います。(事務局K)



00:45

2015年7月 9日

生き物のお世話<日課>

RIMG5404大量のアカムシと同居中。

長生きしてくれるかな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG5403<日課・1> 毎朝、水かえから一日が始まります。

『都会の川の大自然体験』イベントが延期になって、購入していた大量のアカムシが余ってしまいました。

次の開催日(7月19日)まではもたないでしょうが、とりあえず只今、飼育中。

アカムシって意外とデリケートな生き物で、毎日水をかえ、死んだアカムシを取り除いてやらないといけないんですよね。

だから毎朝、フタ付きのグルテンボールに入れてあるアカムシの水かえが一番最初にする日課になりました。



RIMG5425

<日課・2> ベビーラッシュのメダカのお世話。

メダカはスイレン鉢で飼っていて、ほったらかしでも増えていたのですが、ここ数年は数が減ってきました。そこで今年はメダカが卵を産み付けた水草を別のスイレン鉢に移したら、アッという間にメダカの学校状態。1週間で少子化問題解決です。

メダカの仔魚にはゆで卵の黄身をエサにしています。水で溶ぎ、スポイトで数滴あげるだけです。

黄身は水がわるくなりやすいので、毎日少しずつ水をかえています。

「ワカサギの仔魚もメダカのように元気に育ってくれたらな~」と思います。

メダカ飼育はとても簡単なので、ぜひ少年少女の皆さんもチャレンジしてほしいですね。



RIMG5402

<日課・3> 金魚のお世話。

夏になると金魚水槽の水がわるくなりやすく、4~5日ペースですべて新水に交換しています。

エサは冷凍のアカムシですが、生きたアカムシが大量にあるので、踊り食いをさせてやりました。

喜んでくれるかなと思いましたが、エサ用のアカムシはひと回り大きかったせいか、最初は少しビビッてました。大きなアカムシは頭が硬そうで、あまりたくさん与えると消化不良を起こしてしまうかもしれませんね。



RIMG0291

<日課・4> 丸4年経過したカワアナゴのエサやり

 自宅の前を流れる大川(旧淀川)で釣り上げたカワアナゴ。

4年前に飼い始めたときは7.5cmでしたが、17cmぐらいに成長しました。

臆病なので最初は生きたエビやメダカしか食べなかったけれど、クリル(乾燥オキアミ)を食べるようになり、時間はかかったけれどキャット(タブレット状のエサ)も食べてくれるようになりました。

今では水槽の前に立つだけで「エサくれ~」のポーズをしてくれます。

1cmマクロで撮影すると、メダカの目玉は超デカいし、カワアナゴはジンベイザメのようです。



  RICOH WG-4で撮影(最近のコンデジは素晴らしい!)
RIMG0286RIMG0281RIMG0288RIMG0277IMG_6334IMG_6337 
▲カワアナゴ
RIMG5430RIMG5407RIMG5408RIMG5410RIMG5424RIMG5451 
▲メダカの仔魚(孵化1週間~10日) 



RIMG5490

<P.S> もう一つ、日課がありました。www

99%ムダだと分かっていても、藁をもすがる思いです。

植えた方が手っ取り早いのですが、田植えのお金があるなら、老後の釣り三昧ライフのために貯えておくかな。(笑)

事務局Kのくだらない日課にお付き合いいただき、ありがとうございました。

アカムシ & メダカの赤ちゃん、差し上げます。(事務局K)

01:10

2015年7月 2日

宮沢湖、さようなら・・・(涙)

20150401_3340362ムーミン谷の誕生で来春から

釣りができなくなる悲しい知らせ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、知人から悲しいメールが入りました。

あの宮沢湖(埼玉県)が釣り場としての営業を2016年3月で止めるという内容でした。

私自身、この釣り場へ足を運んだことはありませんが、釣り場運営で画期的な取り組みをされていたことをその知人から聞いていて、とても期待していたフィールドです。

今年は絶対に行こうと思っていたし、釣り場の管理者にお会いしていろいろ話を聞きたかったのですが・・・。

ヘラブナの人気釣り場だし、ワカサギの数釣りも楽しめるし、リリース禁止の埼玉県おいてブラックバスの有効利用にも前向きに取り組むという、これからの時代の貯水池における釣り場運営のモデルになると思っていたので、ただただ残念です。

あ~、ムーミン大好きだったのに・・・(大泣) 。(事務局K)



詳細は知人のブログをご覧ください。

<<<IKE-Pの釣れづれ日記>>>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 ムーミンとスナフキンの出会いは釣りでした・・・

 

なのに、なぜムーミン谷は釣り禁なんだ?

17:11