日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2014年2月
« 2014年1月 | メインページ | 2014年3月»

2014年2月24日

モリゾーさんのクラシック終了

geicoclassicpng3日目も順位を上げて、

15位でフィニッシュ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

morizo_0モリゾーさんのバスマスタークラシックへの2度目の挑戦が終わりました。

初日は23位、2日目を終えた時点で17位、そして25名しか残れないファイナルでも17ポンド8オンスを持ち込んで15位まで順位を上げました。

優勝はランディー・ハウエル選手。最終日に29ポンド2オンスというビッグウエイトで11位からの見ごとな逆転劇でした。

それにしても、夢のある賞金額ですね。

モリゾーさんも、ご立派! お土産話を楽しみに待ってま~す。

<<<バスマスター>>> ←英語が詳しい方はこちら

 

ace Name Day 1 Day 2 Day 3 Total Fish Total Weight Total Money ($)
Fish Weight Fish Weight Fish Weight
1 Randy Howell 5 20.3 5 18.3 5 29.2 15 67.8 300,000
2 Paul Mueller 3 9.10 5 32.3 5 24.11 13 66.8 45,000
3 Edwin Evers 5 26.13 5 20.9 5 18.5 15 65.11 40,000
4 Ott DeFoe 5 20.10 5 22.11 5 20.1 15 63.6 30,000
5 Randall Tharp 5 27.8 5 19.13 5 15.7 15 62.12 25,000
6 Jordan Lee 4 13.7 5 24.0 5 24.10 14 62.1 22,000
7 Todd Faircloth 5 16.6 5 21.3 5 23.8 15 61.1 21,500
8 David Kilgore 5 18.15 5 16.11 5 24.13 15 60.7 21,000
9 Doug Thompson 4 12.7 5 22.7 5 25.5 14 60.3 20,500
10 Adam Wagner 5 14.14 5 24.3 5 20.2 15 59.3 20,000
11 Casey Ashley 5 23.2 5 18.10 5 15.13 15 57.9 15,000
12 Bobby Lane 5 12.15 5 22.8 5 21.0 15 56.7 14,500
13 Aaron Martens 5 15.10 5 21.11 5 18.5 15 55.10 14,250
14 Brandon Palaniuk 5 16.11 5 20.14 5 16.13 15 54.6 14,000
15 Morizo Shimizu 5 16.11 5 19.7 5 17.8 15 53.10 13,750
16 Jonathon VanDam 5 20.11 5 18.10 5 14.0 15 53.5 13,000
17 Dean Rojas 5 20.14 5 15.7 5 16.8 15 52.13 12,900
18 Jason Christie 5 22.3 5 20.11 3 8.11 13 51.9 12,800
19 David Walker 5 24.13 4 9.6 5 16.15 14 51.2 12,700
20 Ish Monroe 5 18.8 4 15.13 5 16.4 14 50.9 12,600
21 Fred Roumbanis 5 23.2 3 11.10 5 14.4 13 49.0 12,400
22 Keith Combs 5 20.3 5 13.15 5 14.14 15 49.0 12,300
23 Chad Morgenthaler 5 19.5 5 21.14 3 6.9 13 47.12 12,200
24 Coby Carden 5 22.4 4 12.3 4 12.2 13 46.9 12,100
25 Terry Scroggins 5 16.15 5 21.13 1 4.10 11 43.6 12,000

※1ポンド=0.4536kg/1オンス=28.35g/16オンス=1ポンド

19:25

2014年2月23日

モリゾーさん健闘中!

img_3966_02日目を終えて17位に上昇。

残すは最終日のみとなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8t3d1525日本列島はソチ五輪一色ですが、海の向こう、アメリカのレイク・ガンターズビルではモリゾーさんが世界で最も注目される釣り大会「バスマスタークラシック」で健闘しています。

初日のモリゾーさんは16ポンド11オンスで23位スタート(エントリー数55名)。

2日目は19ポンド7オンスでトータル17位まで順位を上げました。

クラシックは3日間の競技です。モリゾーさんは2日間ともにバッグリミットの5本を揃え、ウエイトも上げてきたことから、さらにランクアップを期待したいですね。

2日目を終えて、トップはエドウィン・エバース選手の47ポンド6オンスだけど、2位との差はわずかに1オンスです。

しか~し、上位2選手がウエイトを落としてきているのに、暫定5位のポール・ミューラー選手が2日目に32ポンド3オンスと爆発的なウエイトを叩き出してまくってきました。気になりますね~、この選手。

その他、日本でも親しまれているアーロン・マーティンス選手が15位、バスプロ界の絶対王者、ケビン・ヴァンダイク選手が26位です。

残すは最終日のみ。モリゾーさんにはトラブルなく全力を出し切って試合を終えてもらいたいですね。日本から応援してま~す。(事務局K)


※1ポンド=0.4536kg/1オンス=28.35g/16オンス=1ポンド

PLACE NAME DAY 1 DAY 2 TOTAL FISH TOTAL WEIGHT
FISH WEIGHT FISH WEIGHT
1 Edwin Evers 5 26-13 5 20- 9 10 47- 6
2 Randall Tharp 5 27- 8 5 19-13 10 47- 5
3 Ott DeFoe 5 20-10 5 22-11 10 43- 5
4 Jason Christie 5 22- 3 5 20-11 10 42-14
5 Paul Mueller 3 9-10 5 32- 3 8 41-13
6 Casey Ashley 5 23- 2 5 18-10 10 41-12
7 Chad Morgenthaler 5 19- 5 5 21-14 10 41- 3
8 Jonathon VanDam 5 20-11 5 18-10 10 39- 5
9 Adam Wagner 5 14-14 5 24- 3 10 39- 1
10 Terry Scroggins 5 16-15 5 21-13 10 38-12
11 Randy Howell 5 20- 3 5 18- 3 10 38- 6
12 Todd Faircloth 5 16- 6 5 21- 3 10 37- 9
13 Brandon Palaniuk 5 16-11 5 20-14 10 37- 9
14 Jordan Lee 4 13- 7 5 24- 0 9 37- 7
15 Aaron Martens 5 15-10 5 21-11 10 37- 5
16 Dean Rojas 5 20-14 5 15- 7 10 36- 5
17 Morizo Shimizu 5 16-11 5 19- 7 10 36- 2
18 David Kilgore 5 18-15 5 16-11 10 35-10
19 Bobby Lane 5 12-15 5 22- 8 10 35- 7
20 Douglas Thompson 4 12- 7 5 22- 7 9 34-14
21 Fred Roumbanis 5 23- 2 3 11-10 8 34-12
22 Coby Carden 5 22- 4 4 12- 3 9 34- 7
23 Ish Monroe 5 18- 8 4 15-13 9 34- 5
24 David Walker 5 24-13 4 9- 6 9 34- 3
25 Keith Combs 5 20- 3 5 13-15 10 34- 2
26 Kevin VanDam 5 16- 2 5 17- 2 10 33- 4

◎清水盛三オフィシャルブログ「I HAVE NO LIMIT」

◎バスマスター

◎ベイトブレス

13:59

2014年2月21日

ブロガー仲間がまた一人!

AMIfv95iwXF5uJu5KGHCachz4RM0IFDdnMGDIK7qU5h7CHJJ09D7TEtOtzL7-2d1tIv9sPFOgIjR569uIT0JpWQUW80xZh4DgVEqN8eGttjQe3sUgMJcNaOVBEQtkF_mdH5X02Pp28cgygnxm6z_c59udgDIOuFZVZLUFoprTZTsD21xK3vnilUキャンピングカーに乗った

さすらいの巨べら師

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今シーズンはNHCメンバーが増えています。top_image

ここ数年、会員数は微増・微減を繰り返し、ほぼ横ばい状態だったのですが、これまでにない増え方をしています(と、言ってもウン十人単位なんですけどね)。

おかちん殿や大龍会長が九州方面でがんばってくれているお陰もあるのですが、関東方面でも野釣りファンを中心に新規入会者がジワジワ増えてきました。

その原因は2つあると思います。

1つは、ブロガーメンバーの活躍です。

おかちん殿、もっちゃん師匠、としやんの3人は特別表彰したいぐらいがんばってくれていますからね。

ブロガーメンバーの情報発信力がNHCのPRに繋がっていることは間違いありません。

そして、もう1つは、NHC野釣りダービーの注目度がUPしたことです。

まだまだ仲間内で盛り上がっているレベルですが、皆さん正々堂々と熱戦を繰り広げ、楽しい野釣りリポートを送ってくれるので、野釣りダービーに参加したいという人が増えたのではないでしょうか。

1月には田口雄二さんが関東から初めて野釣りダービーにエントリーしてくれましたが、今シーズンの野釣りダービーは全国レベルで盛り上がるのではと期待しています。


水陸両用へら台をひっさげて、巨べら & アウトドア好きブロガーがデビュー!

AMIfv948VFvyEs2lNUBbZPuoBq80EHNEAoLTFB6kThfHriySNkDLvgknHi9wQid00inXudAtu6Sex3xL1aPjQrtZ3K2kBxQ7Sl3cSdoqXWgE8pqNPjjzXenOJY2GK-s-nHKe4Qm8KN380ar7i4o3Q9onvfHZ2g3jFApr8xW4ZDmDiguN6Cqcl4cNHCメンバーにぜひ紹介したい新人(たぶん大ベテラン?)がいます。

今年からNHCに入会してくれた『sadajun』さんです。

ブログをお持ちで、そのタイトルは、

『sadajunのブログ★キャンピングカーでヘラブナ釣り』です。

「ブログを始めました」とメールをいただき、さっそく覗いてみると、水陸両用のテント付きヘラ台の写真がドカ~ンと目に飛び込んできました。

今年に入って、九州のおかちん殿が取り組んでいるフロートボートの改造がとても気になっていたのですが、そのおかちん艇に決して負けないフロボを利用したsadajunさんの水陸両用へら台。「うぉ~、カッケー」と思わず叫んでしまいました。

事務局Kもまだsadajunさんとはメールで数回やり取りしただけですが、こんなスーパーへら台を作る人だから、きっと私が大好きな変人タイプだと決めつけています(失礼をお許しください。イイ意味での変人ですので)。

AMIfv97qRzYVivgEgnIPpNtbjyIX0JiOZciHDbQmBFc7A0vb6UF7rC9xfVRaMNvlW4gvgnFjOg4pbIY5GL1Td-ki87tzO9IsUH-iQVw-hBgwH497RwmsRJQjnqB6X9CaWfUplgSRkx2497oIUVYHgQsXBagn0egvXV-1CzdhF_O-fmIsDTBEG_4AMIfv95-VUCaMsxkOgyWW41EEge9Fc3Cwq_ZnhoHa2vFp59P2ix1vJ0Jrr9Zm417kosZTiS8rP-5mooA8vgjI4DHcHsBTpvd0zZnYo-XxrMTS0wXleBTiGgDjXZmXUmllT_OF5lEIM_AKsU1v3Eek0x1CJ_CcTPLR4DYRmzLkdrIIk0tOedc7p8AMIfv96hIv3fwtq1nadXqaiithetbogTPLQqsW3Wg4eTZwb6olrLyYqkVf2g3WWZRfR5OoiLfYtSLpdAmLrI-ILIPpFhQArNRChfVtVkLmJN7GkreUzwidzm48FK8yWrYoKFevwmmBGm9zTJtz7-cQA_hrn79phChehLYNojP4yNubIRZODQ_wA


2d7ab99b1851011406ded8827ff5331c今や押しも押されもしないへら釣り界の人気No.1ブロガー・おかちん殿もsadajunさんもオートキャンプと巨べらが好きな行動派ブロガー。この2人、人生をエンジョイするための価値観がとても似ているかもしれないですね。

そして、もう一人の人気ブロガー・もっちゃん師匠も最近フロボに興味を持ち始めました。

ひょっとしたら、巨べら好きフロボ愛好者ブロガーでアッと驚く強力なユニットを組めるかもしれませんね。

いや~、仲間が増えるっていいですよね。

NHCは子どものようなオッサン、大募集です。(笑) (事務局K)


<<<キャンピングカーでヘラブナ釣り★sadajun>>>

<<<九州風来坊クラブ★おかちん>>>

<<<Gうどん本舗スタッフのへら鮒釣りブログ★としやん>>>

<<<もっちゃんのぶら~り へら紀行Ⅱ>>>


IMG_2886<P.S>

皆さんの愛艇に負けないように、かもめ丸をワカサギ&へら釣り仕様に改造しようかな。

自分でいうのも何ですが、事務局Kもかなり変人です。

類は友を呼ぶのでしょうか?


 ↓ sadajunさんの『水陸両用へら台』製作の動画です。

00:34

2014年2月19日

新しいワカサギ釣り場が増える!?

P1270020水産多面的機能発揮対策事業で

兵庫県下のダム湖にワカサギ放流。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィッシングショー大阪でちょっとイイ話を聞きました。

(一社)全日本釣り団体協議会のブースにて、兵庫県内水面漁場管理委員を務められている酒井信由喜さんから、兵庫県のダム湖に今年の春から3年間にわたりワカサギの放流を行う計画があることを伺いました。

その事業は国(水産庁)の支援で行われます。以前にこの事務局だよりでも少し紹介した『水産多面的機能発揮対策事業』です。

酒井さんたちは水産多面的機能発揮対策事業の活動組織として『兵庫県の釣りと文化を守る会』を立ち上げ、今後は遊漁(釣り)による地域活性化に取り組むとのことです。

その活動はワカサギの増殖だけではありませんが、700万円の予算で150万円ぐらいはワカサギの放流に充てたいとのことでした。


県の試験場で孵化させたワカサギを放流!

さらに素晴らしいのが県漁連が中心になっての増殖管理システムです。

ワカサギの増殖は卵をシュロなどに付着させて湖に浸けたり、最近では人工孵化器を使用するところが増えてきましたが、今回の計画では県漁連が一括で卵を購入し、県の水産試験場で孵化させたあとに各釣り場へ放流するとのことです。

これは成功すると画期的な試みです。東条湖や生野銀山湖のように放流を繰り返しても成果が上がらない釣り場もあるし、ワカサギを放流したくてもそのノウハウが分からない漁協が関西には多いからです。

また、経費の問題もあります。人工孵化器を導入して増殖に取り組むには少なく見積もっても100万円以上はかかります。遊漁料収入が減少している漁協が増えている中で、新たに設備投資する財源を捻出するのはとても厳しい状況です。

しかし、今回のワカサギ放流計画では、漁協にはまったくリスクがありません。ワカサギの孵化はそれほど難しくないのですが、「初期減耗」と言って孵化した仔魚が栄養不足などの理由で大量に死んでしまうことがあります。ワカサギを育てるうえで一番難しいこの時期をクリアした段階の個体を放流してもらえるのであれば、かなりの歩留りが期待できそうです。

関西や西日本では漁協組織の弱体化とスタッフの高齢化が目立つようになりました。今回の計画のように県漁連や県の研究施設の管理による増殖事業が成功すれば、全国的にも新たなモデルケースになるでしょう。

水産多面的機能発揮対策事業で釣り対象魚を増殖する場合、すでに漁業権免許の対象となっている魚種には適用されません。ただ、兵庫県下でワカサギ釣りの遊漁料を徴収しているのは佐中ダム、長谷大池、大杉ダムだけなので、それ以外の釣り場は漁業権魚種に指定されていません。

生野銀山湖や東条湖などレンタルボートが充実した釣り場では、ぜひワカサギの増殖に成功してもらいたいですよね。

関西のワカサギ釣りファンの皆さん、釣りギョーカイの皆さん、『兵庫県の釣りと文化を守る会』の活動に要注目です。

あ~、夢が広がってきた。(事務局K)


IMG_0841
兵庫県下には魅力的なダム湖がたくさんあります。その一つが生野銀山湖です。


IMG_3148

兵庫県内水面漁場管理委員の酒井信由喜さん。
(一社)全日本釣り団体協議会理事、大阪府釣り団体協議会の事務局長を務められています。

IMG_3150
『兵庫県の釣りと文化を守る会』代表の石田和幸さん(左)。水産多面的機能発揮対策事業として、兵庫県下でワカサギの増殖事業に取り組まれます。


水産多面的機能発揮対策事業とは・・・。

水産庁が平成25年から取り組んでいる新規事業です。

水産業は水産物を安定して市場へ提供するだけでなく、さまざまな役割を担っています。

たとえば国境監視や海難救助をはじめ、多面的機能が国民を守るために発揮されているのです。

また、さまざまな文化の継承や、水辺の環境保全にも水産業は密接に結びついています。

詳細は水産庁のホームページにUPされているのですが、要するに漁業者の高齢化と漁村人口の減少で、 水産業の多面的機能が損なわれつつあるための支援策です。

この事業の予算は平成25年度だけで35億円。沿岸部の漁業が中心なんですが、 内水面も含まれるそうです。


水産庁ホームページ

<漁村の多面的機能解説>

12:46

2014年2月18日

モリゾーさんを応援しよう!

file_20120105T200253640バスマスタークラシックへ挑戦。

2/21~23・レイク・ガンターズビル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

img_3966_0モリゾーさんが自身2度目の挑戦となる『バスマスタークラシック』が今週の金曜日(2月21日)から3日間の日程で開催されます。

本場アメリカのバスプロたちが憧れるバスマスターの世界。年に一度の決勝大会がバスマスタークラシックです。

今回の会場はアラバマ州のレイク・ガンターズビル。モリゾーさんのブログを見ているととても寒そうですが、熱い試合をしてほしいですよね。

日本ではこれほどスケールの大きな釣り大会はありませんが、ぜひ実力を発揮して上位に食い込んでさ~い!

皆さん、応援ヨロシク!


logo
モリゾーシミズ・オフィシャルサイト
top_blog geicoclassicpng

18:53

2014年2月11日

フィッシングショーOSAKA<2>

IMG_3064へら仲間のブース & アトラクション

人気No.1はニジマス釣り!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・IMG_3061

フィッシングショーは釣具メーカーのブースだけではなく、釣り教室やニジマス釣り、スタンプラリー、金魚すくいなど、初心者や子どもたちが楽しめるアトラクションがいっぱいです。

釣り好きの子どもを増やそうと、釣具業IMG_3146界の努力が垣間見えてきます。

へら釣り仲間のブースやアトラクションの写真もたくさん撮ってきたのでUPしま~す。(事務局K)



『空-Cooブース』

IMG_2980
ヘラブナ釣りの楽しさをたくさんの方に知ってもらおうと出展したCooブースには、たくさんのヘラ釣り名人や紀州の竿師たちが応援に駆け付けました。
IMG_3091
石井旭舟さんと石井忠輔さんのトークショー。
IMG_3087
人気絶大のウキ作者『忠相(石井忠輔)』さんが一番がんばってくれていました。
う~ん、なかなかイイ男ですよね。
◎紀州へら竿を展示
IMG_3084

紀州製竿組合の協力で、国の伝統的工芸品に指定された紀州へら竿がCooブースにズラリと並びました。



IMG_2984IMG_3055
IMG_3082

紀州製竿組合から田中組合長(和人)さん、こま鳥さん、源一人さん、紀誠集さん、天集さんが来られました。


IMG_3014IMG_3012

IMG_3093IMG_2983

IMG_3154
『近畿へら鮒釣会連合会』ブース



ヘラブナ釣りの振興に努められている近畿へら鮒釣会連合会の皆さん。ウドン釣りを中心に活動されています。



『初めての釣り教室』
IMG_3105
土屋直人さん(ツッチー)を中心にMFCシャインメンバーが今年も初めての釣り教室でインストラクターを務めました。

IMG_3109IMG_3117IMG_3111

IMG_3143
『体験ます釣り』&『子どもお祭り広場』



今年も一番人気は『体験ます釣りコーナー』でした。
朝イチでチケットは完売。
今年のニジマスはとてもいい仕事をしていましたよ。

IMG_3058IMG_3144IMG_3141IMG_3065IMG_3057

IMG_3070IMG_3072IMG_3062IMG_3056IMG_3075

02:26

2014年2月10日

フィッシングショーOSAKA<1>

IMG_2979

NHCスポンサーブース・リポート

今年も新製品で熱気ムンムン!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_2997

2月8~9日(土・日)、インテックス大阪で『フィッシングショーOSAKA2014』が盛大に開催されました。

東日本では記録的な積雪となったけれど、関西ではその影響はほとんどなく、たくさんの釣りファンが集まりました。

まずはNHCの活動を支援していただいているメーカーブースを紹介していきま~す。(NHC事務局K)



『カツイチ』


IMG_3102IMG_3101
内水面の釣り活性化に向けて、鮎ルアーの開発に取り組んでいるカツイチさん。
ブースにはスーパーマルチアングラーの久保浩一さんがおられました。
鮎ルアーの普及にはさまざまな問題がありますが、少しずつ釣り場が増えてきた。
これからが楽しみです。


『がまかつ』

IMG_3043
IMG_3045




天輝のにぎり。

◎匠の技がぎっしり詰まった『がまへら 天輝』
IMG_3128
がまへらコーナーには今年発売の『がまへら 天輝』が並んでいました。中硬式胴調子。既存のがまへらよりも継数を増やし、そのコミの箇所が竹の節の役割を果たしているとか。
硬さ以上のパワーを引き出すこIMG_3044とに成功したそうですよ。

東西の名手、上村恭生さんと熊谷 充さんのトークショーはギャラリーがいっぱいでした。




『サンライン』

IMG_3131
サンラインのへら糸シリーズ。

IMG_3137
NEWアイスライン。



◎あの『へらびと』がリニューアル!

IMG_3134
「今年はコレよ!」と中島 忠さん。
強い、ヨレない、チヂレない。『へらびと』がストロングになって生まれ変わりました。
これでチューさんの釣果も大幅UP間違いなし!?
IMG_3136


◎ワカサギ釣りのラインはナイロンとフロロで勝負です!






『ゼファーボート』


IMG_3053IMG_3052
バス、へら、ワカサギ・・・。フィールドが広がる釣り用インフレータブルボートならゼファーさんです!


『釣武者』(谷山商事)


IMG_3161IMG_3160
釣武者ブースには下野流モーターライズワカサギキットが展示されていました。


『東レ インターナショナル』

IMG_3099
今年もバスプロセミナーでたくさんのファンが集まっていた東レブース。前山智孝さんもがんばっていました。

◎主力はもちろん『将鱗へら』シリーズ!
IMG_3097

東レブースには名手たちが勢ぞろい。左から岡本啓司さん、伊藤さとしさん、岩佐 進さん。みなさん将鱗へらで大活躍です。


『ハヤブサ』


IMG_3038

IMG_3039
『FREE KNOT』のウェアは釣り場でもよく見かけるようになりました。
◎掛かりやすく、バレにくい『ストロング ストレート』
IMG_3035
Mr.鬼掛、斉藤心也さんのイチオシは『極ヤラズ ストロングストレート』。ハリ先を長く、外向きにデザインしたことで掛かりやすく、バレにくいハリが完成。十分な強度もあることから野釣りもOKとのこと。

◎人気急上昇の『瞬貫わかさぎ』シリーズ
IMG_3124IMG_3126
関西のワカサギ釣りリーダー・芝 直幸さんのオススメ仕掛けは『瞬貫わかさぎ』シリーズです。 ハヤブサスタッフは関西のワカサギ釣り普及活動にも一生懸命です。


『プロックス』


IMG_3156
お手軽な釣りのタックルメーカーとしてその名が知られるようになったプロックス。とにかく便利グッズがいっぱいで、ヘラブナ釣りの用品も増えてきました。
◎ワカサギ釣りタックルもますます充実!
IMG_3158IMG_3159
ワカサギ釣りの電動リールや小物類が好調です。
釣具開発の企画を担当されている亥野 登さんも大のワカサギ釣りファン。これからも画期的な新製品のリリースが楽しみです。



『マルキュー』

IMG_3000

IMG_3040
今年も九ちゃんはモテモテでした。

IMG_3024
IMG_3005
◎繊維が違う『凄グル』登場!
静野圭一さんが手にするのは、今年3月発売予定の『凄グル』です。 繊細な繊維がたっぷりと入っているの2274で、ナメラカでムチッとしたタッチだけど、しっかりとハリ持ちしてくれるそうです。
エサと水は『1:1』なので作りやすく、他のグルテンとの相性もバツグンとのこと。「野釣りにもいいですよ」と静野さん。


◎ちょっと大人のライトへらバッグIMG_3026

戸井田祐一さんが手にするのは、2014年NEWカラーのプライムエリア『ライトへらバッグ』 です。
少し落ち着いたツートンカラーがいいですよね。
戸井田さんには「今年の春はゼッタイに室生ダムに来て、来て、来て~」とお誘いしてきました。

<<<マルキュー>>>


『明邦化学工業』


IMG_3164IMG_3163
Mr.タックルボックス・仲 和也さん。メイホーさんのボックスはますますシステマチックになってきました。


『モーリス』

IMG_3018
名手・井上 彰さんが手にしている竿は、今年モーリスから発売される『古今』です。
井上さんも昨年から使い込んできたそうです。

IMG_3020モーリスさんのタナゴ竿も気になります。




『ベーシック』


IMG_3022

製品の特徴がはっきりして使いやすさが好評のベーシックのヘラエサ。
「新製品はこれだけで~す」と井上 彰さんと小林部長。




IMG_3047IMG_3049
井上 彰さん、西田美明さんたちのエサ教室が行われていました。



22:29

2014年2月 6日

Fショー・プレビュー

IMG_2979唯一のヘラブナ釣り専門の

CooブースもスタンバイOK!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_2980

へらぶな釣りインストラクターチーム『Coo』の大伴さん、吉村さん、粟野さん、そして紀州製竿組合の田中(和人)組合長。

さぁ~、始まりますフィッシングショーOSAKA。

今日(6日)が搬入日で、7日(金)が業者日、そして8~9日(土・日)が本番です。

本日、搬入する物があったのでインテックスへ行ってきました。

各ブースともセッティングに追われ、皆さんとても忙しそうでしたよ。

へらぶなコーナー『Cooブース』を覗きにいくと、ディスプレーの最終段階。

今年は国の伝統的工芸品に指定された紀州へら竿や、人気の忠相さんのウキなども並びます。

IMG_2984IMG_2982IMG_2983IMG_2985

豪華メンバーのトークショーが予定されているので楽しみです。

いい話が聞けそうですね。(事務局K)

2月7日(土) 2月8日(日)

10:00 横山天水 × 石井忠相

11:00 熊谷 充

12:00 石井旭舟 × 石井忠相

13:00 石井忠相

14:00 小山圭造

15:00 下野正希

10:00 横山天 水 × 石井忠相

11:00 熊谷 充

12:00 石井旭舟 × 石井忠相

13:00 紀州製竿組合・こま鳥 × 石井忠相

14:00 下野正希

osaka_fishingshow2014

←くわしくはこちら!

22:17