日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2015年3月
« 2015年2月 | メインページ | 2015年4月»

2015年3月31日

全国縦断つり祭り 報告

IMG_9808多くの方に釣りを楽しんでもらう

『祭り』が遠賀川からスタート!


◎主催:全国縦断つり祭り実行委員会

◎後援:公益財団法人 日本釣振興会/一般社団法人 全日本釣り団体協議会

◎リポート:NHC事務局 K

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f_fes2015_mainV-thumb-640xauto-19689




2015年は全国8ヵ所で開催予定。

3・29(日)、北九州・遠賀川でキックオフ!

 

 



IMG_9856RIMG3914IMG_9807

 


「釣り好き集まれ!」を合言葉に、全国縦断チャリティつり祭りが今年からスタートしました!

ちびっ子やファミリー、ビギナーでも楽しめる釣りイベントです。

初年度は3月29日の北九州・遠賀川を皮きりに、全国8ヵ所で開催されます。

釣り大会や釣り教室、ルアー作り体験、スーパーボールすくい、宝探し、小物釣り体験など、

イベントが盛りだくさん。釣り具やボート、キャンピングカーの展示もありました。

 

RIMG3954IMG_9766IMG_9775


IMG_9912

総合司会は立川志ららさん。

さすがは本職の落語家さん。トークがヤバすぎるほどおもしろい!

アシスタントMCは九州で活躍中の大﨑夏鈴さん


 


RIMG3995


NHCメンバーは小物釣り体験コーナーを担当!

つり祭りにはNHCも協力しました。

担当は『小物釣り体験コーナー』です。

地元・九州の「おかちん」こと岡村晃次さんと、九州大龍会の中尾大龍会長が助っ人として駆けつけてくれました。


 

RIMG3986RIMG4030RIMG4028

 


 小物釣り体験コーナースタッフ 

RIMG3980RIMG3982RIMG4017 

▲九州大龍会の皆さんが仕掛けを作ってくれました。ご協力ありがとうございました。 
「おかちん殿が痩せた?」と思えるほどの巨漢、ヒューマン現役学生・田中君も手伝ってくれました。 
なんと大龍会長はヌマチチブ7cmを釣り上げて他魚の部準優勝。実は・・・床ばかり中にヒット!(爆)
 

 

IMG_9736小物釣り体験コーナーでは無料貸出し用の釣り道具やエサを用意しました。

「ハリに掛かる魚は何でも釣っちゃえ!」という企画です。

ほとんどの方が初心者なので思いのほか大変でした。

ヒューマンフィッシングカレッジの学生さんにも手伝ってもらいながら、30人ぐらいの方に小物釣りを体験してもらうことができました。



本日の主役、ブルーギルとヌマチチブ 
RIMG4005RIMG4002IMG_9735

 

まだ水温が低く魚種は少なかったけれど、小さなタナゴバリにブルーギルやヌマチチブがたくさん掛かってくれました。

お魚さんたちにも感謝!

ぶっつけ本番の企画だったのですが、ちびっ子たちも大喜びだったのでひと安心。

いろんなアトラクションがありましたが、釣り好きには「ピクピクッ」とウキが踊るあの瞬間がたまりません!

たくさんの笑顔を見ることができてよかったで~す。

IMG_9732IMG_9795RIMG4010


それでは、つり祭りのフォトリポートをお届けしま~す!

アナタの近くで開催されたときはぜひご参加くださいね。

 

IMG_9701IMG_9694IMG_9714IMG_9722RIMG3953RIMG3973RIMG4007RIMG4014RIMG4038RIMG4039IMG_9721IMG_9739IMG_9760IMG_9773IMG_9778IMG_9791IMG_9803IMG_9810IMG_9804IMG_9850


matsuri1 (1)

 

全国縦断チャリティつり祭りの詳細は

こちらをクリック!






11:35

2015年3月26日

NPO法人 事業報告書 提出

RIMG3884桜がちらほら咲き始めた春の

サイクリングロードは最高です!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG3903RIMG3885

 

NPO法人は年に一度、管轄の自治体に事業報告書を提出する決まりがあります。

代行してくれる業者もありますが、NHCには予算がありません。

RIMG3905決算書類だけは会計事務所にお願いしていますが、それ以外のことは事務局で行っています。

本日(3月26日)、桜がちらほら咲き始めた大川河川敷のサイクリングロードをぶっ飛ばし、朝から大阪市役所へ行ってきました。

事務局Kは昨日、53歳になったのですが、髪の毛をハゲ散らかし、大阪市内を自転車で立ちこぎしている姿はまだまだヤングです。(笑)

そして、今から九州までひとっ走り、550kmのロングドライブです。

日曜日(29日)まで九州で仕事なのですが、ばっちりヘラ道具一式を車に積んでいます。

なんだかウキウキする出張です。やっぱり仕事も楽しまなくちゃね。(事務局K)


<P.S>

RIMG3874RIMG3881

我が家のクンシランも今年は花茎がしっかり伸びて、豪華な花を咲かせてくれました。

2015-03-25-22-31-24_photo

13:17

2015年3月20日

この週末は春全開 !?

15-3-19mr (1)さぁ、東西でウインター最終戦。

ダムも活気づいてきまた!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月21日は甲南へらの池でウインター関西シリーズ第4戦、翌日の22日は隼人大池でウインター北関東シリーズ第3戦が開催されます。

これでNHCウインター3シリーズは全日程終了です。

天気も上々、最終戦にふさわしい好ゲームを期待しています。

RIMG3802


関西シリーズの景品は、最後まで残しておいた『がまへら 紬 9尺』です。

今回はビッグフィッシュ賞の景品にしま~す。

参加選手の皆さん、キバって大助狙ってくださいね。

個人的には、関西シリーズ暫定2位の田島美智子さんが大男相手にどんな戦いを見せてくれるか楽しみにしています。


 



15-3-19

■室生ダムでカーニバル開幕!

3月18~19日(水・木)に降った雨でカーニバルが始まりました!!!

本日(20日・金)、大会の打ち合わせで室生ダムの漁協管理人、平崎大介さんにTELしたら、第一声が「いや~、今回はいい雨やった~♪」でした(大ちゃん上機嫌)。

19日はかなり40cm上が上がったそうで、本日は45cm、46cmオーバーが午前中の早い時間に上がっていました。

明日(21日)、甲南でウインター大会ですが・・・、自分の意思に反して身体が勝手に室生ダムへ向かっていたらゴメンナサイ。(笑)

さぁ~、「仕事なんてやってられまへん」モードになってきましたね。

 


taitoru-21

←室生ダムの新鮮な情報はこちら

 



<P.S>

RIMG3790RIMG3791

本日(20日)、あまりにも天気がよかったので、朝から金魚水槽の大掃除をしました。

冬の間はエサを与えていなかったのですが、全員そろって春を迎えることができました。

我が家の金魚はブサイクだけど、元気です。

我が家の春の花、クンシランもあと少しで開花しそうです。(事務局K)



15:39

ワカサギ釣り、終わりの始まり

RIMG3773早くも来シーズンへ向けての

準備が始まっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG3766◎シーズン終盤を迎え、

デカサギ狙いで津風呂湖へ!


関西のワカサギ釣りはほとんどの釣り場が3月いっぱいでオフになります。

今シーズンは津風呂湖と布目ダムを中心に釣行を重ねてきましたが、思いのほかいい釣りができました。

兵庫県下でも新しい釣り場が増え、来シーズンの関西のワカサギ釣りはさらにおもしろくなりそうです。

3月16日、シーズンの最後にもう一度だけデカサギを釣っておきたいなと、またまたソルトの達人・久保浩一さんと津風呂湖へ出かけました。

早朝はポロポロとグッドサイズが食ってきたのですが、あまりの食い渋りに移動の連続。実績場を回っていくも、完全に魚を見失ってしまいました。

あ~、ワカサギ釣りは難しい。この日は昼から雨になりそうなので早めに切り上げました。

最終戦は惨敗です。なんだか不完全燃焼なので、もう1回だけ行きたいな~。でも、これからはハタキ・カーニバルが優先になるので、体が2つほしいですよね。

下野はんのボヤキやないけれど、いつになったら好きな釣りを好きなだけできるんでしょうか?

今はまだまだ「働かざる者、釣るべからず」が我が家の財政状況です。(笑)


RIMG3768
 平日なのに津風呂湖観光のワカサギ桟橋は
 結構な賑わいでした。

 


RIMG3773

◎津風呂湖ではすでにワカサギ人工孵化器が稼働!


1週間ほど前に今年最初の発眼卵が届いたそうです。一発目は芦ノ湖産です。

今年はいつもより早めのスタートなので、余裕で3回転ぐらいはできそうです。

人工孵化器が普及し、孵化率が高い卵が出荷されるようになって、ワカサギを孵化させることはそれほど難しくなくなりました。でも、孵化が成功しても、うまく育つかどうかはプランクトン次第。孵化したばかりの仔魚が食べられるサイズの小さな動物性プランクトン(ワムシ)の量が初期の歩留りを左右します。

小さなプールならともかく、湖でプランクトンの種類や数をコントロールするのは難しく、孵化してからの成長は神のみぞ知る世界といえるでしょう。

生まれ故郷も、母親の顔も知らずに売り飛ばされたウン千万匹のワカサギたち。人身売買ならぬ魚身売買。人間の世界だったら超~マフィアな世界です。

無事に孵化して、外敵に食べられないようにスクスク育ってもらいたいものです。

人間はカワウやブラックがワカサギの天敵だと思っているのですが、実は・・・、一番ワルいのは・・・、釣り人なんですけどね。(笑)

 


RIMG3797

◎『関西ワカサギ釣り場リポート2015』完成!


やっと火が着きてきた関西のワカサギ釣り。この釣りをもっともっと普及させようと、3月に入ってから釣り雑誌編集部の方が取材で関西の釣り場を回られています。

関西でワカサギ釣りファンが増えるかどうかは、釣り場の環境や受け入れ態勢にかかっていると思います。規模の大きな釣り場があと数ヵ所増えて、桟橋やボート釣りのハード面が充実すれば、間違いなくこの釣りはブレイクすると信じています。

私の周りのベテラン釣り師たちも、かなりワカサギ釣りにハマってきました。魚探や電動リールなど、道具のハイテク化で手軽さが薄れたという人もいますが、短ザオスタイルの「誘う」「掛ける」「探す」ワカサギ釣りはゲーム性が高く、西日本でどれだけ普及するか楽しみです。

NHCではワカサギ釣り場が関西でもう少し増えるまで、この釣りの普及活動に取り組もうと思っています。

今シーズンの関西のワカサギ釣り場の状況などを『関西ワカサギ釣り場リポート2015』にまとめました。

来シーズンはワカサギ釣り場ガイドマップ作成を計画しています。



RIMG3798RIMG3799RIMG3800
 ▲結構マジメに作ったリポートです。必要な方はNHC事務局までご連絡ください。



RIMG3775

<P.S>

津風呂湖へ釣行した日、もっちゃん師匠から「今日も津風呂湖にいま~す!」とLINEで連絡が入りました。

「あとでワカサギのお土産持って覗きにいきま~す!」と返信したのですが、お土産が釣れずゴメンナサイ。

でも、3月14日に続いてこの日(16日)も尺三をゲットされていました。

もっちゃん師匠、カーニバルに備えてのオープン戦はまずまずのようです。(事務局K)

12:38

2015年3月18日

平成27年度NHC会員証発行!

RIMG3778NHCメンバーがジワジワ増加中。

仲間が増えるとうれしいですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG3782


やっとこさ本年度のNHC会員証が出来上がりました。

本日(3月18日)、郵便にて発送します。

関西のウインター第4戦(3/22)参加者には、会場の甲南へらの池でお渡しします。

会員証は3月10日までに発送する予定でしたが・・・、1週間も遅れてしまいました。

このところホームページの更新も滞りぎみで、合わせてお詫び致します。

<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

少し仕事が忙しかっただけで、決して怠慢ではないのでご心配なく。

でも、年齢のせいか、釣り以外のことは集中できる時間が短くなったような気がします。

「そろそろ事務局の担当は交代した方がいいのは?」と誰か肩をたたいてくれないかなと期待しているのですが、なかなかそのような優しい言葉をかけてくれるメンバーがいないんですよね。(笑)

全国各地から春(野べら)の便りが届き始めました。春のカーニバルに突入すれば野釣りダービーのエントリーラッシュになるので、気合を入れてガンバリま~すっ!



 

■前年度はNHC会員数が30%も増えました!

2014年のNHCメンバーは102名でした。

私が事務局を担当してから70~100名前後で微増微減の繰り返しです。

昨年は関東エリアで大会参加者が増えましたが、ここ数年はNHCトーナメントに出場しないメンバーの増加が目立つようになりました。

野釣りダービー(フォトトーナメント)だけに参加するメンバーの他、「NHCの活動趣旨に賛同します」ということで入会してくれるメンバーも少数ですがおられます。うれしいですね。

現在のヘラ釣り界を見る限り、急激にこの釣りのファンが増えることはなさそうですが、誰にでも楽しめるNHCトーナメントの開催や、釣り場作りのボランティア活動、地元と一緒になってのイベント開催などでこれからも内水面の釣りを少しでも盛り上げていけたらと思います。

NPO法人の運営費や、一般社団法人全日本釣り団体協議会、公益財団法人日本釣振興会の年会費は皆さんの年会費から捻出しています。

メンバーが100人ちょっとの会で少し背伸びしているところはありますが、NPOの法人格を取得していることや、釣り団体に所属することで活動が広がると考えているのでご理解ください。

NHCでは一緒に活動していただけるメンバーを募集しています。(事務局K)



RIMG2579



<P.S>

NHCメンバーの皆さん、今年もNHC全国決勝大会(へらぶなクラシック)を目指してがんばりましょう。





02:00