日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2014年4月
« 2014年3月 | メインページ | 2014年5月»

2014年4月28日

河口湖はハタキ祭の真っ最中!

IMG_6017今が巨べら狙いのチャンス。

背ビレを見せて渦を巻いている!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sadajun46cm今朝(4月28日)、一本のTELで目覚めました。

電話の主はJB日本バスプロ協会の山下 茂会長・・・。

これまでの人生で間違いなく一番怒られた方なので、

「朝っぱらからまた怒られるの?」とビビりながら電話に出ると・・・、

「大きなヘラが背ビレを見せて渦を巻いているぞ~」という貴重な巨べら目撃情報でした。(笑)

山下会長は健康を維持するために毎朝欠かさず湖畔をウォーキングしていて、その最中にハタキに遭遇したそうです。ヘラ師が続々と河口湖入りしていて、30日の雨は大ハタキを予感させますね。

河口湖漁協の情報では丸栄ホテルやレイクランドホテル前あたりで特にIMG_6043好釣果が上がっているそうです。八木崎公園~白須にかけての各ワンドがねらい目です。

sadajunさんが昨日、4月に入って2枚目の尺半を釣り上げましたが、河口湖のハタキ祭が気になります。(事務局K)


IMG_7838<P.S>

昨日(4月27日)、美蓑川(加古川の支流)へ出かけましたが、またまたボーズでした。⊂( TT __ TT )⊃

九州や関東から景気のいい話が飛び込んでくるのに、なかなか調子が上向きません・・・。

釣れるタイミングを外すとなかなかチャンスは巡ってこないもんですね。

というか、いつもタイミングがズレていますが・・・。

河口湖にお近くの方はぜひこのチャンスをお見逃しなく!

17:58

2014年4月26日

今年初のコアユ釣り(淀川)

IMG_7835朝メシ前の釣りで10匹・・・。

今のところ低調です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_78121年ぶりのコアユ釣り。

4月26日(土)、自宅の前を流れる大川(旧淀川)へ朝メシ前にぶらっと出かけました。

2時間半ほどの釣りで、バケツの中を泳いでいるコアユはちょうど10匹。

アユは遊泳力が強くて数匹の脱走兵がいましたが、それでも寂しすぎる釣果です。

サイズは9cmを超えるものもいて、例年より少し大きめでした。

釣り人は多かったのでもう少し釣れているのかなと思っていたけど・・・。

<今日のエサ>

釜揚げシラス1パック+パン粉[1]+フレークマッシュ[1]+凄グル[0.5]

IMG_7824IMG_7814IMG_7809


IMG_7833◎淀川の天然アユは減少しているのか・・・

昨年、淀川の天然アユは激減しました。

淀川大堰や鴨川で溯上数をカウントしていて、9割減という信じられないような数字が出ていました。

ただ、淀川では激減したと言われていたものの、旧淀川では常連さんが半日で200~300匹ぐらいのペースで釣っていたので、減ったという実感はあまりなかったんですよね。

個体数の減少は一時的なものならいいのですが、昨秋は台風による大増水もあったのでこの春のコアユのことがとても気になっていました。

今日は周囲の釣り人も不調で、「今年はわるいな」とボヤいている方もおられました。多い人で20~30匹ぐらいなので、例年の1割ぐらいでしょうか。

例年、4月の中旬には本格的なシーズンに入り、GW前後から5月中旬ぐらいまでが最盛期です。

季節が遅れているだけならいいけれど、常連さんの話を聞いていると不漁のような感じがします。

コアユが釣れてくれないと困るんですよね。自分の老後のためにも。(笑)

GWを挟んでもう1~2回、調査しようと思います。(事務局K)


<<<昨年の淀川・大川 コアユ・リポート>>>

14:17

2014年4月24日

仲間のホームページ

IMG_6310サトジュンofficial web siteが

リニューアルオープン!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・satohp

NHCの仲間、佐藤順一さんのオフィシャルウエブサイトが新しくなりました。

本職がバスフィッシングガイドだから・・・、

あまりヘラ釣り情報はありませんけどね。(笑)

琵琶湖のバスフィッシングに興味がある方はぜひ覗いてみてください。

トップページでブログの更新履歴がすぐにチェックできるのがいいですね。

<<<JUNICHI SATO official web site>>>


◎ブログは鮮度バツグンの情報源!

一個人がいろんな情報をタイムリーに発信できる時代になりました。

なかなか仕事絡みやメーカーのプロスタッフでない限りは更新を続けることは難しいですが、おかちん殿やもっちゃん師匠のように仲間とのコミュニケーションや自分の釣り日記としてブログを運営している方もおられます。

その目的は人それぞれでしょうが、仲間のブログから発信される情報は鮮度バツグンで信用もできるし、釣り人には欠かせないものになってきました。

事務局KはNHCホームページの運営でアップアップのためSNSまでなかなか手が伸びないのですが、釣りの情報源は今後ますますネットが中心になっていくんでしょうね。

自分自身の本業が紙媒体中心なのでそんなノン気なことは言ってられないのですが、釣りを楽しむうえで『情報収集』はとても大切です。

ヘラブナ釣りに関しては情報量が少ないので、ぜひブロガーの皆さんの活躍を期待したいですね。

役立つ釣り情報を発信することは『楽しみをシェアする』ことだと思っています。

「好調な釣り場に人が集中する」ということで情報を発信することに否定的な人もおられますが、釣り人が減少傾向にある現在、多くの人がいい釣りができるように『楽しみをシェアする』ことは大切だと考えています。(事務局K)

11:45

2014年4月22日

津久井湖 巨ベラ ガイドDVD

670ea611名手・棚網 久さんがわかりやすく

津久井湖の巨ベラ釣りを解説

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アツアツのDVDです。

見たいところを見せてくれるDVDです。

あのドキドキ感が伝わってくるDVDです。

巨べらが釣れないアナタは、これを観てスッキリしてください。

よく売れているそうです。

これを見ないといけないオレは負け組か・・・(笑)。(事務局K)

<<<FISHEYE>>> ⇐くわしくはコチラ

↓ 発売元のPR(コピペ)です。

A107_Z1

4月15日発売!

心震える巨ベラのアタリ
普段は見えない湖底を減水時に撮影

ヘラ師憧れの巨ベラ。

近年では身近フィールドが増えてきました。

釣ることが難しいと言われる巨ベラですが、時期とポイントを間違えなければ初心者でもチャンスはあります。

今回は関東近郊でありながら巨ベラを手にすることが出来る神奈川県津久井湖を紹介。

がまかつインストラクター棚網久氏と長年釣り場を整備している地元・近江一由氏が巨ベラの潜む沼本ワンドを減水期に詳細解説。実釣ではエサから釣り方までわかりやすく解説し棚網氏は実際に巨ベラを釣り上げます。ウキにさわりが出てきてからの緊張感。巨ベラのアタリとはどんなアタリなのか?

 

23:58

2014年4月 8日

週刊つりニュース4/11日号は・・・

IMG_6301特集『ヘラブナ釣り入門』です。

なんとツッチーが表紙です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20140411-kansai

 

只今発売中の『週刊つりニュース関西版(4月11日号)』の表紙を飾ったのは、

NHCメンバーの土屋直人さんです。

消費税がUPして「イタタ・・・」の時期ですが、ご購入ヨロシクです。

内容は・・・、買ってからのお楽しみ!(事務局K)

 

 

↓ 告知広告のコピペ


関西版2014年4月11日号

一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。

-----------------------------------

関西版4月11日号は4月7日(月)発売

270円(本体価格250円)

-----------------------------------

■今週のつり作戦
「管理池のヘラブナ釣り入門」
冬の間池の底でじっとしていたヘラブナだが、サクラの咲くこの時期になると活性が上がってきて、
初心者にも釣りやすい最高のシーズんを迎える。
そこで今週のつり作戦は、管理池のヘラブナ釣りをピックアップ。
若手のホープ・土屋直人さんにその釣り方を分かりやすく解説してもらった。
春は始まりの季節、ぜひこの春はヘラブナ釣りに入門しよう。

15:33