日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2015年1月
« 2014年12月 | メインページ | 2015年2月»

2015年1月29日

隠れ谷池、二枚貝の悲劇・・・

RIMG3105楽しみにしていた貝採りでしたが、

見渡す限り、貝の墓場でした。(悲)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

RIMG3094

NHCウインター関西シリーズ第2戦のとき(1月12日)のことです。

会場の隠れ谷池は大減水。選手の皆さんがヘラブナ釣りに夢中になってるとき、二枚貝採りをしました。

もうすぐ53歳になりますが、実は子どものころから潮干狩りが大好きなんです。(笑)

隠れ谷池にはタイリクバラタナゴが湧いています。タナゴの仲間は二枚貝に産卵するので、必ず二枚貝がいるはずです。

ここ数年は淀川でもタナゴが増え始め、簡単に手に入るようになりました。RIMG3109

今回はそのタナゴたちと一緒に飼育するための貝の調達が目的でした。

夜が明けて干上がった流れ込み付近の水辺を見ると貝だらけ。予想以上の密度です。

競技が始まると少し時間に余裕があるので、池の玉アミを借りて貝採りを開始しました。

しか~し、見えている二枚貝はすべて御臨終でした(チ~ン)。

RIMG3108しかも手を伸ばして水中の貝も掘り起こしてみましたが、お口をバックリと開けています。

「水中にいる貝まで死んでいるのはなぜなんだろう?」と考えていたら、地元の中谷さんが「少し前はもっと減水してたから、そのときに死んでしまったんですよ」と教えてくれました。

なるほど。今は水の中でも、少し前まで干上がっていたから浅場にいる貝は全滅していたのです。あ~、ショック。

貝は水が減ってきたからといって、すぐに動けないのですね。

 


NCM_0039

伝説のへら釣り名人、 
袋瀬麻生さんもタナゴ飼育が大好き!


RIMG2279

「あ~ちゃん」こと、袋瀬名人もタナゴを飼育されています。 
昨年のNHCうどん底釣り大会のとき(王仁新池釣センター)、 
「貝が顔出してたんで採ってきた」と、二枚貝もキープされていました。 
二枚貝の顔が分かるとは、さすがはヘラ釣りレジェンドですよね。
 

 

■二枚貝と魚は共存共栄RIMG3107

隠れ谷池の二枚貝はドブガイでした。かなりの大型なので、おそらく「ドブガイA型」と呼ばれる「ヌマガイ」です。

どこにでもいる貝で、タナゴがメインに利用する二枚貝の一つです。

タナゴは二枚貝に卵を産み付け、孵化してからもしばらく貝の中で過ごします。カネヒラやゼニタナゴなどの秋産卵型のタナゴの場合は、秋に産み付けた卵は数日で孵化し、越冬して4月ごろに貝から浮上すると言われています。かなりの長期滞在です。

以前、二枚貝の研究をしている方から話を聞く機会があったのですが、淡水の二枚貝(イシガイ類)の幼生はヨシノボリなどの鰓や尾びれなどに寄生し、変体して稚貝になるそうです。

子孫を残すために魚と二枚貝の共存共栄はとてもイイ話でした。

釣り人は魚を釣りたいことが最優先で、生態系に無頓着な方が多いのですが、こんな共存共栄のシステムを知ると、「生態系って守っていかなければな~」と思ってしまいます。

 

■淡水二枚貝は大飯食らい!

淡水二枚貝の話で面白いなと思ったのは、ほとんど運動していないような二枚貝ですが、とても大飯食らいだということ。

「タナゴを飼うより、二枚貝を長生きさせる方が難しい」とよく言われますが、これは二枚貝が十分に栄養分を補給できていないからだそうです。

二枚貝はプランクトンイーターなのですが、水槽などでは濾過槽がエサを減らしているそうです。

田んぼや用水から栄養分(プランクトン)たっぷりの水を汲んできて、定期的に注いでいけば二枚貝は長生きしてくれるそうです。でも、かなり面倒くさそう。

最近では豆乳を与えたり、貝の飼育に有効な方法も考案されているので、近いうちに二枚貝も飼いやすくなるかもしれませんね。

まぁ、主役はタナゴなので、二枚貝のエサが発売されることはないかな?

 

■ドブガイは食べられる !?

隠れ谷池で貝採りをしていたら、「その貝、食べられるの?」と聞いてくる方が多かったですね。

ネットでいろいろ調べていたら、さすがに生では寄生虫がヤバそうですが、地域によってはドブガイを食べるそうです。

NCM_1036しっかり火を通して、生姜などを使って甘辛く煮れば食べられるそうだけど、なぜか調理する気も湧いてきません。

20cmくらいに大きくなるドブガイが美味しければ、こんなにたくさん残っているはずがないですもんね。

「ドブガイ」というネーミングもなんだかな~。せめて淡水ジャンボハマグリぐらいにしてもらえたら少しは食べてみようかなという気が起こったかも?

貝は採るのも食べるのも大好きですが、ドブガイはやっぱり遠慮しときま~す。

今回の『事務局だより』は、ほとんどの方が興味がない(?)淡水に棲む二枚貝の話でした。(事務局K)

 

<<<貝の図鑑>>> ←このホームページ、貝のことがとても調べやすいですよ!

 


hinekingcurryboxgombohukuro

<P.S> 来年の隠れ谷池大会の賞品は・・・

「ドブ・キング・カレー」と、「ドブごんぼアラレ」かな?

13:11

2015年1月23日

世界の頂点へ、モリゾーさんの挑戦

2015_classic_geicowhite_logoクラシックは2/20~22日。

レイク ハートウェルで開催!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

042MS_SS世界最高峰のバストーナメント『バスマスタークラシック』の出場権を2年連続で獲得した清水盛三さん。

前回の隠れ谷大会でしっかりと息抜きをしたあと、アメリカへ出発されました。

本当に同じ人なんでしょうか?(笑)

バスマスターのホームページで紹介されているクラシック出場選手をチェックしていると、

ありました、ありました、モリゾーさんの写真!

今回はNHCに出場してくれたことがある深江真一さんも出場権を獲得しています。


<BASSMASTER CLASSIC QUALIFIERS


 

決戦の舞台は、サウスカロライナ州のレイク ハートウェルという湖。

開催日は2月20~22日です。

世界を懸けたモリゾーさんの挑戦、みんなで応援しましょう!

モリゾーさんはアメリカで寂しくなったら、NHCのホームページを見るそうですよ。

「最近、ワカサギの情報ばっかりやんか~、ほんまに~」

と先日もプンプン怒っておられました。(笑)

体調を整えて、本番を迎えてくださいね。

日本からエールを送りま~す。

フレ~、フレ~、モリゾウッ!!!(事務局K)


<<<BASSMASTER>>>


22:24

2015年1月10日

さぁ、2015年の初トーナメント

ebessan-21/12、NHC東・西同時スタートです。

今年の福おとこ・副おんなは誰?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b_076260731月12日(祝)、NHCウインターシリーズは東・西同日に今年最初のトーナメントが開催されます。

今年最初の福おとこ・福おんなは誰でしょうか?

冬将軍が長期居座り中ですが、NHCらしいHOTな戦いを期待しています。

釣れても釣れなくても、最近人気急上昇中の六甲山牧場のスマイルちゃんのように楽しみましょう。

笑う門には福来る!

 


20150109_220348

■今年もえべっさんに参ってきました。

小さな事務所を構えて20年目に突入。HMKLさんの40周年には絶対に追いつけませんが、あと1年がんばればカモメ通信社も20周年です。

独立したときから堀川神社へ毎年欠かさず参っているので、今年で20年連続です。歳もとるはずです。

自分の人生設計では50歳でセミリタイヤのはずだったのですが、もうとっくに過ぎました。

世の中そう甘くはなく、釣り三昧の老後を楽しむにはまだまだ働き続けなければなりません。

神頼みだけではえべっさんにも愛想をつかされそうなので、NHCの活動も含め、今年はもうひとがんばりしたいな、と思っています。

会社を大きくする能力もなく、またそんな欲もなく、ただただ好きなこと、楽しいことを追求していて未来はあるのでしょうか。(笑)

でも、まぁ、そんな性格だからNHCを運営できているのかもしれませんね。(事務局)

 


NCM_0057<P.S> 事務局界隈グルメ情報

えべっさんの帰り、前々から気になっていた居酒屋「山瀬」さんへ行ってみました。天五から中崎町まで続く『おいでやす通り』にあるこのお店、ウワサ通りに美味しNCM_0058かったです。

天六、天満からNHC事務局のある池田町あたりは大阪でも有数のグルメスポットなのですが、堺筋を渡って天五から中崎にかけての方が落ち着いて飲める店が多そうです。

土地勘のない人にはまったく役に立たない情報ですが、NHC事務局の近くには安くて美味しい店が多いので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

21:02

2015年1月 2日

過去最高の甘露煮完成!

RIMG2999

あまりに美味しくて、

即日完売でした!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん、お正月はいかがお過ごしですか?

事務局Kは3日が初出で、

本日(2日)は『へらぶなダービー』の成績集計をしています。

お屠蘇気分なので、集計ミスが心配です。(笑)

がんばって3日中にUPする予定なのでお楽しみに!

 


年末はワカサギ料理にチャレンジしました。

唐揚げ(素揚げ)ベースのワカサギ丼と南蛮浸けは定番になったので、

甘露煮にチャレンジしました。

魚は12月28日の大会で釣ってきた布目湖産です。

おせち料理の一品に加えようと思っていたのですが、

お正月を待たず、12月30日に完売でした。

初釣りはもう少し先になりそうなので、今年の事務局だより一発目は料理自慢で~す!




  レシピ

◎わかさぎ:90匹(8cmサイズ)RIMG2978

◎酒:180cc

◎ざらめ:100g

◎だし醤油:50cc

◎水:50cc

◎はちみつ:小さじ2杯(仕上げ5分前に投入)

 


  トースターで素焼き

RIMG2980RIMG2984 
見た目だけのことですが、尾びれが焦げないように注意しました。 


  落とし蓋をしてトロ火で煮ること2時間

RIMG2995RIMG3002RIMG3000 
お酒にざらめ砂糖を溶かしたところにワカサギを入れ、クッキングシートで落とし蓋をしてトロ火で煮ました(蓋はしない)。とろっとしてきたら、はちみつを入れて完成です。ご飯のお供にばっちりだし、七味をふりかけると大人の味になりま~す。 

 



  個人的には、一夜干しを焼いたのが一番かな?

RIMG2994
ワカサギはいろんな料理に合いますが、薄めの塩水に浸けたあとに一夜干ししたのを焼いたのが好きかな。 
甘さひかえめの合わせ酢が魚の味を引き立ててくれます。 
ホンモロコの方が身に甘味はあるけれど、ワカサギもかなり美味です。 

12:36

2015年1月 1日

謹賀新年 平成27(ふな)年~♪

RIMG0804今年もメ・いっぱい釣りを楽しもう!

NHCメンバーから新春メッセージ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  sadajun
image453 

 キャンピングカー巨べら師。
 月刊へら専科にて連載中! 
AMIfv97qRzYVivgEgnIPpNtbjyIX0JiOZciHDbQmBFc7A0vb6UF7rC9xfVRaMNvlW4gvgnFjOg4pbIY5GL1Td-ki87tzO9IsUH-iQVw-hBgwH497RwmsRJQjnqB6X9CaWfUplgSRkx2497oIUVYHgQsXBagn0egvXV-1CzdhF_O-fmIsDTBEG_4

 

  謹んで新年のお祝いを申し上げます☆

昨年は竿納めに 体高と重量のあるへらぶなとの

出逢いを湖の神様にプレゼントして頂き、

終わり良ければ全て良しと言う事で。


今年も湖の神様に「微笑んで頂けます様に」と願う

2015年小雪舞う元旦です。


夏でも冬でも何処ででも、

テントヘラ台にてへらぶな釣りをして居るsadajunですが、

楽しむ心を忘れずに続けて行きたいと思います*

今年もどうぞ宜しくお願い致します。



  岡村晃次
IMG_0421 

◎北九州@おかちん

◎九州大龍会広報部長

◎へら釣り界人気No.1ブロガー


【写真】2014-10-19

フロートボート+2馬力+自作タイラバにて、ヒラメ73cmGETトン 

 

新年明けましておめでとう御座います。

今年も宜しくお願い致します。

NHCメンバーの皆さん、良い年を迎えられましたか?

さて、おかちんの2015はどうなるのでしょうかね・・・

【2014年の反省】

6月に業績落ち込んで、へら鮒釣りを控えてましたが、

9月からオフショアデビューでこれまた淡水ストップ!

12月にはお尻に出来たオデキで中部遠征キャンセル。

なんとかせないかんでした!

【2015年の目標】

へら鮒釣り、オフショアミニボートの両立で娯楽の王様

【釣り】の楽しさを伝えて行ければと頑張ります。

今年こそは、50アップのへら鮒釣りたいと思います。




  若林真也
IMG_2674 

NHC司会進行係 
◎赤へら代表

 

新年明けましておめでとうございます!

昨年もおかげさまで楽しいへら釣りの一年でした!

今年は関西シリーズも全試合5枚重量戦になりますが、

全試合お立ち台目指して頑張ります!

今年は新しい会員の獲得にも頑張りますよ!



  清水盛三
RIMG2231 

◎BASSエリートツアープロ。

今年もバスマスタークラシックにチャレンジ!

日本ではヘラ釣り大好き。

 

あけましておめでとうございます!

昨年はスケジュールがなかなか合わず、NHCに参加できなくて寂しい思いをしました。

今年もスケジュールが合えばぜひ参加したいと思ってます。

NHC&ヘラ釣りをもっともっと盛り上げたいですね^_^

その前にアメリカB.A.S.Sバスマスタークラシックで頑張ってきます!

今年も応援よろしくです。

みんなにとって今年一年良い年になりますように。

いっぱいでっかい魚、釣りましょうね!!



  中島 忠
RIMG0845 

◎NHC初年度からのメンバー。

◎某釣り糸メーカー勤務。

 

 

明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年もド下手ながらにへら釣りを楽しみたいと思います(^_^)ゞ

今年も是非ご指導の程、宜しくお願い致します(^O^)



  泉 和摩
P4291144 

◎NHC関東大会委員長。

◎日本を代表するルアーデザイナー(HMKLは祝・40周年!) 

 

昨年から運営を任され、初めてその苦労を実感しましたが、周りから多くのご協力を頂き、無事一年間を過ごすことが出来ました。

心より感謝申し上げます。

本年も皆様のご協力の中、5リミットのヘラ釣りの面白さを広げていきたいと思っています。

今後共宜しくお願い申し上げます。



  下野正希

P2110042 

◎NHC関西大会委員長。

◎Mr.釣り好き

 

還暦を過ぎ二年目の正月。

年寄りのありきたりの話し「一年が過ぎるのが早い」だが、これを実感・体感してしまう。

十代の頃から「好きな事」に出会うと、運良く70才位まで生きられて「後、たった◯万回か」と考えていた。

出合ったその中には柔道の様に「体力的」に大好きな「試合」には「たった◯百回しかないのか」と思うものもあった。

それに一番大好きなアメリカのトーナメント参戦は、

「アカン!もう金無い!」と金銭的な事で「後、四回」とラストシーズンを過ごした事もある。

そして、大好きな「魚釣り」は何万回と思ってたのが、千単位に成って来て、それもこれだけ毎日竿を持っていても、それだから・・・。

ヘラ釣りに限ればNHC参加と冬にフラリと出掛けるウドン釣りとで百の単位を切り始めた。

皆でワイワイ楽しめるNHCへの参加も残り回数が十単位に成ってしまうのが現実。

だから、一回・一回を楽しみたい。



  岸 裕之

RIMG0172 

◎NHC事務局

◎只今、ワカサギに浮気中~

 

うちの母親が「人生60代が一番楽しい」と言ってました。

子孫を残すだけが目的の動物なら、もうお役御免の年齢かもしれない。

だけど人間はそのためだけに生きているのではない(と思いたい)。

NHCもご年配が増えてきたけれど、いや~みんなビックリするほどの遊び上手な先輩ばかりで勉強になります。

やっぱり遊びは真剣になるほど面白い。

あと60歳まで7年。素晴らしい60代を迎えられるように、まずは健康が第一!

自分の身体もそうだけれど、魚や釣り場もヘルシーでなければ豊かな釣り人生は待っていない。

自分のために、そしてたくさんの釣り仲間のために、釣り場環境が少しでもよくなる活動をしていきたいな~、という思いが日毎に強くなってきました。

ジジくさい新年のコメントですが、本年もよろしく!

12:32